【ミャンマー 観光 10】高速バス JJ Expressでバガンからヤンゴンへ。3列シートはいいけれど、やっぱり好きになり切れないワケ

2014-12-30 | Posted in ミャンマー,

ミャンマー 観光 JJ Express バガン 高速バス

バガンでの3日間を終え、再びJJ Expressというバス会社の夜行便でヤンゴンに戻ります。バガンのバスターミナルは郊外へ移設されたので、ホテルからバスターミナルへ移動しなければいけないのですが、バス会社がピックアップサービスをしていることが多いです。僕もJJ Expressにホテルでのピックアップを頼んでおいたのですが、まさかのすっぽかされてしまいました。一向にくる気配がないので、ホテルに頼んでJJ Expressのバスターミナルデスクに電話すると、自腹でタクシーで来てほしいといわれ、おまけに行ってみると、謝りもないし、腹立たしいことこのうえない感じです。チケットカウンターのお姉ちゃんたちはだらっだらで、怒る気も失せます。

ミャンマー 観光 JJ Express バガン 高速バス




 

夢の3列!ファーストクラスシート!


ミャンマー 観光 JJ Express バガン 高速バス

しかし、ヤンゴンへ戻るバスは夢のファーストクラス3列シート。これはやはり正解です。

ミャンマー 観光 JJ Express バガン 高速バス

ゆったり座れるし背もたれも結構倒せてフットレストもあるので体を休めることができるのです。道路のガタガタさえなければ、非常に快適な夜行になるでしょう。

ミャンマー 観光 JJ Express バガン 高速バス

バスでありながらも体を包み込んでくれるシートはやはりありがたいもの。僕は朝日鑑賞で朝早かったこともあり、この帰りのバスではひたすら眠ることができました。

 

サービスエリアでたたき起こされて、バスから出されるのは勘弁。。。


ミャンマー 観光 JJ Express バガン 高速バス

しかししかし、これまた勘弁してほしいのは、サービスエリアにつくと全員起こされて降ろされます。乗務員や運転手が食事や休憩するためバスにスタッフがいなくなるので、結局全員おろして鍵をしてしまった方が安全だということでしょう。なんたる自分本位な感じ。休憩時間10分とか言いながら、結局15分ぐらいしないと戻ってこない。真夜中に食事する人はいいかもしれないけど、中には、早く戻ってこい、とバスの前でスタッフが戻ってくるのはただ待つことになる人もいるのです。




 

ありがた迷惑なサービスは続く。。。


ミャンマー 観光 JJ Express バガン 高速バス

また、JJ Expressを利用したほかの方のレビューでは軽食サービスやドリンクサービスがあるのがいい、というのもありましたが、正直、真夜中にコーヒー出されても飲む気がしませんし、ドリンクホルダーもついていないので、手で持ってるしかありません。なので、僕は断りました。

また軽食に関しては、今回はクッキーやパンケーキのセットだったのですが、これまた真夜中に出す意味がわかりません。

さらには、フリーTシャツを配ったり、くじ引きでの景品のキーホルダー(この旅でなぜか3つもゲットした)だったりこれでもかとものを与えてきます。一方では、出発時間を15分も早く出たり、途中で止まってスタッフが立小便したりと、もうなにがなんだかわかりません。

 

ミャンマー人のホスピタリティの向上を切に願います。


ミャンマー 観光 JJ Express バガン 高速バス

ポッパ山の記事でも書きましたが、ミャンマー人のホスピタリティに関しては疑わざるおえないところが多いです。JJ Expressの3列シートは確かにすばらしいのですが、他の部分ではサービスをはき違えているのでは。ミャンマーの観光業がこれからさらに発展した時、よりよいサービスをする会社が出てきてくれることを願います。

ミャンマー 観光 ヤンゴン myanmar yangon

というわけでヤンゴンには、5時半ごろ着いたのですが、プラス500kyatでダウンタウンまでいけるというのでお願いしました。中央駅で下されましたが、そこから予約しておいたホテルまで夜明け前のダウンタウンを歩いて移動したのです。

ミャンマー ヤンゴン~バガン 2014年12月23日~29日
凄まじいヤンゴンの発展ぶりの中に17年前の僕がいた痕跡を探した1日~その1
凄まじいヤンゴンの発展ぶりの中に17年前の僕がいた痕跡を探した1日~その2
ミャンマーの頂点を感じるシュエダゴンパゴダに行ってきました。
凄まじいヤンゴンの発展ぶりの中に17年前の僕がいた痕跡を探した1日~その3
高速バスJJ Expressでヤンゴンからバガンへ行く途中、事故りました。
魅惑のバガン 1~スケール違いの遺跡群に感動する~
魅惑のバガン 2~少し足を延ばしてポッパ山へ~
魅惑のバガン 3~バガンの朝日~
魅惑のバガン 4~ミャンマーの漆芸に触れる~
高速バス JJ Expressでバガンからヤンゴンへ。やっぱり好きになり切れない。
凄まじい発展を見せるヤンゴンのダウンタウンで17年前と変わらないもの

Pocket
LINEで送る

2014-12-30 | Posted in ミャンマー, No Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^