DIY 木工 道具

これは便利!プロが教える 木工用ボンドはマヨネーズボトルに入れるべき4つの理由!

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

こんにちは。

みなさん、木工用ボンドは何に入れていますか?

たぶん、ほとんどの人が購入する容器をそのまま使っているかと思います。たいてい、一般家庭では木工用ボンドはそんなに使わないですから、小さな容器のものを購入するので、ほとんどの人はそれで充分と思います。

でも木工を本格的にやっているDIY大好きな人、プロの木工家の人は業務用の1kgや3kgなどのビニール袋に入ったものを買って、容器に移し替えていると思います。一般向けですと単価がべらぼうに高いですからね。

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

今日はその移し替える容器に何を使っているか、の話です。

結論から言うと、うちでは何年も前から、マヨネーズボトルに入れています。たぶんそうしているプロの方は多いと思います。

created by Rinker
リョーコー産業
¥181 (2020/05/26 09:49:01時点 Amazon調べ-詳細)

これめちゃめちゃいいんですよ。その理由を4つ記しておきます。

マヨネーズボトルがいい理由1:複数の小さな穴でボンドの塗り幅を調節可能

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

ボンドを塗る作業というのは大きく分けて2つあります。ひとつは、筆などで部分的に塗る。もうひとつは、ボトルから直接塗布する。筆などで塗る場合は、ほぞで接合するときに部分的にボンドを塗るときが多いです。

一方で、ボトルから直接塗布するケースというのは、面に塗り広げるとき、なのですが、プロの仕事で多いのは、幅方向に板を接着して広い板を作る時だと思います。このとき木端にボンドをぬるのですが、口が1点のものよりも、複数あると初めから広がって塗布できるので、そのあとブラシで塗り広げるときとても楽なんですね。

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

この作業で、マヨネーズボトルがすごくいい!

お好み焼きにマヨネーズをシャーっとかけるとき、細いマヨネーズのラインがお好み焼き全体にかかるとなぜか食欲そそられますよね。そのための穴が、ボンドの塗布でも便利なんです。

でも、「じゃあ、つねに幅広く出てきちゃうから、塗布面が狭いとき使えないんじゃないですか?」という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

幅広くボンドを塗りたいときは穴が横並びになる角度でボトルを構えればいいし、
木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

狭い面に塗るときは、縦並びになるように構えればいいのです。
木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

つまり、ボンドの幅をコントロールできるんですね。これが便利!




マヨネーズボトルがいい理由2:適度な柔らかさで出す量も自在

2つ目の理由が、マヨネーズ用のボトルって適度に柔らかく、ボンドを塗るときにボトルを押す力に合ってるんです。たぶん、粘度が近いからなんだと思いますが、これがほんとに作業しやすくしてくれます。

ボトルを押す力で出てくる量を調節できるので、ぐっと押し込めばたくさん出ますし、薄目に塗りたいときは軽く押せばいい、その直感的に作業できるのがいいんですね。

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

口が一つのボトルですと、出す量が基本多めになりがちです。ボンドを適量出すのにも適しているということですね。

マヨネーズボトルがいい理由3:逆さまで置きやすい

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

マヨネーズは最後の1滴まで使いたいですよね。

この人々の思いが、キャップの形状にしっかり反映させられており、逆さまに置けるようになっています。

これが、ボンドにもいいんです。

中身が少なくなった時は、逆さまに置いておけば、すぐ出てくるのですが、そうじゃないと、いざボンドを出そうとしたときになかなか出てこないってことになりますよね。

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

ボトルによっては、キャップと本体が位置が合わないとカチッとはまらないものがあり、逆にその仕組みが小さな穴たちをふさいでくれるので、逆さにしたときにもれてきてしまうのを防いでくれます。

マヨネーズボトルがいい理由4:中が見える

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

最後、地味にいいのは、中身が見える。

一般的なボンドのボトルって、中が見えません。

でもマヨネーズボトルは中が見える。

あとどれくらいで使い切るのか、固まり始めているところがないか、など目で確認できるんですね。これは洗う時にもすごくいいです。

番外編:こまかいところに塗るときはちっちゃなオイラーが便利です。

木工用ボンド マヨネーズボトル 容器 移し替え

ほんとに細かいところにボンドを塗るときは、この小さなオイラーボトルが便利です。

created by Rinker
AZ(エーゼット)
¥97 (2020/05/26 10:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ボンドの容器はマヨネーズボトルがいいですよって話でした。

たまにねじ切りの作りが悪いものもあって、ボンドが変なところから漏れてきてしまうやつも中にはあるので注意です。

おすすめは5つの穴があるやつです。

created by Rinker
リョーコー産業
¥181 (2020/05/26 09:49:01時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ 集塵機 サイクロン フィルター アダプター ホース

DIY 木工 木工機械 電動工具

2019/12/27

マキタの集塵機をサイクロンにしてフィルター詰まりを軽減!アダプターもホースも必要なものまとめました!

