日記

三陸ボランティアダイバーズ 理事 早乙女くんを交えて

2012年2月19日

三陸ボランティアダイバーズ

森から海へのエールという活動を通じて、
たくさんの人と出会い、学び、日々トラブルと遭遇しながらも、
なんとかやってきております。

この週末、東京からはるばる岐阜まで
この活動の寄付先となる三陸ボランティアダイバーズの理事の早乙女くんが
奥さんを連れてやってきてくれました。
東北の実情や三陸ボランティアダイバーズの現在の活動など
現地の生の声を僕らのメンバーに共有するために。

震災直後から現地で活動をつづけていないとわからないことや
漁師さんの生の声、表に出てこない様々な問題などたくさんのことを
ビデオやたくさんの写真と解説で教えてもらいました。

また普段流通に乗らない、とれたての三陸の生ワカメを直送してもらい、
みんなでワカメしゃぶしゃぶをいただきました。これまた絶品。

日曜日は、東京生まれ東京育ちの早乙女夫妻のモーニング初体験にご一緒し、
それから、うちの工房でのフォトフレーム製作現場を見学してもらいました。
僕らが一つ一つの工程を説明し、作業を見てもらい、
安物とは違う、本物の作りを実感してもらえたと思います。

この2日間を通して、
頭の中も、お腹の中も、心の中も、東北への思いでいっぱいになりました。
森から海へのエールとは名ばかりに、
お互いにエールを送り合っている今回のプロジェクト。
現地に思いが届くその日まで、頑張りたいと思います。

今回の交流会、三陸ボランティアダイバーズのブログでも紹介されました。

おすすめ関連記事

-日記

Copyright© Simplife+ , 2021 All Rights Reserved.