DIY 木工機械・工具

知ってるようで知らない インパクトドライバーとドリルドライバーの違いを整理してみた

投稿日:2017年2月14日 更新日:

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

様々な現場仕事で使われるインパクトドライバーとドリルドライバー。同じドライバーとつくのですが、用途としてはネジ締めや穴あけというところは共通しています。

しかし、それぞれ別の工具ということは、それぞれ適した用途があるということですよね。DIYをやるにしても、違いを理解して道具を選んでいきたいですね。

今回はその違いをまとめてみました。

2つの大きな違いがあります。

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いを整理すると、以下のようになります。

  • パワーとパワー調整の違い
  • 先端工具を固定する仕組みの違い

これらの違いを正しく理解することで、どちらを選ぶべきかがわかってくると思います。

パワーとパワー調整の違い

特に、パワーの違い、パワー調整の違いがこの2つの電動工具の用途を大きく分けます。

インパクトドライバーは「回転」+「打撃」

インパクトドライバーはその名の通りインパクト(打撃)を与えながら回転します。

よく建築現場などでガガガガガガと響いているのはこのインパクトドライバーかもしれませんね。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

打撃を与えながら回転するということは、その分、固い材料などにもねじを打ち込むことができます。昔の建築現場で木材をつなぐために使われていたのは釘でしたが、現在は一般的にコースレッドと呼ばれるスクリューネジです。これはインパクトドライバーという電動工具が発達してきたため、釘よりも接合力が強いネジが選ばれるようになってきたということです。

長いネジを下穴なしでガンガン打ち込むには、回転に打撃を与えないと入っていかないんですね。

また、木材や建築以外でも多くの工場でインパクトドライバーが使われています。たとえば、自動車工場。僕自身もトヨタ自動車に入社した際、新人現場実習で工場に数か月いっていました。たくさんのナットをひたすらインパクトドライバーで締めまくってました。ボルトナットでがっちり締めるにはインパクトドライバーが必須なわけですね。

弱点としては、パワーが強くて微細な作業ができないということです。パワーが強すぎて、ネジ頭をちぎってしまうってことは皿にあります。

ただし、最新のインパクトドライバーには、さまざまなモードが選択できるようになっていて、打撃無しのドライバーモードや打撃自体も強弱が選べたりします。最新モデルを購入できれば広い範囲で活躍してくれる電動工具になると思います。

よってまとめると

インパクトドライバー:
回転+打撃で強力に締める

適している用途:

  • 長いネジを使う場合
  • 硬い材へのネジ締め・穴あけ
  • 大きなボルト・ナットなどを使う場合

弱点は、パワーが強くて微細な作業ができない。
ときにはネジをちぎってしまうことも。

利用シーン:構造物(柱、壁、床など)を施工する際
      ウッドデッキをつくるなど

↓ プロ用

↓ 軽くて取り回しが良いDIYにおススメなやつ

ドリルドライバーの最大の特徴:クラッチ機構のトルク調整

一方で、ドリルドライバーは、力加減を調整できます。クラッチ機構のトルク調整ができるのです。クラッチ機構とは、回転力を伝える仕組みです。ある一定の条件でその回転力を遮断することもできます。トルクというのは、回転力を意味する言葉です。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

つまり、回転力を設定したら、それ以上の回転をしないようにできるというわけです。

これは、インパクトドライバーができないことなんですね。ネジの種類によって回転力を最適なところに設定すれば、ネジを締めすぎてしまうことがなく、きれいにネジ締めができるんですね。

逆に、インパクトドライバーのように打撃がない分、長いネジを締めつけたり、ボルト・ナットなどを強力に締め付けるということには不向きです。

またドリルと名前がつく通り、穴あけにも適しています。ドリルドライバーには回転速度を2段階調節することができます。インパクトは打撃を与えてガンガン回転するのに対して、ドリルドライバーは安定した回転が維持しやすく、穴あけに適しています。

まとめると

ドリルドライバー:
クラッチ機構のトルク調整で、最適なネジ締めが可能

適している用途:

