写真

即写性バツグン!街でも登山でも常にカメラを身に着け、写真を撮りたい人のためのカメラストラップ→Diagnl Ninja Strap

投稿日:2014年2月28日 更新日:

Diagnl Ninja Camera Strap

日々の生活の中、シャッターチャンスはあふれています。いつもの通勤路や散歩道や公共交通機関での移動中。子どもと遊びにいった公園での一コマ。しかし、シャッターチャンスはいくらでもあるのですが、それらは不意に訪れたりするものです。あっと思い、カメラの準備をしようとしたら、もうその一瞬は過去のものになっているのです。

また、登山が好きで、山で写真をとる人。それが僕なんですが、バッグの中にカメラを入れておくと、いざという時にいちいちバッグをおろし、カメラを取り出して、写真を撮るってことになります。が、そんなこといちいちやってられません。いい景色、いい風景があればすぐにパシャパシャ撮りたいのです!それが山で写真をとる人の心というものです。




常にカメラを身に付けていたい。

そう思っていても、一眼レフカメラを持ち歩くのは大変です。ストラップで首からぶら下げていると、ぶらーんぶらーんとなって、みっともない。登山中は、そもそも危険!付属のストラップをつけているときは、ぶらーんぶらーんなるので、常に左手でカメラ本体を持っている状態でした。岩場なんかほんと大変です。カメラが岩にあたるか、自分の体を犠牲にしてでもカメラを死守するか。

一時期、やっぱり移動中はカメラはバッグの中に入れるべきなんじゃないかと考え、ザックの中にしまっていましたが、撮影枚数が激減。あのすばらしい景色も、あのすばらしいブナ林も、あのきれいな花も、いちいちザックからカメラを出すのが面倒だ、ということであきらめてしまったのです。

登山時にカメラをどう持ち歩くか、これはカメラを愛する登山家にとっても不変の課題です。

Ninja Strapならぶらーんぶらーんせず、スマートに体に密着!

悩みに悩み、探しに探した末にたどり着いた一つのアイテム。それがDiagnlのNinja Strap(ニンジャストラップ)です。ニンジャという言葉がスマートさを損なっている感じはしますが(外国の人にはうけがいいのかな?)、常にすぐ撮れる状態にしておきたい&ぶらーんぶらーんさせたくないという2大悩みを見事に解決してくれます。これは絶対おすすめです!

まずは公式ムービーをご覧ください。

普段はストラップをキュッと締め上げておけば、カメラは体に密着しています。ぶらーぶらーんはしません。歩いていても、走っていても、自転車乗っていても、登山中でも大丈夫。ストラップの締め上げ具合で、体の密着度も変えられます。もちろんギュッと締め上げると体が締め付けられて動きづらくなるので、程よいしめ加減がいいと思います。

シュッ サッ カシャッ でスマート撮影

Diagnl Ninja Camera Strap

で、いざシャッターチャンスが来たら、Dの形をしたリングをシュッと引っ張ると、締め上げがサッとゆるみ、カメラがぶらーんとした状態に。そして自由な撮影が可能になります。シュッサッぶらーんカシャッ。たぶん、僕このオフィシャルムービーの人よりもたつきなくスマートに扱えます。その際は、左手でレンズ部分を保持して右手でDリングをシュッと引っ張ると、すぐに撮影可能状態に入れます。つまり、サッとゆるむと同時に撮影態勢に入れるので、シュッサッカシャッというスムーズな撮影が可能なのです。

このNinja Strapは斜め掛けです。なので、ザックを背負ってから身に着けることはできませんので、背負う前に、ストラップを斜め掛けします。歩行中も違和感なく動けます。ザックからの出し入れがなくなり本当に快適になり、また写真の撮影枚数も増えました。

登山しない人にもオススメです!

このストラップを使い始めてカメラの携帯が非常に楽になりました。常に持ち歩いているので、父ちゃん撮って~という子供のリクエストにもこたえられます。街中だったり、旅行中だったり、カメラに付属のストラップでは、”いかにも”旅行者という雰囲気。最近はおしゃれなストラップが増えてきて、いろんなタイプがありますが、さまざまなカラーバリエーションで、かつスマートに持ち運べるというものはこのストラップのほかはないでしょう。普段使いでも登山でも使える。つまり、登山だから、といって付け替える必要がないんですね。

2年ほど使い、モノが悪くなるってのもありません。非常にいい作りしてます。

一眼レフユーザーはぜひおすすめしたいストラップです。特に登山する人はマストではないでしょうか。

より使い勝手をよくするために!
Diagnl Ninja Strap(ニンジャストラップ)を使うなら、ぜひ一緒に組み合わせてほしいのがこれです。レンズが横を向いてしまう現象を解決できます!
一眼レフ カメラストラップ 斜めがけするならニンジャストラップとハクバ グリップストラップの組み合わせがオススメです。

