家具職人になる 日記

異端児 or 問題児

2009年6月25日


来週火曜日が出社最後ということで、
ただいますさまじい送別会ラッシュです。。。
職場、他部署、同期などなどたくさんの人たちが
送別会を開いてくれて、大変幸せ者です。
さて、昨日は室の送別会でした。
この部署のこの室に配属され、ずっとやってきましたが、
かつての室長も来てくださり、
改めて普段かかわりのない方と話せる機会だったので、
ほんと楽しかったです。
その中で多く出た僕の印象が、
異端児や問題児というもの。
別に僕はそれで全く悪い気はしません、というよりは
むしろ歓迎します、そう思ってくれてありがとうございます、
と言いたいです。
あるマネージャーのかたは、異端児は異端児と認識してこそ実力を発揮できる
とおっしゃっていました。
では、僕、これからがんばります!
とにかく、仕事できないくせにいろいろルール破ったり、失言したり、
そりゃまぁ、優等生では決してなかったですが、
それはそれで勉強させてもらいましたし、いい経験です。
ただ、最後に元室長からは、
これからは師弟関係のある厳しい世界にいくということで、
とにかく言葉遣いには気をつけろ、とお言葉をいただきました。
たしかに、これだけは最低でも気をつけたいと思います。
もちろん学ばせていただくという気持ちを忘れずに。。。。
さぁ、ラスト数日。
いまだに残業の日々です。。。

おすすめ関連記事

-家具職人になる, 日記

Copyright© Simplife+ , 2021 All Rights Reserved.