マルニ木工の70年代のアームチェア(No.2042 カトレア)をリペアしました。

2017-09-13 | Posted in つくる

オールドマルニ マルニ木工 リペア ヴィンテージ 70年代 カトレア No.4042

みなさん、こんにちは。

仕事では、会員制木工シェア工房「ツバキラボ」を7月にオープンし、この夏は非常に忙しくさせていただきました。

このツバキラボにはサロンスペースがあり、会員様の休憩スペースとして活用していただいています。↓ (まだテーブルがないのが寂しいですね)

ツバキラボ サロン

いろいろ椅子があるのですが、その中の一つにマルニ木工のアームチェアがあります。(上の写真で右に写っているもの)。知人の家具修理の専門家に調べてもらったら、70年代に発売されたNo2042 (愛称:カトレア)というもので大変希少なモデルだそうです。(マルニ木工に直接問い合わせてくれました。ありがとうございます!)

ヤフオクで購入したのですが、ネット上で見る限りとても状態のいいものでした。説明にも状態が良いと書いてあるし。しかし、届いてみたらなんと幕板(脚と脚をつなぐ部材)などの接合部が抜けていて、グラグラだったんですね。椅子としては機能しない。。。完全に「やられた!」と思いました。世の中には本当にあくどい業者がいるもんですね。

ということで、ひと夏その状態で飾りとしてサロンにおいていましたが、いい加減座れるようにしなきゃと思い、リペアを行いました。

リペア前の写真がないのでどんな状態だったかお見せできないのが残念です。

いざりペア

まずは分解

オールドマルニ マルニ木工 リペア ヴィンテージ 70年代 カトレア No.4042

まずは、パーツごとに分解していきます。

修理が必要なくらいの古いものは、接着剤も劣化しているので、丁寧に慎重にたたけば接合部が少しずつ外れます。やはりダボで組んでありますね。大手の量産ものはこのようにダボ組のものが多いです。

過去の修復の跡?

オールドマルニ マルニ木工 リペア ヴィンテージ 70年代 カトレア No.4042

そして外れた接合部を見てみると劣化した接着剤がカチコチになっていました。結構分厚く残っているので、たぶん緩んで抜けていたところに、当時の所有者かリペア業者が接着剤を隙間に流し込んでいたんじゃないかなぁと思われます。

オールドマルニ マルニ木工 リペア ヴィンテージ 70年代 カトレア No.4042

しかも残念だったのは、ただ隙間を埋めるためにパテで埋めて、表面を茶色に着色してあった部分です(写真の白い部分がパテ)。こういうの見るとすごく残念に思います。椅子は人の体を支えるもので相当な力が各部材、そして接合部にかかります。しっかり接合部ががちっとかみ合っていないとその力を受けれません。隙間をパテで埋めても問題を見えなくしているだけなんで、緩んだ接合部の解決にはなっていません。

組み合わさる部分をきれいに

外れたパーツは、部材が組み合わさる部分に残っている接着剤をきれいに落とします。切り出し小刀や鑿などで表面の接着剤を削り落として木部を出していくんですね。接着剤が残ったまま再びくっつけても意味がありません。

そしてきれいになった接合部の木部表面に傷をつけていきます。これは、新しく塗布する接着剤がよりくっつきやすくするためです。ダボは新品に変えるといいのですが、手持ちがなかったので、同じように傷をたくさんつけ接着剤が浸透しやすくしました。

再度、組み上げる

オールドマルニ マルニ木工 リペア ヴィンテージ 70年代 カトレア No.4042

すべての接合部をきれいにしたら、再び元の形に戻します。

その時、どのパーツからどのように組み上げて、どのようにクランプをかけるべきか何度もシミュレーションします。(上の写真はシミュレーションの時のもの。本番は当て木などして直接クランプが当たってキズとかにならないようにします)

接着剤はエポキシを使いました。

そして完成

オールドマルニ マルニ木工 リペア ヴィンテージ 70年代 カトレア No.4042

というわけで、3か月ほど放置していた壊れたアームチェアが治りました。

緩んでいた接合部すべてしっかりきれいに接着できました。

よかったよかった。

作られてから45年?!大事にされてきた古い子ども用タンスを修理しました。
先日、我が家のローテーブルの天板を磨きなおしてきれいにしたという記事を書きました。予想外にFacebook等でシェアされて、多くの人に読んでいただけました。ありがと...
我が家のローテーブルを磨きなおして、新品同様のピカピカ状態にしました。
我が家のリビングルームで使っているのはSLローテーブルです。今から6年近くに制作したものです。このテーブルの上で、ご飯を食べ、勉強をして、遊んで。いつも、我が家...
Pocket
LINEで送る

2017-09-13 | Posted in つくるNo Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^