写真 日記

2014/2/4

写真をフォトフレームに入れて壁に飾る

みなさん、写真撮ってますか? たぶんほとんどの人がはーい、と返事しますよね。スマホが急速に普及して、世界で一番使われている"カメラ"はiPhoneだといわれています。そして、今、1日に5億枚もの写真がソーシャルメディアにアップされているといわれています。5億枚といわれてもピンときませんが(笑)デバイスの進化、通信インフラ技術の向上、SNSサービスの成熟によってもたらされた「共有」という新しい写真の楽しみ方。たぶん、4,5年前の生活を思い返せば、ガラリと普段やっていることが変わったと改めて気づく人も多いので ...

続きを読む

写真

2014/2/28

即写性バツグン!街でも登山でも常にカメラを身に着け、写真を撮りたい人のためのカメラストラップ→Diagnl Ninja Strap

日々の生活の中、シャッターチャンスはあふれています。いつもの通勤路や散歩道や公共交通機関での移動中。子どもと遊びにいった公園での一コマ。しかし、シャッターチャンスはいくらでもあるのですが、それらは不意に訪れたりするものです。あっと思い、カメラの準備をしようとしたら、もうその一瞬は過去のものになっているのです。 また、登山が好きで、山で写真をとる人。それが僕なんですが、バッグの中にカメラを入れておくと、いざという時にいちいちバッグをおろし、カメラを取り出して、写真を撮るってことになります。が、そんなこといち ...

続きを読む

Lightroom 5

写真

2014/8/20

一眼レフ 初心者のための「写真・カメラを始めるなら」のはなし:STEP4 現像処理して出来上がる感動写真~ Lightroomのススメ~

こんにちは。 さて、一眼レフ 初心者さんのための「写真を始めるなら」のはなし、ということでSTEP1から続けてきましたが、ついに最終章 STEP4です。 STEP4は、写真の現像です。 STEP1 失敗しないカメラ選び STEP2 写真はレンズで決まる STEP3 これさえ押さえておけば大丈夫!基本の基本の撮影テクニック STEP4 撮ったら終わりじゃないよ!現像処理をして出来上がる感動写真~ Lightroomのススメ~(←今はココ) 番外編:難しいルールはいらない!我が家のアルバム作成のたった5つの簡 ...

続きを読む

写真

2014/8/16

一眼レフ 初心者のための「写真・カメラを始めるなら」のはなし:STEP2 写真はレンズで決まる。

こんにちは。 これから写真をはじめたい、という一眼レフ 初心者さんのために贈る、Simplife+の「写真をはじめるなら」のはなし、です。STEP1では、失敗しないカメラ選びということで、購入する際のポイントやオススメのカメラを紹介しました。今回は、レンズについてのお話です。 STEP1 失敗しないカメラ選び STEP2 写真はレンズで決まる (←今はココ) STEP3 これさえ押さえておけば大丈夫!基本の基本の撮影テクニック STEP4 撮ったら終わりじゃないよ!現像処理をして出来上がる感動写真 番外編 ...

続きを読む

つくる 写真 日記

2014/4/20

写真館がピクニック?! PICNIC写真館に参加してきました。

もうあれから1週間。PICNIC写真館に参加させてもらってすごく楽しく気持ちいい時間を過ごさせてもらったのに、そのあとがどどーっと仕事でゆっくり時間をとって振り返ることができませんでした。 4月12日、13日の土日で駒沢オリンピック公園で開催された東京のフォトスタジオ OneLifeのイベント「PICNIC写真館」。所属するフォトグラファーさんと友達だったこともあり、また東北支援活動「森から海へのエール」を通して過去何度かそのフォトグラファーさんと一緒に活動したりと、何かと縁があり、今回のイベントに参加し ...

続きを読む

写真

2016/7/21

ついにマクロレンズを買いました! マクロ撮影が楽しい!TAMRON 単焦点マクロレンズ SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

これまで50mm単焦点レンズ、28mm~300mm高倍率ズームレンズ、12mm~24mm広角レンズの3本を所有し、写真撮影をしてきましたが、まだ踏み入れていない領域がありました。それが「マクロ」です。実は僕が使っている「TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO A20E」はその商品名にMACROとつくだけあって、結構接写ができるんです。300mmのズーム域でそこそこきれいにアップで撮影できることもあり、マクロレンズが必須という ...

続きを読む

-写真,

Copyright© Simplife+ , 2018 All Rights Reserved.