  • 細かいネジなどの締付け
  • 柔らかい材への安定したネジ締め・穴あけ

力が必要なケース(長いネジ、固い材料、ボルト・ナット)などには向かない。

利用シーン:
組み立て式家具を組み立てる
細かなネジを扱う作業
穴あけ

↓ プロ用

↓ 軽くて取り回しが良いDIYにおススメなやつ




先端工具を固定する仕組みの違い

2つのドライバーの先端は見た目で違いが分かります。それぞれ取りつけられるものが違います。

インパクトドライバーはスリーブ式で取り付けられるのは六角軸のみ!

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

インパクトドライバーは、六角軸の先端工具しか取りつけられません。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

とはいっても、さまざまなものが六角軸形状で出されています。プラスマイナスのドライバービット、穴あけ用のドリルビット、ボルト締付け用のソケットなど、基本的に穴をあける、ネジやボルトを締めるといった用途でできないことはないかと思います。

またスリーブ式で、ワンタッチで装着できるのもインパクトドライバーの特徴です。

ドリルドライバーはドリルチャックで丸軸・六角軸両方OK

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

ドリルドライバーはドリルチャックを使って先端工具を固定します。

チャックというのは、工具や加工物をがっちり固定するための機構のことです。

また一般的にほとんどのドリルドライバーがキーレスチャックを採用しています。

キーレスチャックは、まさしく「キー」が必要なく、手でチャックを締めることができます。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

1mmほどの細いドリルビットから13mmほどのビットまで無段階で取り付けられます。六角軸のドリルビットは通常0.5mm単位でしか販売されておらず、例えば6.8mmの六角軸ドリルビットはありません。通常の丸軸のドリルビットは0.1mm単位で販売されています。

またチャックでは、六角軸ビットも固定できます。なので、ドライバービットなども取り付け可能です。

どちらを選ぶべきか?

さぁ、そこで迷うのがどちらを買うべきか。これは何をすることが多いかで判断します。

大工的な内装工事やウッドデッキなどで長いネジなどでガンガンネジ締めをする場合は間違いなくインパクトドライバーが必要です。

一方で、組み立て家具の組み立て作業などちょっとしたネジ締め作業が多いという場合はドリルドライバーで十分です。

ドリルドライバーが力不足かといえば、そんなことはなく、たいていのネジ締めは大丈夫です。一方でインパクトドライバーも最近のモデルでは弱モードなどがあり、少しずつ細かい作業もできるようになってきました。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

最終的なアドバイス

一番いいのは、両方あることですが、どちらか一つということであれば、インパクトドライバーを選びましょう。

インパクトドライバーがあれば、できないことがほぼないです。ネジ締めの力加減は慣れが必要ですが、慣れれば締めすぎてネジをダメにすることも少ないでしょう。

また、インパクトドライバーにドリルチャックを装着できるアダプターもあります。そういうのを利用すれば、さまざまなドリルも取りつけることが可能になります。

DIY 日記

2014/2/11

オシャレな暮らしのヒントならまずはココ!Remodelista

毎日欠かさずチェックするサイトがあります。 Remodelistaというサイトですが、サブタイトルに「Sourcebook for Considered Living」とあります。「こだわりの暮らしのためのアイデア集」という感じでしょうか。ここが網羅する情報はすごいです。毎日、世界中のいいデザイン、いい暮らし、いい空間をたーくさん紹介してくれます。インテリアはもちろん、ファッション、雑貨、空間などなどいろんな事例を通して、暮らし方の提案をしてくれます。 "Our style is minimalist b ...

続きを読む

DIY 木工機械・工具

2018/4/14

底が平らな穴を掘る!プロが絶対おすすめなフォスナービット(ボアビット・座ぐりドリル)を教えます。

木工をしていると、穴の底面が平らな穴をあけることは多々あります。特に扉関係では、スライド丁番を取り付ける時は丸い穴を開ければ簡単に取り付けられるようになっていることが多いです。 その時、必要になるのがフォスナービット。一般的には座ぐりドリルとかボアビットというほうが通じるのかな? そして、このフォスナービット、ホームセンターで購入できるのは、ほんと使えない!! 声を大にして言います、ホームセンターで買えるフォスナービットは品質が悪すぎです。 今回は、木工のプロとして、様々なフォスナービットを試してきた経験 ...

