超小型パーソナルレーザー加工機 Podea(ポデア)が届きました!

2015-10-26 | Posted in つくる, 木工機械・工具

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

ついに届きました!Podeaです!!

個人レベルで使えるレーザー加工機を探してました。

デジタルファブリケーションという言葉がよく聞かれるようになって数年です。3Dプリンターの低価格化は急速に進み今では家電量販店でも販売しているくらいです。ですが、木工との相性が良いレーザーカッターは安くなったとはいえメーカーから出ている機種はエントリーモデルであろうと数百万円。新興メーカーもので50万円くらいですか。いくらデジタルファブリケーションが一般的になってきたとはいえさすがに家庭で持てるものでもありません。

一方で、組み立てキットとして時折クラウドファンディングなどで登場してきたレーザーカッターはレーザー装置やフレームがむき出しのもの。それなら数万円で手に入れることができます。でもレーザー光線を扱うので、やはり危ないし、こんな精密機械を自分で組み立てることはしたくない。

僕は完成品がほしいのです!

Podea(ポデア)って?

そんな中昨年話題となった超小型パーソナルレーザー加工機「Podea」。(当記事執筆は2015年10月です)

Podea
http://www.podea.net/

Power of Ideaが名前の由来だそうですが、日本国内の個人が開発したレーザーカッターで、開発にあたってCampfireというクラウドファンディングで資金調達に成功したことでさらに話題となりました。このようなハードウェアはアメリカでは盛んにクラウドファンディングに上がってくるのですが、国内で個人が開発したことには、とてもうれしい気持ちになります。

今回購入を検討する中で、ウェブサイトを見たり、開発者とメールでやり取りさせてもらい、開発にあたっての思いや小型のレーザーカッターの可能性やらそれを個人個人に手の届くものにすることに対しての思い、またPodeaにかける熱意などを非常に感じました。製品として、性能はまだまだ発展途上かもしれないですが、こういう開発者の思いを知って、応援したい!頑張ってほしい!という思いで購入を決めた部分も多々あり、今の、そしてこれからの消費の形をとても感じることになりました。

加工サイズはA4で決して広くはないですし、レーザー出力も2Wという小さなもの。それでも、シンプルなアルミの筐体の完成品で、保証もついている。さらにちょこちょこと進化していて僕が購入を決めた時にはハニカムテーブルまで標準でつくようになっていました。そして、何よりも10万円という価格。ありがたい限りです。

Podeaのサイトを見ていただければ、より詳しい情報や加工例が見れます。夢が膨らみますね(´Д`)ハァハァ……

Podeaの製品情報
http://www.podea.net/#!product/cjg9
加工例
http://www.podea.net/#!makesample/cq14

 

Podea(ポデア)を買ったわけ


超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

レーザー出力が2Wということで、木材やMDFなどの板を切断することはちょっと現実的じゃないですが、僕は彫刻用途として使いたかったので必要十分だと思っています。紙などは切断可能なのでペーパークラフトを子どもたちと楽しんでみようかとも思います。また一部サイトでは黒のアクリル板は切断可能という情報もあり、これは木工の冶具を作るのにも使えるかも、という期待も持てます。

むささびワークス
http://musasabi-works.com/




そして、Podea(ポデア)が届いたよ!

注文してから約1か月。ついにPodeaが届きました。
(2015年10月購入のためType-Eです。最新の型ははType-Gとなっています。)

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

届いた段ボールの側面にはPodeaと丸みの帯びた文字が印刷されています。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

中をあけると、Podea本体とその上に梱包リストが。本体はしっかりとプチプチで梱包されていました。持ってきた郵便のおっちゃんは斜めに抱えて持ってきたので、おいおい大丈夫か、と思いましたが、箱の中ではしっかり緩衝材等で守られていました。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

梱包リストは梱包時のチェックリストと開梱時のチェックリスト両方を兼ねており、自然とダブルチェックすることで、あれがなかった、これがなかった、というのを防ぐことができ安心感が増します。

