【ミャンマー 観光 6】魅惑のバガン 1~スケール違いの遺跡群に感動する~

2014-12-28 | Posted in ミャンマー,
Pocket
LINEで送る

Myanmar Bagan ミャンマー バガン

高速バスの事故のおかげで5時間遅れで到着したのはバガン。世界三大仏教遺跡の一つとして知られ、辺り一帯数千ともいわれる仏塔が立ち並ぶ地帯です。

まずはホテルにチェックインして、早速散策に出ることにしました。このバガンは、安宿街やレストランが多いニャウンウーという町と、古い遺跡群があるオールドバガン、そして比較的新しい街のニューバガンの3つで構成されています。ほかにも小さな村なども点在しています。ホテルのあるニャウンウーからニューバガンは片道10㎞ほどあるので、歩きは無理です。自転車か電動スクーターをレンタルするか、馬車をチャーターするか、タクシーで移動するか。僕は、電動スクーターをぶいぶいいわせて遺跡の中を巡ってみようと思い、通称e-Bikeをレンタルすることに。ホテル通して借りると6000kyt(600円)ほど。探せば、4000~5000kytのものもあるみたい。

Myanmar Bagan ミャンマー バガン

ホテルでチェックインして、2日ぶりにシャワー浴びてさっぱりしてたらもうお昼だったので、まずは腹ごしらえをしようと思い、電動スクーターで走りながらよさそうなレストランを探します。このときはミャンマー料理を食べたかったので、ミャンマーカレーのお店に入りました。チキンカレーを頼むと、ごはん、スープがついてきて、さらに小鉢にたくさんのおかずもついてきます。2500kyt(250円)。




Myanmar Bagan ミャンマー バガン

あんまりおいしくなかったけど、久しぶりのミャンマー料理を味わうことができました。

さて腹ごしらえができたので、気の向くままにスクーターを走らせます。最初は恐る恐る乗ってましたが、調子が出てきて、かっ飛ばしていきます。でもフルスピードでも原付バイクにはかないません。それでもこのアップダウンが激しく、でこぼこ道を必死こいて自転車で移動するなんて考えられません。e-Bikeなかなか、よかです。

Myanmar Bagan ミャンマー バガン

それにしても、遺跡がすごい。地図に掲載されるような名のある遺跡たちはドーン、ドーンをその姿を見せつけてきます。そのわきには名前すらない小さな遺跡たちがポンポンと並んでいます。ひとつひとつが人の手で作られてきたかと思うと、ミャンマー人の仏教に対する思いや、歴史の重みなどがひしひしと伝わってきます。

Myanmar Bagan ミャンマー バガン

たいていどの遺跡にも売り子がいて、外国人を見つけるとまずあいさつします。たいていWhere are you from?と英語で聞き、JAPANと答えると、瞬時に「こんにちは」と瞬きも許さぬ速さで答えてきます。で、すぐにこれ買ってというようなことを言う子もいますが、そういう子には「いらなーい」といって無視します。でも中には、遺跡の案内を勝手にしだして、「後から自分のお店来てね」という子もいます。意外とこういう子たちとのやり取りを楽しむのも好きなんですが、ある遺跡で、散々物色して、値切って、最後に買わない、っていって歩き出したら、うぎゃーまってーごめんなさい、お願いだから買って、おにいさんかっこいいねぇ、安くするからお願いって、泣きすがられ、買ってあげることに(笑)。バガンは漆で有名なんですが、その子が並べてたのは形がキレイではなかったので躊躇したんですけど、「これね、おばあちゃんが作ってるんだ」って家族ネタで攻めてきたので、折れてしまいました。




Myanmar Bagan ミャンマー バガン

また遺跡が子供たちのあそび場になっているところもありました。地図には載っていなかったのですが、なんとなく気になっていったら、遺跡の中でサッカーやってました。その中の男の子が上に登れるよって誘ってくれました。そして、900年前の全くのオリジナルの仏陀や壁画があるんだよっていろいろ説明してくれて、ざっと説明が終わったら、今度は「これお父さんが描いているんだ」って砂絵を見せてくれました。うっ、また家族ネタで攻めてきました。でいろいろ見させてもらって、ゾウさんのかわいい絵を買いました。その子はほかのこと違って、自分からピョーピョーです、って名乗ってからいろいろ話をしてきたので、好感持てたんです。

Myanmar Bagan ミャンマー バガン

日が傾きかけてきたので、夕日をみるのに有名なシュエサンドーパゴダに行こうとしました。ついてみると、すでにものすごい数の人、人、人。パゴダの上でうごめいています。これはやめとこ、と思って結局上りませんでした。夕陽を見るチャンスはいくらでもあるから今日行く必要もないし。

Myanmar Bagan ミャンマー バガン

日が暮れだすと急に肌寒くなります。eBikeで走るとさらに寒い。あっという間に周りは暗くなってくるので、ライトアップもされるニャウンウーのシュエズィーゴンパゴダにいってみることに。修学旅行できているのか、学生の数が半端ありませんでしたが、きれいなパゴダを見ることができました。

Myanmar Bagan ミャンマー バガン

Myanmar Bagan ミャンマー バガン

その後、帰りに夕飯とビールをおいしくいただきました。

ミャンマー ヤンゴン~バガン 2014年12月23日~29日
凄まじいヤンゴンの発展ぶりの中に17年前の僕がいた痕跡を探した1日~その1
凄まじいヤンゴンの発展ぶりの中に17年前の僕がいた痕跡を探した1日~その2
ミャンマーの頂点を感じるシュエダゴンパゴダに行ってきました。
凄まじいヤンゴンの発展ぶりの中に17年前の僕がいた痕跡を探した1日~その3
高速バスJJ Expressでヤンゴンからバガンへ行く途中、事故りました。
魅惑のバガン 1~スケール違いの遺跡群に感動する~
魅惑のバガン 2~少し足を延ばしてポッパ山へ~
魅惑のバガン 3~バガンの朝日~
魅惑のバガン 4~ミャンマーの漆芸に触れる~
高速バス JJ Expressでバガンからヤンゴンへ。やっぱり好きになり切れない。
凄まじい発展を見せるヤンゴンのダウンタウンで17年前と変わらないもの

Pocket
LINEで送る

2014-12-28 | Posted in ミャンマー, No Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^