DIY 木工機械・工具

知ってるようで知らない インパクトドライバーとドリルドライバーの違いを整理してみた

投稿日:2017年2月14日 更新日:

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

様々な現場仕事で使われるインパクトドライバーとドリルドライバー。同じドライバーとつくのですが、用途としてはネジ締めや穴あけというところは共通しています。

しかし、それぞれ別の工具ということは、それぞれ適した用途があるということですよね。DIYをやるにしても、違いを理解して道具を選んでいきたいですね。

今回はその違いをまとめてみました。

2つの大きな違いがあります。

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いを整理すると、以下のようになります。

  • パワーとパワー調整の違い
  • 先端工具を固定する仕組みの違い

これらの違いを正しく理解することで、どちらを選ぶべきかがわかってくると思います。

パワーとパワー調整の違い

特に、パワーの違い、パワー調整の違いがこの2つの電動工具の用途を大きく分けます。

インパクトドライバーは「回転」+「打撃」

インパクトドライバーはその名の通りインパクト(打撃)を与えながら回転します。

よく建築現場などでガガガガガガと響いているのはこのインパクトドライバーかもしれませんね。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

打撃を与えながら回転するということは、その分、固い材料などにもねじを打ち込むことができます。昔の建築現場で木材をつなぐために使われていたのは釘でしたが、現在は一般的にコースレッドと呼ばれるスクリューネジです。これはインパクトドライバーという電動工具が発達してきたため、釘よりも接合力が強いネジが選ばれるようになってきたということです。

長いネジを下穴なしでガンガン打ち込むには、回転に打撃を与えないと入っていかないんですね。

また、木材や建築以外でも多くの工場でインパクトドライバーが使われています。たとえば、自動車工場。僕自身もトヨタ自動車に入社した際、新人現場実習で工場に数か月いっていました。たくさんのナットをひたすらインパクトドライバーで締めまくってました。ボルトナットでがっちり締めるにはインパクトドライバーが必須なわけですね。

弱点としては、パワーが強くて微細な作業ができないということです。パワーが強すぎて、ネジ頭をちぎってしまうってことは皿にあります。

ただし、最新のインパクトドライバーには、さまざまなモードが選択できるようになっていて、打撃無しのドライバーモードや打撃自体も強弱が選べたりします。最新モデルを購入できれば広い範囲で活躍してくれる電動工具になると思います。

よってまとめると

インパクトドライバー:
回転+打撃で強力に締める

適している用途:

  • 長いネジを使う場合
  • 硬い材へのネジ締め・穴あけ
  • 大きなボルト・ナットなどを使う場合

弱点は、パワーが強くて微細な作業ができない。
ときにはネジをちぎってしまうことも。

利用シーン:構造物(柱、壁、床など)を施工する際
      ウッドデッキをつくるなど

↓ プロ用

↓ 軽くて取り回しが良いDIYにおススメなやつ

ドリルドライバーの最大の特徴:クラッチ機構のトルク調整

一方で、ドリルドライバーは、力加減を調整できます。クラッチ機構のトルク調整ができるのです。クラッチ機構とは、回転力を伝える仕組みです。ある一定の条件でその回転力を遮断することもできます。トルクというのは、回転力を意味する言葉です。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

つまり、回転力を設定したら、それ以上の回転をしないようにできるというわけです。

これは、インパクトドライバーができないことなんですね。ネジの種類によって回転力を最適なところに設定すれば、ネジを締めすぎてしまうことがなく、きれいにネジ締めができるんですね。

逆に、インパクトドライバーのように打撃がない分、長いネジを締めつけたり、ボルト・ナットなどを強力に締め付けるということには不向きです。

またドリルと名前がつく通り、穴あけにも適しています。ドリルドライバーには回転速度を2段階調節することができます。インパクトは打撃を与えてガンガン回転するのに対して、ドリルドライバーは安定した回転が維持しやすく、穴あけに適しています。

まとめると

ドリルドライバー:
クラッチ機構のトルク調整で、最適なネジ締めが可能

適している用途:

  • 細かいネジなどの締付け
  • 柔らかい材への安定したネジ締め・穴あけ

力が必要なケース(長いネジ、固い材料、ボルト・ナット)などには向かない。

利用シーン:
組み立て式家具を組み立てる
細かなネジを扱う作業
穴あけ

↓ プロ用

↓ 軽くて取り回しが良いDIYにおススメなやつ




先端工具を固定する仕組みの違い

2つのドライバーの先端は見た目で違いが分かります。それぞれ取りつけられるものが違います。

インパクトドライバーはスリーブ式で取り付けられるのは六角軸のみ!

