DIY つくる

これなら簡単!賃貸でもOK!アジャスターボルトを使った棚の作り方。DIYで壁に有孔ボードの収納を作りました。

投稿日:2017年8月7日 更新日:

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

こんにちは。

今回は、簡単に、安く、かつ壁に穴をあけることなく壁面収納を作る方法です。

実は、当ブログで一番読まれているはDIYで棚柱を使って壁に棚を作る方法を解説した記事です。

しかし、棚柱は壁に直接ネジで打ち込むものなので、賃貸など壁に穴をあけれない人、あけたくない人にはなかなか難しいものでした。解決策として市販されている突っ張ることで木材を固定する道具(例:ディアウォール)なども紹介していますが、2x4(ツーバイフォー材)を使うため、どうしてもやぼったくなってしまいます。

そこで、登場するのがアジャスターボルトを使ったやり方です。

今回は、棚柱ではありませんが、上の写真のように有孔ボード(ペグボード)を使った見せる収納を作りましたので、紹介したいと思います。

アジャスターボルトのメリット

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

アジャスターボルトを使うメリットは、
1.壁に穴をあけない
2.かつ細い角棒を使えるためよりスタイリッシュに壁面収納を作ることが可能
3.市販されている突っ張りシステムより安価

1のメリットは、ディアウォールなどの市販されている突っ張りシステムと一緒なのですが、アジャスターボルトがそれよりも優れているのは、2,3のメリットです。

ディアウォールでは2x4(ツーバイフォー材)を使うことを前提にしているので、どうしても厚みがあったり幅が広かったりします。一方アジャスターボルトでは、アジャスターボルトが取り付けれることができればOKですので、より細い木材を使うことが可能になります。つまりスタイリッシュにすることができるのです。

さらに、アジャスターボルトは良く出回っている金物であるため、非常に安く入手できます。1本200円前後といったところでしょうか。

ただ、アジャスターボルトを使ったやり方は、電動工具が必要になるので、持っていない人は買わなければいけません。

↓アジャスターボルトはシュッとシンプルで安い

↓ディアウォールも手軽でいいんだけど、やぼったく見えてしまうのが残念

アジャスターボルトで突っ張る仕組み

アジャスターボルトは本来机などの脚に取り付け、段差があったり床が平面でないところでもガタガタしないように調整(アジャスト)するための金具です。

これを、天井側に逆に使うことによって突っ張らせるのが今回の使い方です。どういう仕組みになっているか下の写真で説明します。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

まず、アジャスターボルトは2つのナットがついています。三角部分(床や天井に接する部分)についているナットは固定です。もう一つのボルトの先端についているナットが動きます。このナットを回すときボルトが一緒に動いてしまわないように三角部分のナットを固定になっており、ここを押さえておけばOKということですね。

木材の先端にはボルトが入る穴をあけておきます。ボルトを入れる際にワッシャーを通します。そして木材を立て、ナットを回すとワッシャーが木材の先端をおすことで突っ張る、ということです。

簡単ですね!

***追記(2018-5-9)***

簡単ですね!と書きましたが、わからない~とご指摘いただいたので(汗)、もう少しわかりやすいイラストを用意しました。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

下に用意するものを記載していますが、アジャスターボルトM8x100というのがあります。100というのが長さのことで100mm(つまり10㎝)です。この10㎝というのは、ボルトの長さ。下の作り方にも書いていますが、床~天井の長さから5cm短くした角材を用意すれば、露出する部分が3cm、穴に入る部分を7cmとなります。




用意する材料はこれだけ!

