フォト 子育て 日記

誕生日プレゼントとして6歳の子どもにデジタルカメラ(Nikon W100)をプレゼントしました。

投稿日:2016年12月15日 更新日:

6歳 子ども 誕生日 プレゼント カメラ Nikon Coolpix W100

我が家にカメラマンが一人増えました。

6歳になった長男に誕生日プレゼントとしてカメラをあげました。6歳の子どもにカメラをプレゼントすることに、いいのかわるいのか、大丈夫なのかといろいろ悩んだのですが、結果的には良かったんじゃないかなぁと思います。

(ちなみに、おたふくかぜ真っ最中だったので、ほっぺたに冷えピタ貼ってます。)

 

非常に悩んだ6歳誕生日のプレゼント

6歳の誕生日、何をあげようか、非常に悩みました。子どもからは、9月ごろからあれが欲しい、これが欲しいとおねだりが始まります。戦隊モノのおもちゃだったり、ビーズ遊びのおもちゃだったり、しまいにはゲームを求めるようになりました。さすがにゲームだけはやめておきたい、そう夫婦で毎日毎日悩んでいました。小学校に上がる直前の6歳というタイミングに何をあげるべきなのか、なかなか答えが出ませんでした。

ネットで「6歳 誕生日 プレゼント」と検索していろんなページを見ましたが、どれもピンとくるものはなく。。。

単なるおもちゃというのはすぐ飽きるだろうから嫌だったし、DSのようなゲームだと一人遊びになってしまうし、なんというか発展的なものがよかったのです。

子どもがカメラを欲しがり出した。

そんな中、子どもがカメラが欲しいと言い出しました。しかも保育園の先生にまで、カメラをもらうことを宣言しています(笑)まだ決めてもないのに。

6歳にカメラ。

僕が子供の時ならまずありえない選択肢ですよね。当時はまだフィルムの時代。現像するのにもお金がかかる時代です。でも今はデジタル。どれだけ撮ったってタダ。たしかにいいかも、ということで、夫婦の中でカメラに落ち着くのでした。




子どもが扱うことを前提にしたカメラを探した結果NikonのW100になりました。

さて、カメラに決めたのはいいけれど、どんなカメラがいいのか?

最初思いついたのは、古いスマホで今使っていないやつを長男専用にするというもの。これは意外といいなぁと思ったのですが、スマホだと広がりがあり過ぎて、勝手にYouTubeばかり見出したらたまらないなぁ、ということでまだ早いと却下

では、普通のデジタルカメラだ、ということで探しました。子供向けカメラとなると、トイカメラが非常にいっぱい出ているのですが、おもちゃはいらん。ちゃんとしたカメラを与えたい。

条件として、
・子どもがもちやすいもの
・落としても大丈夫なもの
・防水のもの
・子どもでも操作しやすいもの
・それでいてちゃんと写真が撮れるもの

ということで、探した結果、NikonのCoolpix W100になりました。

6歳 子ども 誕生日 プレゼント カメラ Nikon Coolpix W100

このカメラは、「親子で楽しめるタフカメラ」がコンセプトになっており、子どもが使うことを前提に作られたカメラです。写真を撮影することが楽しめる機能があります。操作も子どもでもすぐ理解できるレベルで、どこのボタンを押したらどうなる、っていうのが非常にわかりやすい。撮った後の写真はWifiでスマホに送れることはまぁどちらでもいいですが、カメラ内で撮影後の写真をいろいろ加工できる機能があって、これは子どもも楽しめそうです。

価格も1万半ばあたりで、プレゼントできる範囲です。

ほかにも各社から防水、耐衝撃モデルは多数出ています。基本的にダイビングとかアウトドア向けのカメラが多いですね。ただ、6歳の子どもが使うカメラで3万越えてくるのはちょっとね。予算的に厳しいです。キヤノンのモデルなんかはバランスも良くいいかなぁ、と思ったんですがね。

