仕組み・使い方を徹底解説!DIYで棚を作るならビスケットジョイナー(ジョイントカッター)が本当にオススメ!

2017-11-06 | Posted in DIY, つくる, 木工機械・工具

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

DIY熱が高まる世の中。
その中でも棚を作りたい人がとても多いように思います。多くの人が収納に困っているのでしょう。

DIYで棚を作るとき、絶対におススメなのがビスケットジョイナー(ジョイントカッター)です。本当におススメです。木工のプロでも多用するこのビスケットジョイナーがあれば、木工素人でも、DIY好きの人でも見違えるほどいい棚を作ることができます。

最近、タレントのヒロミさんが番組のリフォーム企画でビスケットジョイナーを使っているそうで、その認知度も上がってきているんじゃないでしょうか。

今回はそのビスケットジョイナーでどんなことができるのか、そしてどうやって使うのかを書きたいと思います。

ビスケットジョイナー(ジョイントカッター)とは?

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

呼び名は「ビスケットジョイナー」だったり「ジョイントカッター」だったり「プレートジョイナー」だったり。国やメーカーで違いがあります。

僕は、Porter-Cable(ポーターケーブル)というアメリカの電動工具ブランドのビスケットジョイナーを2台持っています。Porter-Cableを選んだのはFFサイズというとても小さなビスケットを利用できるからです。ちいさな棚や額縁を作るときに便利なのです。

日本のメーカーではマキタが「ジョイントカッター」として販売しています。マキタはバッテリー駆動のものも出していますが、集塵機で連動させて使う場合はコード式のほうがいいでしょう。

他には、Dewaltというアメリカのメーカーのものもあります。

だいたいどのメーカーも3万円ほど。日本のメーカーでアフターフォローもしっかりしている安心が欲しい方はマキタ。極小ビスケットのFFサイズも使いたいということであればPorter-Cableってとこでしょうか。Dewaltを選ぶ理由は特にないかなぁ。黄色が好きってことであればどうぞ(笑)

溝に圧縮木材のビスケットを差し込んで強力に接合!仕組みはどれも一緒

メーカーの違いはあれど基本的な仕組みは全く一緒。

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

中に仕込まれた丸鋸刃を突き出して、溝をつきます。

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

こんな溝が加工できます。溝は円弧状です。

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

そこに接着剤を塗布して、ビスケットと呼ばれる圧縮木材プレートを差し込み、さらに相方を組合せ、接着します。これで強固な木組みを実現できるのです。

互いに基準となる面が一緒であれば、溝の位置は同じなので、合わせた時に段差が出ることはありません。完全にフラット!

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

強力に接合できる仕組みは木の膨張

なぜ強力に接合できるのか?

それは圧縮木材でつくられたビスケットとよばれる木片に秘密があります

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

圧縮ブナのビスケットの厚みは3.85mm

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

水分を含んで膨張したビスケットは、4.2mm

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

ビスケットジョイナーであけられる溝の幅は4mm

つまり、溝に接着剤を塗ってビスケットを入れるときは、スッと入ります。溝に入ったビスケットは接着剤に含まれる水分を吸って膨張します。溝の幅よりも膨らもうとするため、がっちり密着します。そこに接着剤の元々の接着力が加わり、強力に接合できるわけです。

作るものの大きさに合わせてビスケットのサイズを選べる

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

ビスケットは#0、#10、#20という規格サイズがあります。大きな家具などを作る際は#20を使い、小物や強度が必要ないところは小さなビスケットを使います。

そして、先ほど書いたようにPorter-CableはFFサイズというさらに小さなビスケットも使うことができます。

ちなみにビスケットは、多く使う人はこの1000枚セットがおススメです。




ビスケットジョイナーでこんなものが作れます!