また梱包リストの下には、実際動かすまでの実施事項が順を追って説明してあり、手順に沿って行けば問題なさそうです。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

本体内部は周辺機器などが入れられた箱が入っていましたまたレーザー出力装置や左右のフレーム部分は緩衝材で保護されていました。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

梱包リストに示されていたパーツ類を確認しました。アダプターやUSBコード、後付するためのハンドルや排気ダクトアダプタ、そしてソフトのインストールCDなどです。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

またMDFにレーザー彫刻されたものが入っていましたが、検査日が刻印されており、このレーザー加工機が正常に動くことを証明しています。

ハンドルと排気ダクトアダプタを取りつけました。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

付属で入っていたハンドルを付属のねじで取り付けました。プラスドライバーがあればOKです。ハンドルの形状は以前のものから変更になっているようです。個人的にはもっとすっきりしたものが好みなので、自分で別のものを用意しようかなぁと思っています。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

ダクトアダプターも取り付けます。レーザー加工機は排気が大事です。特に家の中で使用する場合はにおいがかなりしますので外に出すようにした方がいいですね。このアダプタでは洗濯機用の30mmの排水用ダクトがとりつけられるようです。そもそも排気用のファンが本体内部に標準でつけられたのもありがたいことです。

僕は、工房か家の中かまだ使う場所を決めていません。工房であればそんなに排気は気にしなくてもいいのですが、家の中では排気ダクトは必須ですね。

パーツによっては3Dプリンターで出力してあるものもあります。

このPodea、一部のパーツは3Dプリンターで出力されたと思われるパーツがあります。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

レーザー出力装置を固定しているパーツ。

超小型 パーソナル レーザー加工 Podea ポデア

加工する部材とレーザー出力装置の距離を設定する際に使うフォーカスツール。

すべてのパーツを製造するほどまだ資金などが足りないのか、わざと手作り感を出すために3Dプリンターを使っているのかわかりませんが、個人的には共感が持てる部分です。

とりあえず、開梱の儀は以上です。

( ゚д゚)ハッ!、いつのまに開梱の儀になっていた!

パーソナルレーザー加工機 Podeaにて、MDFへの彫刻加工テストをしました。
パーソナルレーザー加工機Podeaの原点出し冶具を作りました。
パーソナルレーザー加工機PodeaでMDFに写真をレーザー印刷してみました。
パーソナルレーザー加工機Podeaでいろいろつまづいて、Podeaさんにどっぷりサポートしてもらいました
超小型パーソナルレーザー加工機 Podeaでゴム印を作ってみました。
超小型パーソナルレーザー加工機 Podeaでオリジナルペンに名入れをしてみました。

↓デジタルファブリケーションでどんなことができるんだ?って思った人はこういった作品例を見て見てください。

↓ちなみにこちらの本は、デジタルファブリケーションの世界を牽引するMITのニール・ガーシェンフェルド氏の著書ですが、これからの世界がどうなっていくのかが垣間見える素晴らしい本です。興味ある人はぜひ読んでみてください。

Pocket
LINEで送る

2015-10-26 | Posted in つくる, 木工機械・工具3 Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

コメント3件

 通りすがり | 2016.06.12 14:03

3dプリンティングされたパーツは、型を起こして量産する程の台数が見込めなかったんでしょうねー。
資金の問題というよりは、販売台数によるのかと。

 Kenji Wada | 2016.06.12 15:17

通りすがりさん
コメントありがとうございます。
Podea最新型では3Dプリンティングパーツはどんどんなくなってきています。少しずつ進化、前進しているようです。

 超小型パーソナルレーザー加工機 Podea(ポデア)が届きました! – Simplife+ | ミリオンハイスクール | ネットビジネス | WordPress | 2016.06.16 21:16

[…] た。 特に家の中で使用する場合はにおいがかなりしますので外に出すようにした方がいいです。 [紹介元] 超小型パーソナルレーザー加工機 Podea(ポデア)が届きました! – Simplife+ […]

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^