写真

即写性バツグン!街でも登山でも常にカメラを身に着け、写真を撮りたい人のためのカメラストラップ→Diagnl Ninja Strap

投稿日:2014年2月28日 更新日:

Diagnl Ninja Camera Strap

日々の生活の中、シャッターチャンスはあふれています。いつもの通勤路や散歩道や公共交通機関での移動中。子どもと遊びにいった公園での一コマ。しかし、シャッターチャンスはいくらでもあるのですが、それらは不意に訪れたりするものです。あっと思い、カメラの準備をしようとしたら、もうその一瞬は過去のものになっているのです。

また、登山が好きで、山で写真をとる人。それが僕なんですが、バッグの中にカメラを入れておくと、いざという時にいちいちバッグをおろし、カメラを取り出して、写真を撮るってことになります。が、そんなこといちいちやってられません。いい景色、いい風景があればすぐにパシャパシャ撮りたいのです!それが山で写真をとる人の心というものです。




常にカメラを身に付けていたい。

そう思っていても、一眼レフカメラを持ち歩くのは大変です。ストラップで首からぶら下げていると、ぶらーんぶらーんとなって、みっともない。登山中は、そもそも危険!付属のストラップをつけているときは、ぶらーんぶらーんなるので、常に左手でカメラ本体を持っている状態でした。岩場なんかほんと大変です。カメラが岩にあたるか、自分の体を犠牲にしてでもカメラを死守するか。

一時期、やっぱり移動中はカメラはバッグの中に入れるべきなんじゃないかと考え、ザックの中にしまっていましたが、撮影枚数が激減。あのすばらしい景色も、あのすばらしいブナ林も、あのきれいな花も、いちいちザックからカメラを出すのが面倒だ、ということであきらめてしまったのです。

登山時にカメラをどう持ち歩くか、これはカメラを愛する登山家にとっても不変の課題です。

Ninja Strapならぶらーんぶらーんせず、スマートに体に密着!

悩みに悩み、探しに探した末にたどり着いた一つのアイテム。それがDiagnlのNinja Strap(ニンジャストラップ)です。ニンジャという言葉がスマートさを損なっている感じはしますが(外国の人にはうけがいいのかな?)、常にすぐ撮れる状態にしておきたい&ぶらーんぶらーんさせたくないという2大悩みを見事に解決してくれます。これは絶対おすすめです!

まずは公式ムービーをご覧ください。

普段はストラップをキュッと締め上げておけば、カメラは体に密着しています。ぶらーぶらーんはしません。歩いていても、走っていても、自転車乗っていても、登山中でも大丈夫。ストラップの締め上げ具合で、体の密着度も変えられます。もちろんギュッと締め上げると体が締め付けられて動きづらくなるので、程よいしめ加減がいいと思います。

シュッ サッ カシャッ でスマート撮影

Diagnl Ninja Camera Strap

で、いざシャッターチャンスが来たら、Dの形をしたリングをシュッと引っ張ると、締め上げがサッとゆるみ、カメラがぶらーんとした状態に。そして自由な撮影が可能になります。シュッサッぶらーんカシャッ。たぶん、僕このオフィシャルムービーの人よりもたつきなくスマートに扱えます。その際は、左手でレンズ部分を保持して右手でDリングをシュッと引っ張ると、すぐに撮影可能状態に入れます。つまり、サッとゆるむと同時に撮影態勢に入れるので、シュッサッカシャッというスムーズな撮影が可能なのです。

このNinja Strapは斜め掛けです。なので、ザックを背負ってから身に着けることはできませんので、背負う前に、ストラップを斜め掛けします。歩行中も違和感なく動けます。ザックからの出し入れがなくなり本当に快適になり、また写真の撮影枚数も増えました。

登山しない人にもオススメです!

このストラップを使い始めてカメラの携帯が非常に楽になりました。常に持ち歩いているので、父ちゃん撮って~という子供のリクエストにもこたえられます。街中だったり、旅行中だったり、カメラに付属のストラップでは、”いかにも”旅行者という雰囲気。最近はおしゃれなストラップが増えてきて、いろんなタイプがありますが、さまざまなカラーバリエーションで、かつスマートに持ち運べるというものはこのストラップのほかはないでしょう。普段使いでも登山でも使える。つまり、登山だから、といって付け替える必要がないんですね。

2年ほど使い、モノが悪くなるってのもありません。非常にいい作りしてます。

一眼レフユーザーはぜひおすすめしたいストラップです。特に登山する人はマストではないでしょうか。

より使い勝手をよくするために!
Diagnl Ninja Strap(ニンジャストラップ)を使うなら、ぜひ一緒に組み合わせてほしいのがこれです。レンズが横を向いてしまう現象を解決できます!
一眼レフ カメラストラップ 斜めがけするならニンジャストラップとハクバ グリップストラップの組み合わせがオススメです。