さて、これまで僕はビスケットジョイナーを活用してどんなものを作ることができるのか、いろいろ試してきました。

本棚 DIY ビスケットジョイナー ジョイントカッター
大容量の本棚だってビスケットジョイナーならさくっと作れます。

長良川おんぱく 長良杉 絵本棚 DIY ビスケットジョイナー
僕がツバキラボで開催している絵本棚づくりワークショップもビスケットジョイナーが大活躍(詳細はリンク先でみてください)

ビスケットジョイナー 額縁
額縁のコーナーにもビスケットを仕込んでいます。

留め ビスケットジョイナー
45度(留め)でカットした板を組み合わせるのもビスケット。

食器棚 カウンター 無垢 ビスケットジョイナー
無垢の山桜で制作した食器棚カウンターも実はビスケットジョイナーで制作できるように設計してあります。

さらには、複数枚の板を巾方向につなぎ合わせ幅広の板をつくる「矧ぎ(はぎ)」もこれでやります。

テーブル 家具 修理 反り アンティーク

アンティーク家具のリペアにも使います。

ご覧いただいたようにちょっとしたものから本格的なものまで、ほぼすべての接合部分をビスケットジョイナーで加工することが可能です。

こんな便利な電動工具、使わなきゃ損でしょ!




ビスケットジョイナーの使い方

ということで、その使い方を説明します。

機械側の設定はたったの3つ

ビスケットジョイナー側の設定はたったの3つで大丈夫。

1.フェンスの角度を設定

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

まずはフェンスの角度を設定します。

0度~135度までフェンスが動きます。たいていは90度で使うことが多いでしょう。45度(留め)の接合で使う場合は、45度か135度(加工しやすいほうを選ぶ)で加工できます。

2.フェンスの高さを設定

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

次にフェンスの高さを設定します。部材の表面からどの距離のところに溝を加工するのかを選ぶわけです。通常は板厚に対して真ん中に開けるのですが、真ん中に開けることが絶対ではありません。2枚の板を接合するとき、基準となる面からの距離が同じであれば問題ないわけです。

ちなみに、海外メーカーの商品だと、この高さを示す目盛がインチなので注意が必要です。

3.ビスケットのサイズに合わせて深さを設定する

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

溝の深さ設定はとても簡単です。使うビスケットのサイズに合わせるだけです。たいていは0~20というビスケットサイズで合わせることができます。

以上!

めちゃ簡単!

材料側に溝をつく位置を墨付け

次に、材料に溝加工する位置を書いておきます。これを墨付けといいますが、溝の中央がどこなのかという記です。

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

ついになる部材と同じ位置に墨付けをする必要があります。

墨線と本体の溝中心部の記を合わせて、フェンスをしっかり押さえて加工

ここから実際に加工です。

まずは、引いた墨線とビスケットジョイナーの中央のラインを合わせます。Porter-Cableですと赤いラインと墨線を合わせます。

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

そして、しっかりフェンスを手で押さえます。フェンスがしっかり材料の表面に乗っていないと溝の位置がぶれてしまいます

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

そしたら、トリガを引き、ゆっくりハンドルを前方へ押し込みます。

たったこれだけ!

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

これでこんな溝があっという間にできるわけです!




平面同士だけではなく、45度も楽々!さらに。。。

平面での接着はあたりまえ。

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

45度も正確に接着。

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

こうなって、

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

こんなにぴったり合わせられます。

さらに、

板の途中で正確な溝をつくためには、冶具を用意します。

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

これを駆使すると、

こんなのを作って、

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

ビスケットジョイナー ジョイントカッター ビスケット DIY 棚 使い方

こんな複雑な組みつけもできますよ。

長良川おんぱく 長良杉 絵本棚 DIY ビスケットジョイナー

完成すると、こんなかわいい絵本棚。

まとめ~ビスケットジョイナーはDIYには必須電動工具

いかがでしたか?

ビスケットジョイナーはコスパが非常に高い満足できる電動工具でしょう。

棚だけでなく、さまざまな家具を作ることもできます。

ぜひ、ビスケットジョイナー(ジョイントカッター)で充実したDIYを実現ください^^

これなら簡単!棚柱を使って、DIYで壁に棚を設置しました。
先日、部屋の一角に棚を取り付けました。使ったのは棚柱(ロイヤルチャンネル)という壁に取り付けるだけで簡単に棚ができてしまうもの。以前、階段下収納の中がごちゃ...
DIYで棚を作るときにオススメの棚柱はLAMP SPEシリーズです。安くて、手軽!
棚を作りたい、というニーズは普遍的なものなんでしょうかね。このブログで常に読まれ続けている記事1位は壁に棚を作る方法を解説した記事です。今回紹介するのは、同じ...
Pocket
LINEで送る

2017-11-06 | Posted in DIY, つくる, 木工機械・工具No Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^