木工 木工旋盤

大阪で木工旋盤といえば!NAKAJIMA WOODTURNING STUDIOで1泊2日で木工旋盤のマンツーマンレッスンを受けてきました。

2015年2月20日

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

2015年2月15日、16日の2日間、大阪八尾市にあるNAKAJIMA WOODTRNING STUDIOで木工旋盤のマンツーマンレッスンを受けてきました。(2017年に松原市へ移転しています。)

西日本では初の本格木工旋盤教室

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIOはなんと僕と同い年の中島信太朗さんが運営している木工旋盤専門の教室です。大阪八尾市の交通量の多い国道沿いにあり、スタジオ自体はパチンコやネットカフェなどが入るエンターテイメント施設の1階にあります。

木工旋盤教室は日本ではまだまだ少なくて、本業としてやられているのは中島さん含めて2名ほど。まだまだこれから広まっていく余地があると思います。で、そのもう一つのほうは埼玉県にあるため、遠くてなかなか習いに行こうという気になれませんでした。1年半前に中島さんが大阪で教室を始められ、大阪なら近いし、よし、これは機会を見つけていってみよう、と思っていたのです。

↓ちなみに東海エリア初の本格木工旋盤教室はツバキラボ↓

1泊2日のマンツーマンレッスンを申し込みました

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

HPを見ると、数時間で気軽にできるコースから数日間かけてがっつりやるコースまでいろいろ対応できますって書いてあります。その中で「短期集中カリキュラム 2DAYSコース」を申し込むことにしました。

僕が木工旋盤のスキルアップを望む理由としては、なんといっても教えなければいけないから。学校の授業で木工旋盤を担当しているので独学での限界を超えたいからでした。そのため、事前に教えていただきたいことをメールで伝え、2日間その内容に沿って指導いただくことにしました。

ハイエンド機種が並ぶ夢の木工旋盤教室

スタジオの中は、ギャラリーショップスペースとカウンターバーのような空間と奥の工房といった3つの空間に分かれていました。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

奥の工房には、ウェブでしか見たことのないハイエンドのROBUSTのAmerican Beauty、最近周りでも所有者が増えているPOWERMATICなどの大型の木工旋盤がドンドンドンと並んでいました。僕も持っている卓上旋盤のDELTA460もちょこんとありました。ちなみに、買うならどれがオススメか聞くと、機能的にはAmerican Beautyだが1台100万なので、断然コスパがいいPOWERMATICだとおっしゃってました。40万でこのスペックであれば文句なしとのこと。フムフム。

工房は集塵用の配管がしっかり1台ごとにしてあって、サンディングの粉が工房中に舞い上がることはありません。また、ペレットストーブがあり工房内はあったかいのです。しかもこのペレットストーブで使うペレットは工房で出る切り屑を自分でペレットに加工し使っているとのことでエコです。ペレット製造マシーンは調子悪いらしいですが。

初日からみっちり、でも時にゆるく

さて、初日工房につくと奥で旋盤作業をしていた中島さん。僕が来たことに気付くと、ささっとコーヒーを出してくれ、カウンターでちょっと雑談というスロースタートでした。その中でどういったことを教わりたいか再確認したうえで、じゃあ始めますか、と工房へ移動しました。

僕が習いたかったことは大きく分けて4つ。
1.高さのあるコップのような筒状の成形
2.ボール形状の上手な成形の仕方
3.平面に近いお皿の成形の仕方
4.各刃物の研ぎ

初日は、コップ形状のものから始めました。枝を円形にして、そこから筒状の掘り込みをしていきます。何気ないことでも見たことのない道具だったり動作で作業をするのでその都度質問しながら進めていきました。限られた設備の中でやっているのとは違い、こういう専門の教室は最先端の技術、道具があるので非常に勉強になります。

無事筒状の成形が終わるころにはすでにお昼!あっという間の時間でした。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

ランチは、有名とんかつ屋さんがあるということで、その弁当買ってきてくれ、いただきました。おしゃれなカウンターで中島さんとアシスタントの井上さんの3人でとんかつを食らうというギャップが面白かったです。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

さて午後は、ボウルを挽くことになりました。その場でチェンソーを使って丸太から木材を切り出す中島さん。ワイルドです。そして、その木を旋盤にとりつけます。さすが3馬力のAmerican Beautyです。大きくてごつごつなやつでも安定して回せます。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

で、そのごつごつから削っていったのですが、思い通りの形状に削れません。刃物が安定しないのです。中島さんは的確に悪い癖を見抜きました。刃物を動かす際、左右の手の動きにバランスが取れていないんだそうです。そのため、ずっとずっとそれを練習することになりました。

ひたすら削る。何度も何度も左右の手のバランスを意識しながら。結果、大きかった木はあっという間にちっちゃくなっちゃいました!