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

インパクトドライバーは、六角軸の先端工具しか取りつけられません。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

とはいっても、さまざまなものが六角軸形状で出されています。プラスマイナスのドライバービット、穴あけ用のドリルビット、ボルト締付け用のソケットなど、基本的に穴をあける、ネジやボルトを締めるといった用途でできないことはないかと思います。

またスリーブ式で、ワンタッチで装着できるのもインパクトドライバーの特徴です。

ドリルドライバーはドリルチャックで丸軸・六角軸両方OK

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

ドリルドライバーはドリルチャックを使って先端工具を固定します。

チャックというのは、工具や加工物をがっちり固定するための機構のことです。

また一般的にほとんどのドリルドライバーがキーレスチャックを採用しています。

キーレスチャックは、まさしく「キー」が必要なく、手でチャックを締めることができます。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

1mmほどの細いドリルビットから13mmほどのビットまで無段階で取り付けられます。六角軸のドリルビットは通常0.5mm単位でしか販売されておらず、例えば6.8mmの六角軸ドリルビットはありません。通常の丸軸のドリルビットは0.1mm単位で販売されています。

またチャックでは、六角軸ビットも固定できます。なので、ドライバービットなども取り付け可能です。

どちらを選ぶべきか?

さぁ、そこで迷うのがどちらを買うべきか。これは何をすることが多いかで判断します。

大工的な内装工事やウッドデッキなどで長いネジなどでガンガンネジ締めをする場合は間違いなくインパクトドライバーが必要です。

一方で、組み立て家具の組み立て作業などちょっとしたネジ締め作業が多いという場合はドリルドライバーで十分です。

ドリルドライバーが力不足かといえば、そんなことはなく、たいていのネジ締めは大丈夫です。一方でインパクトドライバーも最近のモデルでは弱モードなどがあり、少しずつ細かい作業もできるようになってきました。

ドリルドライバー トルク調整 インパクトドライバー 違い 使い方

最終的なアドバイス

一番いいのは、両方あることですが、どちらか一つということであれば、インパクトドライバーを選びましょう。

インパクトドライバーがあれば、できないことがほぼないです。ネジ締めの力加減は慣れが必要ですが、慣れれば締めすぎてネジをダメにすることも少ないでしょう。

また、インパクトドライバーにドリルチャックを装着できるアダプターもあります。そういうのを利用すれば、さまざまなドリルも取りつけることが可能になります。

DIY つくる

2017/5/30

これは簡単&便利!金属下地にネジを打ち込むときは、リーマ付きピアスビスが便利だと知っちゃった話です。

みなさん、こんにちは。 たぶん、みなさんの日ごろの悩みといえばどうやって金属にネジを打つのかってことだと思います。僕も悩んでます。 そこで先日、なじみの工務店になんかありますか?って聞いたところ、業界では「りーま」って呼んでるやつがあるよ、と教えてもらいました。そこで調べてみると金属に直接打ち込めるネジがあるんですね~。へ~。 ってことで、今回ピアスビスというものを試してみました。 すると、これがすさまじく素晴らしい! ま、金属下地にネジを打ち込むなんてそんなにケースとしては多くないと思いますが、その素晴 ...