写真

2015/5/9

子どもがカメラを高い場所から落としてしまった!ってときにプロテクターとしてつけているレンズフィルターが守ってくれました。

先日、一眼レフカメラをカウンターの上に置き、その場を離れていました。 その後、ガーン!っという大きな音がして、嫁が晄汰がカメラを落とした!といってきました。 最悪だー! どうやら、ストラップ部分がカウンタから垂れ下がっていて、それを引っ張ったようです。 よくよくカメラを見てみると、本体部分ではなくレンズの先から落ちたようで、レンズにプロテクターとして着けていたレンズフィルターの淵がぐにゃりと曲がっていました。テスト撮影をしてみましたが、カメラの機能としてはどこもおかしくないですし、装着していた望遠レンズも ...

続きを読む

写真

2014/8/15

一眼レフ 初心者のための「写真・カメラを始めるなら」のはなし:STEP1 失敗しないカメラ選び

こんにちは。ワダケンジ(@simplife_plus)です。 僕、写真はこだわってます。 ここのブログに載せる写真は全て自分で撮ります。98%一眼レフで2%はスマホです。とにかく、今のこの時を少しでも残すために日々カメラ片手に家族を追っかけてます(笑)。そしてもちろんブログに載せることも念頭に置いているので、少しでもいい写真をとるために日夜勉強しております。 そうですそうです。写真には非常にこだわっているのです。 そんなこともあってか最近、「カメラを買おうと思っているんだけどどれを買えばいいですか?」って ...

続きを読む

写真

2015/5/13

発表会、運動会、家族旅行、子育て世代におススメなカメラレンズは高倍率ズームレンズです。

日常の様々なシーンを想定するとそれに合ったレンズをそろえたくなります。しかし、いざどこかに出かけようとすると、その様々なシーンを想定して何本ものレンズを持っていく、というのは考え物です。特に子連れの旅行などでは、子どもの荷物でいっぱいいっぱい、できる限り自分たちの荷物は減らし身軽で行きたいもの。レンズを何本も持っていこうものならその重さゆえにひーこらひーこらいう羽目に。 そんなことを考えていると、ではいろんなシーンにも対応できる究極の1本が欲しくなるもの。 そこでおススメなのが高倍率ズームレンズです。僕が ...

続きを読む

つくる 写真 日記

2013/1/17

僕と写真と仕事

高校生の時にカメラというものを手にした時から、いい記憶をいい形で残したいと、自分の感性に従いたくさんの写真を撮って来ました。大学3年に写真のクラスで初めて一眼レフを買い、暗室にこもってフィルムの現像やプリントをしながら写真の面白さにのめり込みました。 それから10年。フィルムの一眼レフからデジタル一眼レフになりましたが、より一層写真を撮ることが楽しくなりました。 プロの写真家ではありませんが、今の仕事でもこの経験は生かされています。 僕が繰り返し読む本に、天職の定義が書いてあります。好きなこと、得意なこと ...

続きを読む

写真

2016/5/6

肖像写真

肖像写真を撮っていただきました。 場所は自宅工房。 どしっと腰を下ろし、まっすぐカメラをみて、レンズの奥にある何かをとらえようとしています。 これまでのバックグラウンドを、そしてこれからの未来を、僕のすべてを映し出した一枚だと思います。   カメラマン 渡邊さやか http://sayaka-watanabe.com/ 価値観がこんなにがっちりかみ合う人もめずらしいくらい、彼女とはすごく合います。 これまで何度もイベントを共にし、 何度も飲み語らい、 写真について、仕事について、生き方について言 ...

続きを読む

写真

2014/12/21

一眼レフカメラ用ショルダータイプの カメラバッグ ダントツのおすすめ:TENBA DNA13のすごいところBEST5

プロでもアマでもカメラをやる人には常に悩みがあります。大事な大事なカメラやレンズをいかにして持ち運ぶか。そして、理想的なカメラバッグを求めて迷走することになるのです。 今回は、ショルダータイプ(メッセンジャータイプ)でダントツおすすめのTENBA DNA13を徹底的に紹介します。 バックパック(リュック)タイプの一眼レフ用 カメラバッグ はIncase DSLR Pro Packがダントツのおすすめ! - Simplife+バックパックタイプならこっちが一押しです。 目次1 普段使いでもナチュラル、でもカ ...

続きを読む

-写真,

Copyright© Simplife+ , 2018 All Rights Reserved.