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

用意する材料はたったのこれだけです。

  • 角材 (天井~床までの長さがあるもの):2本
  • アジャスターボルト :2つ
  • ワッシャー (アジャスターボルトのボルトが通るもの):2枚
  • クッションゴム :2枚

これだけであれば、1000円~2000円で調達可能です。木材除けば1000円以内で納まるでしょう。

さらに、この仕組みを使って棚を作りたい人は、棚柱や棚板が必要ですし、今回の僕のように有孔ボードの収納をつくる人は有孔ボードを用意しましょう。

角材は、40mm角いかがおススメです。それ以上太いとせっかくのアジャスターボルトが台無しです。
アジャスターボルトはM8x100のサイズが扱いやすくて、価格も安くおススメです。
とすると、ワッシャーはM8用のものを準備しましょう。大きさは、角材の大きさに近いものを選ぶとより突っ張る力が木材に伝わるようになります。
クッションゴムは、木材の床側を傷つけないためにつけておいたほうがいいと思います。

道具としては、

・木材を切断する鋸や丸のこ
・ボルトを入れる穴をあける電動ドライバー
  (インパクトドライバー、またはドリルドライバー)
・直径9mmのドリル
・スパナ
・直角を確認するためのスコヤ(または差し金)

といったところでしょうか。

DIYでの電動ドライバーは以下のものがおススメです。安くて軽めで力も持久力も十分です。

また、こちらの記事も参考にしてください。

知ってるようで知らない インパクトドライバーとドリルドライバーの違いを整理し...
様々な現場仕事で使われるインパクトドライバーとドリルドライバー。同じドライバーとつくのですが、用途としてはネジ締めや穴あけというところは共通しています。しか...

本当に簡単にできるアジャスターボルトの突っ張りシステム

では作り方の説明に入ります。(前置き長くてスミマセン)

1.木材を最適な長さに切る

まずは、床から天井までの距離を測ります。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

こういうとき、メジャーで測るのもいいですが、レーザー距離計があると一発で測れるのでいいですね。

レーザー距離計がほんと便利!メジャーで測りにくいところは、これで一発正確に測...
半年ほど前、レーザー距離計を買ったんです。家具を作ることを仕事としている身として、室内のあらゆるところの距離を測ることが多いんですね。これまではメジャーで計...

床から天井までの距離を計測できたら、

床から天井までの距離から5cm短くした長さで角材をカットします。

斜めにならないように注意しましょう。

2.ボルトが入る穴をあける

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

M8のボルトの太さを測ると7.93ミリ。ほぼ8mmですね。こういう計測はノギスという道具が便利です。

ぴったし8mmで穴をあけると入らないので、1mm大きな穴にします。そこで9㎜の穴をあけられるドリルを用意して、穴をあけます。

角材の長さは床天井の距離マイナス5cmでしたので、M8x100のアジャスターボルトを使った場合、70mmほどボルトが木材に入ることになります(アジャスターボルトの長さ100㎜は固定ナットからの距離)。よって、余裕をもって8cm~9cmの穴をあけましょう。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

ドリル刃の先端から9㎝のところにマスキングテープなどを貼っておくと一目瞭然です。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

角材の先端に中心線を引き、ど真ん中に傾かないようにまっすぐ穴をあけます。9cmいっきに穴をあけようとすると木くずが詰まってしまうので、半分ぐらい行ったら木くずを一度出すために抜くといいでしょう。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

はい、あきました。

3.必要であれば、角材を面取りしておきましょう。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

トリマーという道具があれば、角材の角を面取りすることができます。面取りしないと、触ったときに角ばってて痛いですからね。

4.クッションゴムを貼る

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

穴をあけた反対側の切断面にクッションゴムを貼ります。

直径40mmの丸いクッションゴムを用意していましたが、角材を38mmに削ったので、ちょっと飛び出しちゃいました。。。(汗)

5.いざ設置!