オリンパスのTOUGHシリーズ。

Canonの防水・耐衝撃のモデル。

CASIOのEXILIMシリーズの防水・耐衝撃モデル。

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥34,800 (2019/03/21 01:56:47時点 Amazon調べ-詳細)




Nikon Coolpix W100のいいところはとにかく子どもが扱えるカメラだということ

トイカメラではなく、ちゃんとしたカメラを与えたい。でも子どもが扱うものだから、落としたりしても壊れないもので、操作も簡単ですぐに覚えられるもの、値段も買いやすい価格のものという意味では、NikonのW100が最適な選択ですね。

6歳 子ども 誕生日 プレゼント カメラ Nikon Coolpix W100

レンズ周りがくぼんでいて、子どもの手でも持ちやすい形状になっています。またあとから気づいたのですが、シャッターボタンも指の届きやすいところにあるのもいいですね。ほかのカメラだと子どもの手ではシャッターボタンが押しにくいところにあったりします。総じて、このレンズが中央にあって、カメラ本体が持ちやすく、シャッターが押しやすいってことは理にかなっているデザインなんですね。

6歳 子ども 誕生日 プレゼント カメラ Nikon Coolpix W100

6歳 子ども 誕生日 プレゼント カメラ Nikon Coolpix W100

さらに、シーンモードも多様で、魚眼レンズとかスタンプ機能とかあります。写真を撮った後にフレームに入れたり、メイクアップしたりと遊べます。ヨメの写真を撮ってこってこてのメイクしてみましたが、ヨメの名誉もあるので載せません。

 

子どもが撮る写真の量がハンパない

カメラを渡して3日ほど。撮影枚数が400枚近く。。。。恐るべし。

6歳 子ども 誕生日 プレゼント カメラ Nikon Coolpix W100

子どもたちは大人とは違う視線を持っていて、写真を撮らせてみるとなかなか面白い写真が出てきます。この写真はおもちゃのカメラのレンズ部分をアップで撮ったもの。ふむふむ。

それにしても、ひたすらTV画面を撮りまくるのですが、なんなんでしょう??(笑)

6歳 子ども 誕生日 プレゼント カメラ Nikon Coolpix W100

これは、おたふくかぜで休んでいるので、日中赤ちゃんの時のビデオをみていたそうですが、かつてのお風呂でスイマーバで浮かんでいる自分の姿をぱしゃり。

Coolpix W100の欠点はというと、手振れ補正が動画撮影時のみで、静止画撮影のときは「ブレ軽減」のみというところ。

シャッターボタンがまだ押し慣れていないのか、子どもには硬すぎるのかわかりませんが、シャッター押すときにどうしてもカメラ全体が動いてしまうんですね。その時に補正機能がないので、ぶれた写真ばかり量産されます。もう少し力がついてきたら大丈夫だとは思いますが、欲を言えば手振れ補正機能は欲しいところ。

でもポジティブに言えば、しっかり半押しでピント合わせ、全押しでシャッター、という一連の流れをしっかり身に付けるのにはいいのかもしれません。

ということで、
これからたくさんいろんな写真を撮って楽しんでくれるといいなぁ、と思います。

6歳の誕生日にカメラという選択。プレゼントしてよかったなぁと思います。



フォト

2014/2/28

即写性バツグン!街でも登山でも常にカメラを身に着け、写真を撮りたい人のためのカメラストラップ→Diagnl Ninja Strap

日々の生活の中、シャッターチャンスはあふれています。いつもの通勤路や散歩道や公共交通機関での移動中。子どもと遊びにいった公園での一コマ。しかし、シャッターチャンスはいくらでもあるのですが、それらは不意に訪れたりするものです。あっと思い、カメラの準備をしようとしたら、もうその一瞬は過去のものになっているのです。 また、登山が好きで、山で写真をとる人。それが僕なんですが、バッグの中にカメラを入れておくと、いざという時にいちいちバッグをおろし、カメラを取り出して、写真を撮るってことになります。が、そんなこといち ...