こんにちは! これまでいくつか集塵にまつわる話をブログに書いてきましたが、今回は、マキタの集塵機(掃除機)をサイクロンにした、という話です。 うちの工房にある集塵機は、マキタの483PというものとFestoolのMIDIがあります。 これらの集塵機はどちらも電動工具と連動して使うことができるので大変重宝します。 そのなかでマキタの483Pは、普通に掃除機として大活躍している集塵機なのですが、集塵量が8Lしかないため、広い工房で掃除をしているとすぐにゴミがいっぱいになり、フィルターが詰まることで吸い込み力が ...

続きを読む

DIY 木工 道具

2019/1/14

ワンタッチ操作のクランプ BESSEY KliKlamp(ベッセイ クリックランプ)は秀逸すぎるのです。

1年ほど前に木工ふくなりにお邪魔した際に、森川夫妻にオススメされたクランプがBesseyのKliKlampでした。その時実際触らせてもらい、つかって見て、その軽さと手軽さにほれ込み、購入したのです。 それから1年、自宅工房で使ってきたのですが、、、、はっきり言いましょう。 めっちゃくちゃいいです。 何がいいって、手軽に締めることができることです。通常のFクランプですとクルクル回す必要があるのですが、このKliKlampはワンタッチ。 そうです、ワンタッチです。 締め付けを解除するときも、Fクランプの場合は ...

続きを読む

DIY 木工旋盤

2020/4/13

ウッドターニング(木工旋盤)で木の鉢カバーを作ってみました。

今年は本腰入れてウッドターニング(木工旋盤)に取り組んでいます。 さて先日福井県鯖江市に視察に行った際、ろくろ舎の酒井さんを訪ねました。同世代の和ろくろの木地師さんですが、オリジナルとしてTimber Potを製作されています(ぜひリンクをクリックしてみて見てください)。最近のグリーンブームを受けて、いろんなところで取り上げられているのですが、これがまた今の時代にマッチしていてとても良い。工房の向かいの製材屋に転がっている杉を活かしたいというところから、商品化につなげていったそうですが、その考えに共感でき ...

続きを読む

DIY 木工 電動工具

2019/1/14

Dewalt-DW611PKのベースプレートを変更する際は、センタリングコーンが必須という話

先日アメリカから購入したコンパクトルーター(大きなトリマー)Dewalt DW611PKですが、標準のベースプレートは四角でも丸でもない、なんと四角と丸が合わさった形なのです。これは時と場合によっては便利な形状ですが、僕の場合はやっかいになることが多いと思います。そこで、オプションの正円のベースプレートを購入しておきました。また、それと一緒にセンタリングコーンというオプション品も合わせて買っておいたのです。 では、センタリングコーンがどういうものかご説明しましょう。(まぁ、そんな大げさなものではないのです ...

続きを読む

DIY 独立・起業

2019/1/14

工房の壁にOSB合板を貼っています。

これまで殺風景だった工房。 その要因として壁の暗さがあったと思います。 今工房内はすごく雑多としているのであまり写真を見せたくないのですが、、、こんな壁です。工場(こうば)って感じです。全体的にどよ~んっとグレーでくすんだ色なんですね。 これから多くの人に来てもらえる場所にしたいのでやっぱり明るくしたいってことで、現在壁にOSB合板を貼っていっています。 OSB合板とは、切削された木片を重ね高温圧縮して固められたボード状のもので、通常の合板と同じように構造材として使われるものです。ちゃんとJAS規格、F☆ ...

続きを読む

DIY 日記 木工

2017/1/3

ちょっと衣替え

元土建業の工場と事務棟を購入し、自宅兼工房として住みだして2年と少し。 家のほうは、ちょこちょこと手を入れながら、住居として住めるようにしてきました。 とくに今年は、キッチンやトイレ、お風呂を総入れ替え、 そして1階の天井の一部を抜いて、吹き抜けにして広がった空間を作りました。 たまった不満を一気に大胆リフォームで解決です。 今年最後のプチリフォームは玄関扉の取っ手! いかにも事務所ライクなアルミ製の取っ手で見た目でも触っても冷たかったのです。 木で作れないかなぁということで、樺を使って作ってみました。 ...

続きを読む

おすすめ関連記事

-DIY, 木工, 道具
-,

Copyright© Simplife+ , 2020 All Rights Reserved.