DIY 木工 木工機械 電動工具

鉄工用ドリルから木工用ドリル(ブラッドポイント)にする方法

2018年12月29日

こんにちは。

先日Twitterで鉄工用ドリルを木工用ドリル(ブラッドポイント)にする方法を知りたい人はリツイート・いいねしてくださいと投稿してみたところ、反応がありましたので、記事にまとめておこうとおもいます^^

ドリルの形状が違う理由とその結果

通常、ホームセンターでも鉄工用ドリル、木工用ドリルというようにそれぞれ用途に分けて売られています。

その違いは、先端の形状にあります。

鉄工用ドリルはこれ↓
鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

木工用ドリルはこれ↓
鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

鉄工用ドリルは中心(先端)が当たり、そこから周りに円を広げていく形状になっています。
一方、木工用ドリルは中心があたり、次に穴の縁(円周)が欠き切られ、そこから内部が彫られているようになっています。

ちなみに、木工用ドリルの形状をブラッドポイントと呼びます。Brad Point。Bradというのは英語で「くぎ」という意味があります。つまりBrad Pointは釘の先端のような形状という意味ですね。

この形状の違いは、金属はどこを掘っても質は一緒なのに対し、木材は場所によって硬さなど違いがあることと木繊維の方向があるので、芯を一点決めてから、繊維を断ち切るように円周を切っていく必要があるからです。

鉄工用ドリルでも木に穴をあけることができる

では、木に穴をあけるとき、必ず木工用じゃないとだめなのか、と言われればそうでもありません。鉄工用ドリルでも木に穴をあけることはできます。

実際あけてみたのがこちら↓
(ボール盤を使って穴あけしています)

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

よく見てみると、穴のふちにバリが出ているのがわかりますね。一番左は穴をあける際にハンドルを早く動かしたとき。右はゆっくり動かしたとき。バリの量が違いますが、ゆっくり穴あけしてもバリが出ます。

一方、木工用ドリルで穴をあけるとこうなります↓

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

同じように左が早く動かしたとき。右がゆっくり穴あけをしたとき。
バリが最小限に抑えられています。しっかり縁の繊維を断ち切りながら穴を掘っているので、きれいな穴が開きます。

鉄工用ドリルで木に穴をあけることはできますが、バリが出やすいのです。バリが出てもいい場合やバリを取り除く作業をいとわない場合は、鉄工用ドリルでもいいでしょう。でも木工作品としてバリを出しちゃいけない場合、バリを取り除く作業をしたくない場合は、木工用ドリルを使うことが望ましいのです。




なぜ鉄工用ドリルから木工用に変える必要があるのか?

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

木に穴をあける場合、鉄工用ドリルでも穴をあけることはできるが、木工用ドリルを使えばバリを最小限にできることがわかりました。

それでは、木工用ドリルを買えばいいじゃないか、わざわざ鉄工用ドリルを木工用ドリルに研ぎなおす必要なんてないじゃないか、と思いますよね。

実は、木工用ドリルを0.1mm単位で揃えることはできません。ホームセンターなどでは、木工用ドリルのセットがよく売られていますが、0.5mm単位のセットがほとんどです。そしてそういうセットは安いのですが、質もそんなによくないんですね。

一方鉄工用ドリルは、ホームセンターでも0.1mm単位で販売されています。しかもNACHIや三菱など立派なメーカーです。そしてなにより鉄工用ドリルは安いんです。

ですので、鉄工用ドリルを木工用ドリルに研ぎなおして形状を変えれれば、0.1mm単位で安価にビットをそろえることができるのです。




木工用ドリル(ブラッドポイント)に研ぎなおす方法

では、お待たせしました。鉄工用ドリルを木工用ドリルの形状に研ぎなおす方法です。

まず、必要なのは、卓上グラインダーとドリルを研ぐための冶具です。

卓上グラインダーは↓このような国産メーカーのものでもいいですが、

刃物を研ぐ際は、熱を抑えられるスロースピードグラインダーのほうがよいでしょう。

そして、冶具は↓このようなものを合板で作ります。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ 冶具

左の白っぽい方は、5.5mmの薄い合板。右の茶色は、12mmの合板を使っています。太いドリルの場合は12mmの合板でいいのですが、7mm以下のドリルビットを研ぐ場合は薄い方を使います。取り回しがいいからです。

この冶具の大事なポイントは、77.5度になっている部分です。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ 冶具

また右下が欠き取られているのは、研ぐ際にドリルビットを持ちやすくするためです。

冶具を卓上グラインダーに固定する

まず卓上グラインダーのツールレストの角度を水平から10度傾けます。(写真は10.1度になってますが。。。細かいことはおいておきましょう)

