DIY

DIYの魅力をバンバン発信!大阪なんばにできたDIY FACTORY OSAKAに行ってきました。

2014年4月29日

DIY FACTORY OSAKA

2014年4月26日、大阪なんばに誕生したDIY FACTORY OSAKA。南海電鉄高架下の開発の一環で生まれたこの新しいものづくりスポットにオープン初日に行ってきました。

DIY FACTORY OSAKAはものづくりを気軽に楽しめるDIYリアル体験店舗

株式会社大都という工具を販売する会社が母体なのですが、DIY-TOOL.COMというネット通販で有名なところです。「つくる楽しさを未来へつなげたい」をビジョンとしているそうで、さまざまな工具の紹介・販売を通してものをつくる文化を発信しています。

今回のリアルショップは、さらにその思いを一般の方にリアルな体験をしてもらう場として企画したものだそうです。一般の人からすれば、興味はあるけれどもちょっと難しいんじゃないかという人はたくさんいると思われ、そういう人の最初の一歩を踏み出すサポートをする場所にもなります。

さらにこのリアルショップでは、メーカーが展示スペースを持つことができ、そこに自社の商品を陳列させてもらえます。メーカー側はなかなか一般の人たちに自由に手にとってもらえる機会は少ないので、こういう場所を通じてこれまで直接かかわれなかった一般消費者にアピールできるようになります。そういった3者のメリットがかみ合う場所。

ポイントとなるのは、ワークスペースを設けており、さらに定期的にさまざまなワークショップを開催するというところ。都会の人たちにとって、スペースの確保は重要な問題なので、こういうところがあると取り組みやすくなるのでは。




オープン初日に行ってきました!

DIY FACTORY OSAKA

では、実際のところどんな場所なのか気になって気になって、大阪まで行ってきちゃいました。線路の高架下というスペースですが、なんばの駅からはずっと開発が進んできたようでとてもきれいなエリアでした。DIY FACTORY OSAKAはその末端に誕生したお店でした。外見もとてもいまどきな感じで、オープンのためたくさんの花が飾られていました。

店内は入って正面に、一番上の写真のように白壁にDIY FACTORY OSAKAと黒く書かれており、レジカウンターがあります。高架下ということで、高架を支える脚(柱)をうまく利用してメーカーの商品展示スペースを設けてあります。珍しい商品や定番の道具がありました。ホームセンターでもなかなか買えない商品が手に入るのはいいですよね。またガーデニング用品もちょっとあって、暮らしを豊かにするヒントがたくさんあるように思えます。

DIY FACTORY OSAKA

OLD VILLAGE

DIY FACTORY OSAKA

子ども向け商品もひとつの柱としているようで、子ども向けの工作キットや子ども向けなんだけど本物仕様のものもいくつかおいてありました。

DIY FACTORY OSAKA

ここに置いてある商品は、そのままお店で買うこともできます。しかし、荷物になるのが嫌というひとは、DIY TOOL.COMでその場で注文し、自宅に届けてもらうこともできます。その際、各商品棚にあるQRコードやNFCタグをスマホでピッとするとその商品のページを表示する仕組みです。ネットとリアルをつなぐ役割をしています。

こういった仕組みもユーザーの利便性を高めとお店側の在庫管理の煩わしさを最小限にするということでいいかもしれませんね。




なかなかやる機会がない溶接ワークショップに参加してみた

さてさて、今回いった目的の一つがワークショップの参加でした。なんと溶接のワークショップなんです。溶接ってなかなか一般的にはとっつきにくい仕事ですが、それが体験できる、しかもオープン記念で1000円ということで予約していたのです。

DIY FACTORY OSAKA SUZUKID

溶接機メーカーのSUZUKIDさんが開発した家庭用の溶接機を使ってネームプレートをつくるというものです。SUZUKIDさんは鎌倉で溶接教室をやっておられるようで、全国にも出張ワークショップをしに行くそうです。僕自身、初めての溶接でドキドキでしたが、やってみるとなかなか楽しい。僕は鉄の板にカブトムシのイラストをテンプレートを使って描き、それをプラズマ切断機で切断しました。そして、アルファベットのプレートとカブトムシをL字の鋼材に溶接してオリジナルネームプレートを完成させました。プロとは次元が全く違いますが、それなりのものができて満足です。こういうのができるんだ、ということを知ること自体とっても大事なことだと思います。