それでは、壁面収納を作るお部屋に加工した角材とアジャスターボルト、ワッシャーを運び入れます。スパナや直角を見るためのスコヤ(または差し金)も持っていきましょう。

角材の穴にワッシャーを通したボルトを入れ、クッションゴムを貼ったほうを床に置き角材を立てます。そして、いったんナットを回して突っ張らせます。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

その後、スコヤなどを当てて直角を確認し、傾いていれば調整します。

床に対して角材が直角になったところで、スパナを使ってナットを回ししっかり突っ張らせます。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

ということで、2本の角材がしっかり突っ張って固定されました。

天井側はこうなってます。
(今回、角材がすこし短かったので、アジャスターボルトが通常より長く露出していますが、天井床の距離-5cmであればより目立たないようになります。




あとは好きな収納システムを作り上げましょう。

有孔ボードでの見せる収納

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

さて、今回は、有孔ボードを使った見せる収納を作りたかったので、この2本の角材に有孔ボードを取り付けました。取り付けは普通にビスでとめました。

ちなみに、有孔ボードには裏表があるの知ってました?

製造する際、ドリル刃が一定の間隔で穴をあけていきますが、その時に表面になっている方が表です。ドリルが突き抜ける裏面の部分はバリが出るのです。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

↑これが表面

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

↑これが裏面。バリがでてますよね。

有孔ボードを収納として使う場合は、専用のフックなどを購入しましょう。

DIY 壁面収納 棚 壁 賃貸 アジャスターボルト

さまざまなフックがセットになったものも売っています。

棚柱を使った壁面収納

この突っ張らせた角材に棚柱を取り付ければ壁に穴をあけることなく棚板が設置できます。その方法はこちらの記事をご覧ください。

これなら簡単!棚柱を使って、DIYで壁に棚を設置しました。
先日、部屋の一角に棚を取り付けました。使ったのは棚柱(ロイヤルチャンネル)という壁に取り付けるだけで簡単に棚ができてしまうもの。以前、階段下収納の中がごちゃ...

はたまた木の壁を作るのもあり

このアジャスターボルトで角材を固定すれば、壁一面を木の壁にすることも可能ですね。

これなら簡単! DIYで壁一面を天然木の壁にする方法
部屋をぐるりと見渡して、同じ色の壁が取り囲んでいる、というのは普通です。一般的には白色の壁が多いと思います。白一色で壁を統一するとシンプルで清潔感があってい...

まとめ

以上、アジャスターボルトを使って、壁に穴をあけることなく壁面収納を作る方法でした。思ってる以上に簡単です!やってみると、え?!って驚くぐらい簡単だと思います。

市販の2x4を使った突っ張りシステムだとやぼったくなるなぁって思ってる人、もうちょっと安価にできないかなぁって思ってる人はぜひチャレンジしてみてください。

DIY つくる

2017/4/7

セルフリノベーション⑫: エアコンが取り付けられました。

ほぼ1年がかりでやっているサロンスペースのリノベーション。なかなか進まないのもしょうがないです。 でもね、少し前ですが、エアコンを取り付けました。 3月末の年度末セールで、ダイキンの最新機種を購入しました。 一度お店に見に行ったとき、昨年モデルがお安いですよと言われ、そうかそうかと思っていたのですが、よし今日で購入するぞと思って別の日に改めてお店に行ったら、今年のモデルがいろいろなキャンペーンで昨年モデルの値段+1万円で買えるとなり、結局最新機種になりました。 ダイキンを選んだのは、一番性能がいいからです ...

続きを読む

DIY つくる 日記

2012/11/18

木の壁に願うこと~多様性こそ一番の豊かさ

10月からちびちびと進めている我が家のリフォーム。リフォームというと大げさで、ほんと些細な日曜大工レベルのものですが、嫁と夜な夜な漆喰を塗ったり、床に木の板を敷き詰めたり。。。その中で、ひとつ思いを込めて作っているものがあります。 それが写真の木の壁です。 他はすべて漆喰で塗った壁ですが、大きなこの壁は木の板を一面に貼り付けました。そしてその板は、全て厚みもバラバラ、幅もバラバラ、長さも均一でなく、もちろん一枚一枚木目や色も違う、節があったり、樹皮がついたままだったり。とにかくめちゃめちゃな壁です。 「多 ...