続きを読む

DIY つくる

2017/2/13

家庭用 小型レーザー加工機 Podeaでゴム印を作ってみました。

こんにちは。今日もPodeaしてますか? Podea - Simplife+Podeaってなに?って思った人はこちらをご覧ください。 Podeaを購入して1年数か月たちました。これまで、主に木材へのレーザー彫刻しかやってきませんでした。だって、木工が仕事ですから。でも、そろそろほかの素材もチャレンジしたいなぁ、ということでPodeaオフィシャルサイトを見ていたら、ゴム印の制作事例がありましたので、これにチャレンジしてみることにしました。 ただ、問題が一つ。 オフィシャルサイトに掲載されている制作事例はレー ...

続きを読む

DIY つくる

2018/1/10

これなら簡単!あらゆるところに設置できるRITEXの「LEDどこでもセンサーライト」がほんとおススメ!

暗いところがあれば、明かりがほしい。 人類はそう進化してきました。 松明、蝋燭の時代から、エジソンの電球に蛍光灯。そして今はLEDの時代です。さらにセンサーや太陽光発電、蓄電の技術が合い重なって、それはそれは明るい毎日を過ごせるようになりましたし、冬のイルミネーションはいたるところで楽しめるようになりました。 現在、いかに暗闇を明るく照らすか、そんな人間のわがままな欲に対し、つぎつぎと便利なグッズが日々生まれているんですね。 ということで、変な前置きはこの辺にしておいて、 僕は自宅周りや工房を明るくするた ...

続きを読む

DIY つくる

2015/5/26

ウッドターニング(木工旋盤)で木の鉢カバーを作ってみました。

今年は本腰入れてウッドターニング(木工旋盤)に取り組んでいます。 さて先日福井県鯖江市に視察に行った際、ろくろ舎の酒井さんを訪ねました。同世代の和ろくろの木地師さんですが、オリジナルとしてTimber Potを製作されています(ぜひリンクをクリックしてみて見てください)。最近のグリーンブームを受けて、いろんなところで取り上げられているのですが、これがまた今の時代にマッチしていてとても良い。工房の向かいの製材屋に転がっている杉を活かしたいというところから、商品化につなげていったそうですが、その考えに共感でき ...

続きを読む

DIY つくる 子育て

2016/1/25

老舗糸鋸盤メーカー 旭工機の体験工房に行って、かわいい組み木のおもちゃを作ってきました。

一言で木工といってもとてもさまざまな分野があります。その中でも一番一般の人になじみがあるのが、糸鋸盤ではないでしょうか?小学校での図工の時間に木のパズルを作ったという人も多いかと思います。 そんな糸鋸盤ですが、これまで自宅工房にはありませんでした。数年前から一台ほしいなぁと思ってきた機械です。買うにあたってさまざまなメーカーを検討してきたわけですが、家から近いところに国内メーカーの老舗である旭工機があり、そこで体験工房が行われていることを知り、まずはそこで実際に触ってみよう、と思い子どもを連れていってきま ...

続きを読む

DIY

2014/5/11

思い切ってスレートの屋根を修理することにしました。

今回は、自宅ではなく、自宅工房のほうです。我が家の敷地内にある工房として使っている建物は、もともと土建業の工場として建てられた鉄骨のがっしりした建物です。そのため建物内に10トントラックも入れるし、ホイストクレーンがついて、「安全第一」と書かれているくらいの大きなものです。そこをこじんまりと木工房としているんだから宝の持ち腐れのような状態です。(実現したい夢があって、あえてこんな大きな物件を購入したのですが、その話はまた今度)その個人で所有するには大きな物件の屋根修理。一大決心です。   目次1 ...

続きを読む

トルク調整でこんなに違う!ドリルドライバーを使いこなすための基本機能と正しい...
今日もみなさん、ドリルドライバー握ってますか?さて、ドリルドライバー。木工や建築系の人たちにはあまりにも当たり前の電動工具なわけですが、いまいちちゃんと機能...
仕組み・使い方を徹底解説!DIYで棚を作るならビスケットジョイナー(ジョイントカ...
DIY熱が高まる世の中。その中でも棚を作りたい人がとても多いように思います。多くの人が収納に困っているのでしょう。DIYで棚を作るとき、絶対におススメなのがビスケ...

-DIY, 木工機械・工具
-, ,

Copyright© Simplife+ , 2018 All Rights Reserved.