続きを読む

DIY つくる

2016/12/23

セルフリノベーション⑦: やっとフローリングに着手!調整くさびを使って根太のレベル調整をやりました。

前回9月末にトイレが完成し、その後はなかなか時間が取れずまったく進んでいなかった自宅工房のサロンスペース。年末になり、学校のほうの仕事など落ち着いてきたので、ずっしりと沈み込んでしまった重い腰を上げて、フローリング作業を始めることにしました。 今回もペンキ塗りの時同様、とても頼もしい学生たちに声をかけ、一緒に作業してもらいました。   根太の施工は調整くさびとつかボンドで 今回、フローリング施工をするにあたって根太を設置するのですが、使用したのは城東テクノという会社の「調整くさび」と「つかボンド ...

続きを読む

DIY つくる

2014/9/2

DIYホームセンターショー 2014に行ってきました

8月28日~30日の期間で幕張メッセ国際展示場で開催されていたJAPAN DIY HOME CENTER SHOW 2014に行ってきました。僕はより多くの人がものづくりを楽しみ、自分らしい暮らしをつくることが、人々の豊かさにつながると考えています。(それについては先日このような記事を書いています。)そこで、昨今のブームもあって盛り上がっているDIYの世界のトレンドやどういう方向に向かっているのかを知りたかったのです。また、木工のプロが見落としがちなもの、DIYの人たちのほうが得意なこと、便利な道具などを ...

続きを読む

DIY

2014/2/9

フローリングにおすすめなヒノキ。DIYでヒノキフローリングを設置しました。

昨秋のリノベ工事で1階南東部分天井をぶち抜いて吹き抜けにし、2階の一部屋と空間をつなげました。これまで使ってこなかった2階の部屋の一部をこれを機に使うため、今年に入ってからDIYでフローリングを張り直しました。部屋の広さは4m x 3mなので12㎡ほど。   目次1 ヒノキの良さ2 地産地消:材料は地元の製材所から3 無垢のフローリングは必ず伸縮を考慮してはがきを挟みながら設置しましょう4 塗装はオスモのフロアクリア2回塗り5 とにかく無垢のヒノキのフローリングは気持ちがいい ヒノキの良さ ヒノ ...

続きを読む

DIY つくる

2015/5/26

ウッドターニング(木工旋盤)で木の鉢カバーを作ってみました。

今年は本腰入れてウッドターニング(木工旋盤)に取り組んでいます。 さて先日福井県鯖江市に視察に行った際、ろくろ舎の酒井さんを訪ねました。同世代の和ろくろの木地師さんですが、オリジナルとしてTimber Potを製作されています(ぜひリンクをクリックしてみて見てください)。最近のグリーンブームを受けて、いろんなところで取り上げられているのですが、これがまた今の時代にマッチしていてとても良い。工房の向かいの製材屋に転がっている杉を活かしたいというところから、商品化につなげていったそうですが、その考えに共感でき ...

続きを読む

トルク調整でこんなに違う!ドリルドライバーを使いこなすための基本機能と正しい...
今日もみなさん、ドリルドライバー握ってますか?さて、ドリルドライバー。木工や建築系の人たちにはあまりにも当たり前の電動工具なわけですが、いまいちちゃんと機能...
仕組み・使い方を徹底解説!DIYで棚を作るならビスケットジョイナー(ジョイントカ...
DIY熱が高まる世の中。その中でも棚を作りたい人がとても多いように思います。多くの人が収納に困っているのでしょう。DIYで棚を作るとき、絶対におススメなのがビスケ...

-DIY, 木工機械・工具
-, ,

Copyright© Simplife+ , 2018 All Rights Reserved.