DIY FACTORY OSAKA SUZUKID

ただ、ワークショップスペースはちょっと手狭でした。ここはワークスペースとして一般貸しもするのですが、正直、狭くて使いづらいんじゃないかと感じました。それを検証するためにも5月末までは無料キャンペーンをするそうです(現在キャンペーンは終了しています)。さまざまなワークショップが予定されてますし、お近くの人は行ってみると新しい体験、発見ができるんじゃないかと思います。

DIY FACTORY OSAKA
〒556-0012
大阪府大阪市浪速区敷津東1丁目2番12号 南海電鉄高架下
営業時間:10時~22時 年中無休
http://www.diyfactory.jp/

DIY

2019/1/14

130年前の技術が刻む時:アンティーク時計の中

5年ほど前に嫁の実家が家を建て替えました。建て替える前は、蔵もあったのですが、蔵も壊すということで、その中にあったアンティークの壁掛け時計をいただいてきました。それはぜんまい仕掛けの時計でしたが、もう壊れて動かないものときいており、おもりなどもはずされていました。いつか動かしてみたいなぁと思っていたのですが、ずっとしまいっぱなしになっていたのです。 先日荷物を少し整理した時に、嫁がひょこっとその時計を持ち出してきました。とくに何か言うわけでもなく数日目につくところに置かれていたので、ちょっとなかを見てみよ ...

続きを読む

DIY 木工旋盤

2020/4/13

ウッドターニング(木工旋盤)で木の鉢カバーを作ってみました。

今年は本腰入れてウッドターニング(木工旋盤)に取り組んでいます。 さて先日福井県鯖江市に視察に行った際、ろくろ舎の酒井さんを訪ねました。同世代の和ろくろの木地師さんですが、オリジナルとしてTimber Potを製作されています(ぜひリンクをクリックしてみて見てください)。最近のグリーンブームを受けて、いろんなところで取り上げられているのですが、これがまた今の時代にマッチしていてとても良い。工房の向かいの製材屋に転がっている杉を活かしたいというところから、商品化につなげていったそうですが、その考えに共感でき ...

続きを読む

DIY 独立・起業

2019/1/14

工房の壁にOSB合板を貼っています。

これまで殺風景だった工房。 その要因として壁の暗さがあったと思います。 今工房内はすごく雑多としているのであまり写真を見せたくないのですが、、、こんな壁です。工場(こうば)って感じです。全体的にどよ~んっとグレーでくすんだ色なんですね。 これから多くの人に来てもらえる場所にしたいのでやっぱり明るくしたいってことで、現在壁にOSB合板を貼っていっています。 OSB合板とは、切削された木片を重ね高温圧縮して固められたボード状のもので、通常の合板と同じように構造材として使われるものです。ちゃんとJAS規格、F☆ ...

続きを読む

DIY

2019/1/14

セルフリノベーション⑤:ついに、ついに、トイレが設置された

トイレの写真を掲載して喜んでいるのは、僕だけでしょう(笑) 今回のリノベーション、そもそも工房にまともなトイレがない、というところが出発点でした。以前は仮設トイレが設置してあり(その状態で僕らが入居したわけです)、男性は我慢できても、さすがに女性はむりでした。女性がトイレを使う場合は自宅のトイレへ案内していたわけですが、おんぱくなどで多くの人が来るようになって、さすがにトイレがないのも不便だ、限界だ、と感じ、ちゃんとトイレを設置しよう!そうだ、それならしっかり空間を作り、来た人が集える場所も作ろう!となっ ...