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ 冶具

そして自作の冶具をグラインダーのツールレストに写真のようにクランプで固定します。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ 冶具

固定する際、ドリルビットの先端が砥石の右端に来るように調整します。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ 冶具

この時冶具をツールレストに沿わして平行移動できるように、↓このようなパーツを冶具の裏に取り付けていると便利です。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ 冶具

両肩を研ぐ⇒なで肩をあがり肩に

では研ぎ始めます。

まず、なで肩になっている肩をあがり肩にしていきます。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

少しずつ肩を落としていき、

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

なで肩の先端まで研いでいきます。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

時折水につけて冷やしながら研ぎます。鉄の色が変わるぐらい熱を持たせてしまうと金属がもろくなってしまいます。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

片側の方を落とした状態です。

反対も同様になで肩をあがり肩に研ぎます。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ




先端を尖らせる

両肩を研ぐと下の写真のようになります。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

これでOKのように見えますが、別の角度から見てみると、中心部分が平ぺったい状態です。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

この先端部分を尖らせていきます。

先ほどと同じセッティングで研ぎますが、ドリルビットを少し回転させ、先端のひらぺったい部分を尖らせれる角度であてていきます。この時回転させすぎて反対側の肩の先端を研いでしまわないように注意しましょう。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

これで、ブラッドポイントとなった木工用ドリルの形状に研げました。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

冶具の角度やツールレストの角度の意味は?

今回、冶具を77.5度で制作したものを使いました。またツールレストは10度傾けています。これらの意味はなんでしょうか?

まず冶具を77.5度にしている、つまり直角に対し12.5度傾けたのは次の写真で示す部分に影響してきます。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

そしてツールレストの10度の傾きは次の写真で示す部分です。

鉄工用ドリル 木工用ドリル ブラッドポイント 研ぐ

まとめ

なるべく難しい言葉を使わず、DIYをやっている人なら理解できるようにまとめてみましたが、いかがでしょうか?

木工をやっているとどうしてもきれいな穴を開けたい!鉄工用ドリルじゃバリが出てしまう!というケースがあります。

そんな時に、この研ぎ方を知っていれば解決できちゃいますよね?

ぜひ試してみてください!

また、自分はこんな方法でやってるよ、とか、もっと簡単な方法あるよって方、ぜひ教えてください!

それでは。

その他の木工機械に関する記事

手順を図解で徹底解説!これが基本の自動かんな盤の調整方法

木工に必ず必要となる機械がかんな盤です。特に手押しかんな盤、自動一面かんな盤はどんな工房でも無いと仕事ができません。 そ ...

底が平らな穴を掘る!プロが絶対おすすめなフォスナービット(ボアビット・座ぐりドリル)を教えます。

木工をしていると、穴の底面が平らな穴をあけることは多々あります。特に扉関係では、スライド丁番を取り付ける時は丸い穴を開け ...

ベルハンマー 潤滑剤 木工機械 メンテナンス
これはすごい!横切り盤のメンテナンスで潤滑剤「ベルハンマー」を使ったら、見違えるほどスムーズになりました!

毎月、機械メンテナンスの日を設けて、刃物交換や注油などをしているわけですが、時折(気合が入ったタイミングで)気になってい ...

昇降盤のアライメント調整を行いました。

工房の機械について以前から気になっていたことの一つに昇降盤のアライメントが狂っていることがありました。鋸刃とトンボ定規の ...

木工集塵機をバグフィルター仕様に集塵力 大幅UP!タコクロスにしたらほんとにすごい吸うようになりました!

昨日の機械の配置変えをしたという記事の最後に、一番の悩みであった集塵にも手を加えたと書きました。 集塵。しゅうじん。シュ ...

横切り盤のメンテナンス:定盤を外して、丸鋸の昇降時のガクンガクンとなるのを直しました。

ここ数か月ずっときになっていた現象。それは横切り盤の鋸刃の昇降が尋常じゃないくらいに固いこと。最近は特にハンドルを両手で ...

昇降盤、横切り盤のVベルトをFenner Drivesのリンクベルト(Power Twist Plus)に交換しました。

以前からやりたかった昇降盤、横切り盤のVベルトの交換。さまざまな木工家の方が機械のVベルトをリンクベルトと呼ばれるものに ...

おすすめ関連記事

-DIY, 木工, 木工機械, 電動工具
-, ,

Copyright© Simplife+ , 2019 All Rights Reserved.