続きを読む

DIY 子育て 日記

2016/5/8

バケツ稲に挑戦! 田植えをしました。

先日、ヨメの実家から頂いた苗と田んぼの土をいただいてきたことは書きました。 ポリ容器に土を入れて、水を溜め、固まった土をほぐし、泥状にしていきます。結構大変な作業でした。そしてそのまま数日おくと、泥が沈み水と分離してきます。 そして今日、子どもたちと一緒に田植えをしました。 いただいた稲の苗を4,5本ずつ植えていきます。 少し間隔が狭かったかもしれませんが、まぁ様子を見ましょう。 苗が余ってしまったので、ポリ容器かバケツを追加して、植えようと思います。 バケツ稲については、追ってレポートしていきたいと思い ...

続きを読む

DIY

2014/2/9

フローリングにおすすめなヒノキ。DIYでヒノキフローリングを設置しました。

昨秋のリノベ工事で1階南東部分天井をぶち抜いて吹き抜けにし、2階の一部屋と空間をつなげました。これまで使ってこなかった2階の部屋の一部をこれを機に使うため、今年に入ってからDIYでフローリングを張り直しました。部屋の広さは4m x 3mなので12㎡ほど。   目次1 ヒノキの良さ2 地産地消:材料は地元の製材所から3 無垢のフローリングは必ず伸縮を考慮してはがきを挟みながら設置しましょう4 塗装はオスモのフロアクリア2回塗り5 とにかく無垢のヒノキのフローリングは気持ちがいい ヒノキの良さ ヒノ ...

続きを読む

DIY つくる

2014/9/1

DIYブームの先に目指すもの。自分らしい暮らしをつくることが豊かさだと思う件

このサイトのサブタイトルは「自分らしい暮らしをつくる」です。 自分らしい暮らしを作れるようになること、作れるようにすること、作れるような場所やサービスを提供すること、みんながその楽しさ、意義を共有すること、そんなことを想像しながら記事を書いています。 近頃、異様なDIYブーム。 DIY= Do It Yourself でっす。 自分でできることはやりましょう。自分でオリジナルなもの作りましょう。自分でオリジナルな暮らし作りましょう。みんなの暮らしに対する意識の高まりからくる、そんな流れはブームで終わらず、 ...

続きを読む

DIY

2016/8/22

セルフリノベーション④: いざペンキ塗り大会!

長い時間かけてリノベーション作業を進めている自宅工房のサロンスペースですが、一部の壁が諸事情で進められないものの、大部分の壁の施工が終わったため、ペンキ塗り大会を開催しました。 学生らに呼び掛けて、塗りたがり、やりたがりの6人の学生さんに集まってもらいました。 さっそく、塗り始めましたが、はやいはやい!あれだけ苦労して施工してきた壁がみるみるうちに白く塗られていきます。 もはやその道のプロですか?と聞きたくなるくらい丁寧に。 みんなで楽しく、ワイワイと。 あっという間に白の世界へ。 半日の作業でしたが、6 ...

続きを読む

仕組み・使い方を徹底解説!DIYで棚を作るならビスケットジョイナー(ジョイントカ...
DIY熱が高まる世の中。その中でも棚を作りたい人がとても多いように思います。多くの人が収納に困っているのでしょう。DIYで棚を作るとき、絶対におススメなのがビスケ...
知ってるようで知らない インパクトドライバーとドリルドライバーの違いを整理し...
様々な現場仕事で使われるインパクトドライバーとドリルドライバー。同じドライバーとつくのですが、用途としてはネジ締めや穴あけというところは共通しています。しか...
これなら簡単!ソーホースブラケットを使ってDIYでテーブル・作業台をちゃちゃっと...
DIYで作ってみたいモノの上位に必ず上がってくるのがテーブルです。テーブルはいろんな構造のものがあって僕も作るのが大好きです。(DIYではなく本格的な木工の仕事と...

-DIY, つくる
-,

Copyright© Simplife+ , 2018 All Rights Reserved.