つくる アメリカ 日記

【Haystack Mountain School 4】 煩わしい単位の違い

投稿日:2011年8月3日 更新日:

アメリカに来て困ることの一つとして、単位の違いがあります。

なぜアメリカは独自の単位を使ってるんでしょう?以前アメリカにいた時からの謎です。

木工をやっていて、この単位の違いは本当にわずらわしい。これは何インチで、といわれると頭の中でとっさに計算しますが、ぱっとでてきません。木材買う時も、何フィートほしいの?とか。とくに、分数で言われた時なんてわかるはずがない。(3/8インチが9.5mmぐらい、というのは枘穴加工で覚えました)

そんなとき役立つのが、日本から持ってきた定規の裏にあるConversion Tableです。メートル法とインチの換算表が載っているので、それを見たりします。

また、機械にもインチとメートル法両方の目盛りがついていたりします。こういうところはDELTAやるじゃんって思います。

とはいえ、やっぱり会話のなかで数字が出てくるとむずかしいですよね。ちょっとまって、って言って換算表見たり、計算機使ったりしてしのいでいます。




Haystack Mountain School

それにしてもHaystack Mountain Schoolのキャンパスが素晴らしい。

ボストン、Haystack Mountain School、そしてシェーカービレッジ

どこに行きつくのか~ひとり立ち前のアメリカ ボストンとHaystack Mountain SchoolとShaker Village
出発と到着(ボストンのホテルに到着)
ボストンの高速道路から市民の公園へ生まれ変わったGreen Wayが素晴らしい!
ボストンからハーバード大学とマサチューセッツ工科大学へ。世界でトップの教育機関を散歩し、エドウィン・ランドの言葉にやられました。
道の果てに~Haystack Mountain School~ ボストンから6時間かけてやっとたどり着きました。
Haystack Mountain Schoolの初日。2週間かけてつくるものを考えました。
【Haystack Mountain School 2】鉋台が反る
【Haystack Mountain School 3】 枘穴 モータイズ&テノン
【Haystack Mountain School 4】 煩わしい単位の違い
【Haystack Mountain School 5】 アメリカの自動鉋盤がスパイラルのチップたいぷでした!
【Haystack Mountain School 6】 Haystackでの日々
【Haystack Mountain School 7】全米から参加者が集まるHaystack Mountain School。老弱男女のバラエティ。
【Haystack Mountain School 8】ガラス工房とパーティー
【Haystack Mountain School 9】 ギャラリー巡り
【Haystack Mountain School 10】イスの側組みまで、行くのだ。
【Haystack Mountain School 11】This is the moment! Glue up!!
【Haystack Mountain School 12】 サイドテーブルを勢いで作り上げる。
【Haystack Mountain School 13】 塗装 ~Haystackも終わりに近づく~
【Haystack Mountain School 14】 Haystack 最後のイベント オークション~僕の椅子が$1000で落札された!
【Haystack Mountain School 15】いざHaystack Mountain Schoolを去るとき。そしてその後は、シェーカーヴィレッジへ
メイン州にあるアメリカの木工手工具の最高峰 Lie-Nielsen(リーニールセン)
アメリカの木工家 Jamie Johnston宅にお邪魔しました。
現在もシェーカー教徒が暮らす最後のシェーカービレッジ:Sabbathday Shaker Village(サバスデイ シェーカービレッジ)
マサチューセッツ州 ピッツフィールドへ
シェーカー教徒の質素でありながら美しい暮らしを今に伝えるHancock Shaker Village(ハンコック・シェーカービレッジ)

-つくる, アメリカ, , 日記

Copyright© Simplife+ , 2018 All Rights Reserved.