ツバキラボ TSUBAKI LAB 木工シェア工房 木工教室 ワークショップ

昇降盤のアライメント調整を行いました。

2016-11-20 | Posted in つくる, 木工機械・工具

木工 昇降盤 アライメント 調整

工房の機械について以前から気になっていたことの一つに昇降盤のアライメントが狂っていることがありました。鋸刃とトンボ定規の溝の距離が手前側と向こう側で0.5mmも狂っていたのでした。アライメント調整をしなければ、と思ってはいたものの、トンボ定規はそんなに使わないしのでよっぽど問題になりません。とりあえず、定規の角度を調整して普段の使用には問題ないようにしていました。

それでもずれているとわかっていながら使うのもね。

ということで、アライメント調整をしました。

 

常盤を固定しているボルトを緩め、ダイヤルゲージをセッティング


木工 昇降盤 アライメント 調整

まずは常盤を固定しているボルトを緩めます。

木工 昇降盤 アライメント 調整

このボルトです。

木工 昇降盤 アライメント 調整

そして、ダイヤルゲージをトンボ定規に固定して鋸刃との距離を測れるようにします。たまたまそのときトンボ定規に取り付けられていた木の板にダイヤルゲージをクランプで固定しました。

木工 昇降盤 アライメント 調整

そして、ダイヤルゲージの先端を鋸刃の胴の部分にあてて、メモリを0にセットします。




 

手前と奥でブレが内容に常盤を調整


あとは、手前と奥でダイヤルゲージのメモリにブレがないようにショックレスハンマーを使って常盤をコンコン叩きながら傾きを調整します。

木工 昇降盤 アライメント 調整

手前側は0.

木工 昇降盤 アライメント 調整
トンボ定規をずらして反対側まで持ってくると、0.02mm以内に納まっています。

うん、良しとしましょう。

あとは狂いが内容に、常盤の固定ボルトを締めて終わりです。

最後にずらしていた定規も再調整して、これで鋸刃とトンボ定規の溝と定規が平行になりました。すっきりすっきり。

木工機械メンテナンス記事
横切り盤のメンテナンス:常盤を外して、丸鋸の昇降時のガクンガクンとなるのを直しました。
昇降盤、横切り盤のVベルトをFenner Drivesのリンクベルト(Power Twist Plus)に交換しました。
昇降盤のアライメント調整を行いました。
集塵機をグレードアップ!タコクロスにしたらほんとにすごい吸うようになりました!

Pocket
LINEで送る

2016-11-20 | Posted in つくる, 木工機械・工具No Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^