続きを読む

DIY 木工 道具

2019/1/14

ワンタッチ操作のクランプ BESSEY KliKlamp(ベッセイ クリックランプ)は秀逸すぎるのです。

1年ほど前に木工ふくなりにお邪魔した際に、森川夫妻にオススメされたクランプがBesseyのKliKlampでした。その時実際触らせてもらい、つかって見て、その軽さと手軽さにほれ込み、購入したのです。 それから1年、自宅工房で使ってきたのですが、、、、はっきり言いましょう。 めっちゃくちゃいいです。 何がいいって、手軽に締めることができることです。通常のFクランプですとクルクル回す必要があるのですが、このKliKlampはワンタッチ。 そうです、ワンタッチです。 締め付けを解除するときも、Fクランプの場合は ...

続きを読む

帯鋸 バンドソー 刃 ヤニ 除去 防止

DIY 木工機械

2020/2/14

プロが行うバンドソー(帯鋸)のヤニこびりつき防止策!こびりついたヤニには〇〇で取る!

こんにちは!ワダケンジ(@simplife_plus)です。 今日はバンドソー(帯鋸)にこびりつくヤニの話です。 僕が使用しているバンドソーは簡単な製材もできるようにリョービの5馬力のものです。 治具を使って、このバンドソーで丸太から板状に製材することもあるのですが、ヒノキなどヤニを多く含むものを挽くと、刃にヤニがこびりつきます。ある限度を超えると、極端に切れなくなったり、直進性が失われたりして、仕事にならなくなります。 先日、会員の方(僕は会員制のシェア工房を運営しています)がヒノキを挽いた後、なかなか ...

続きを読む

4月に大阪の難波に誕生したDIY FACTORY OSAKA。そのオープンの日にさっそくどんなところか見に来ていたのですが、2か月たった今、再度訪れる機会がありました。2か月たったところで改めてDFOを見て、聞いて感じたことを書いてみたいと思います。DIYの魅力をバンバン発信!大阪なんばにできたDIY FACTORY OSAKAに行ってきました。 - Simplife+オープン当初のレポートです。高まるDIY人気とホームセンター市場の縮小今、本屋に行くとDIY関連の本ってすごくありませんか?ちょっと前であれば、ドゥーパというザ・日曜大工!的なお父さん向...
先日大阪なんばのDIY Factory Osaka(通称 DFO)にて定期開催されているペンターニングのワークショップに参加してきました。なんだかんだで昨年4月にDFOがオープンしてからというもの3か月に一度ぐらい行っています。これまでのDFO記事大阪なんばにできたDIY FACTORY OSAKAに行ってきました。オープンから2か月のDIY FACTORY OSAKAに聞いてみた、DIYをやってみたい人にとってDFOはこんなトコ。さて、今回は仕事でも使う木工旋盤のスキルアップを目的に大阪に行ったわけですが、マンツーマンレッスンを依頼したNAKAJIMA WOODTRNING STUDI...
DIY FACTORYの2号店であり、関東エリア初のお店であるDIY FACTORY FUTAKOTAMAGAWA。そもそもDIY FACTORY OSAKAが3年前に誕生した時の衝撃はその年に何度も足を運んだくらい大きかったのですが、まさかOSAKAができて1年ほどで関東にもできるなんて思ってもみませんでした。今回、やっと二子玉川のDIY FACTORYに行く機会ができたので、レポートしたいと思います。ちなみに、DIY FACTORY OSAKAのレポートはこちら。(もう3年前だけど、今でもアクセス多い記事です)DIY FACTORYは初心者が気軽にDIYに取り組めるスクールDIY FACTORYは、「...
以前から気になっているDIYスポットがありました。それは東京 二子玉川にある体験型DIYショップ tukuriba(ツクリバ)というお店です。DIYがブームになってきた2年ほど前にできたそのお店は、ちょうど以前取材させていただいたDIY FACTORY OSAKAと同じころに誕生しました。今回東京でDIYブームを牽引するお店として、tukuribaさんに行ってきましたのレポートしたいと思います。tukuribaが発信する「自身作と、暮らそう。」というメッセージtukuribaのウェブサイトやパンフレットに大きく呼びかけてくる「自身作と、暮らそう。」という...

おすすめ関連記事

-DIY
-, ,

Copyright© Simplife+ , 2024 All Rights Reserved.