続きを読む

Lightroom 5

フォト

2014/8/20

一眼レフ 初心者のための「写真・カメラを始めるなら」のはなし:STEP4 現像処理して出来上がる感動写真~ Lightroomのススメ~

こんにちは。 さて、一眼レフ 初心者さんのための「写真を始めるなら」のはなし、ということでSTEP1から続けてきましたが、ついに最終章 STEP4です。 STEP4は、写真の現像です。 STEP1 失敗しないカメラ選び STEP2 写真はレンズで決まる STEP3 これさえ押さえておけば大丈夫!基本の基本の撮影テクニック STEP4 撮ったら終わりじゃないよ!現像処理をして出来上がる感動写真~ Lightroomのススメ~(←今はココ) 番外編:難しいルールはいらない!我が家のアルバム作成のたった5つの簡 ...

続きを読む

フォト

2016/7/21

ついにマクロレンズを買いました! マクロ撮影が楽しい!TAMRON 単焦点マクロレンズ SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

これまで50mm単焦点レンズ、28mm~300mm高倍率ズームレンズ、12mm~24mm広角レンズの3本を所有し、写真撮影をしてきましたが、まだ踏み入れていない領域がありました。それが「マクロ」です。実は僕が使っている「TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO A20E」はその商品名にMACROとつくだけあって、結構接写ができるんです。300mmのズーム域でそこそこきれいにアップで撮影できることもあり、マクロレンズが必須という ...

続きを読む

フォト

2015/6/14

ボケ味最高!やっぱりレンズは単焦点!

先日、子育て世代には高倍率ズームがいいですよ、っていう記事を書きました。どんなシーンでも活躍する”使える一本”なのです。 でも高倍率ズームは使えるレンズなんだけど、いい写真を撮りたいって言ったとき、やっぱりこれは外せないレンズってのがあって、それが「単焦点レンズ」です。一眼レフカメラっていうと、ボケがきれいないい写真が撮れる、というイメージがありますが、ボケがきれいに出るのは、ボケがきれいに出るレンズを使っているからなんです。そのボケがきれいに出るレンズというのが、単焦点レンズなんです。 目次1 単焦点レ ...

続きを読む

フォト 日記

2008/11/22

愛用カメラ

今日は愛用しているカメラを紹介いたします。 まずはこいつ↓ キヤノン EOS ELAN 7NE たるもので、 日本ではEOS 7Sというモデルになります。 アメリカで購入しました。 大学で写真の授業をとる際に購入した一眼レフカメラ。 もちフィルムカメラです。 こいつのおかげで、カメラの基礎、フィルムの現像などなど たくさんのことを学びました。 使い始めて4年ほどたつのかな。 つけているレンズは、こないだついに購入した シグマ 50mm F1.4 EX DGです。 50mm単焦点でF値が1.4と非常に明るく ...

続きを読む

フォト

2016/4/3

毎日忙しくしているのなら、家族の形を見える化しよう!写真を飾るだけで幸せ度が上がります。

みなさん、毎日たくさんの写真撮ってますよね。その撮影した写真、どうしてますか? 実は、写真を飾ることで幸せ度がアップします。これは、特に忙しくしているお父さんお母さんには試してもらいたいことです。 目次1 消費の対象となった写真とより忙しくなる日々2 「人とのつながり」が幸せの源!写真を飾ることは幸せを感じる頻度を増やすこと3 記念日ではなく、些細な日常のほうが幸福度は高い4 壁一面を家族写真のギャラリーに。そして写真はどんどん更新して、家族の歴史をたどれるように5 お客さんも思わずわーっと心が満たされる ...

続きを読む

おすすめ関連記事

-フォト, 子育て, 日記
-,

Copyright© Simplife+ , 2019 All Rights Reserved.