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

でもですね、やっぱりやるもんですね。自分の癖が何なのか、どう意識すればいいのかやっているとわかってきて、最終的にはその悪い癖を克服することができました。ひたすら削る僕に、ひたすら刃物を研ぎなおしてくれた中島さん、非常にありがたいです。木工旋盤で刃物の研ぎはすごく重要とわかってはいるものの、研ぎたての刃物がここまで切れ味が良いことを実体験として再認識できたことはよかったです。

初日は、こんなところで終わりました。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

宿泊施設がある!素晴らしい!

こういう日をまたいだレッスンで気になるのは宿泊です。でもNAKAJIMA WOODTRNING STUDIOは宿泊できる部屋があるんです!これは素晴らしい。1泊2500円。寝れる場所があるってとてもいいことです。部屋、トイレ、お風呂など清潔でした。何よりうれしかったのが、寒くなかったこと。

ちなみに、同じ建物内にCOCO壱番屋、ラーメン屋、ネットカフェがあり、向かいには吉野家やレストランがあり、さらにコンビニも近いので食に困ることはありません。僕は中島さんにベトナム料理屋に連れて行ってもらいました。

2日目はボウルターニングのリベンジとお皿、そして研ぎ

さて、初日で作れなかった大きなボウル。2日目にリベンジしましたが、前日の特訓のおかげで非常にスムーズに作ることができました。体に染みついていました。特訓あるのみということですね。

そして、薄いお皿の成形に挑みました。薄いものを挽くときに必ずぶち当たる壁が波模様らしくて、僕も今回相当悩まされました。ちょっとしたことで刃物が振動し、進むにつれて大きくなり、波模様を作っていきます。その振動をいかに抑えるか、その方法をアドバイスいただきながら短時間でこの難題もクリアすることができました。

そして1日の最後に研ぎについて教えてもらい、2日間のレッスンが終わりました。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

難しい技術はあるといっても、結局立ち返ったのは基本です。つまり基礎をしっかりマスターすることが次のステップへの入り口になり、上達への一歩なんだと、ひしひし思いました。今回教わったことを確実に身に着けれるよう日々努力したいと思いました。

2日間みっちり旋盤に向き合って、次につながる確かな実感がありました。中島さん、ありがとうございました!

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO
info@nakajimawoodturningstudio.com
072-926-7082
(10:00〜18:00 火・水曜定休)

木工旋盤の専門メディア「ターニング トーク」を作りました!

国内で若い世代からシルバー世代まで愛好家が増えている木工旋盤ですが、日本で木工旋盤を紹介する専門メディア(ウェブサイト)がありませんでした。ですので、作りました!この記事を読んでいただくのももちろんいいですが、ぜひ専門メディア「ターニング トーク」をチェックしてみてください。初心者にとって必要な情報から、道具や技術上達に参考になる情報、海外の最新情報などを紹介していきます。

DIY 木工旋盤

2020/4/13

ウッドターニング(木工旋盤)で木の鉢カバーを作ってみました。

今年は本腰入れてウッドターニング(木工旋盤)に取り組んでいます。 さて先日福井県鯖江市に視察に行った際、ろくろ舎の酒井さんを訪ねました。同世代の和ろくろの木地師さんですが、オリジナルとしてTimber Potを製作されています(ぜひリンクをクリックしてみて見てください)。最近のグリーンブームを受けて、いろんなところで取り上げられているのですが、これがまた今の時代にマッチしていてとても良い。工房の向かいの製材屋に転がっている杉を活かしたいというところから、商品化につなげていったそうですが、その考えに共感でき ...

続きを読む

DIY 木工旋盤

2020/4/13

木の器って自分でつくれますよ。やってみればできるんです。

みなさん、木の器ってすきですか? 木製の食器といえば、お味噌汁とか入れるような汁椀なら持っている方も多いかと思います。でもそれ以外ではどうでしょうか?パン皿やカレー皿やもっとおおきなサラダボウルとか。 我が家はもちろん陶器のものも使ってますが、圧倒的に木の器のほうが多いです。自分でつくれるから。木工旋盤という機械があって、その技術をもっているので自分でお皿でもお椀でもボウルでもコップでも作れます。 じゃあ、これって特別な技術かっていえば、僕だって前はできなかったけど、練習してできるようになりました。そう、 ...

続きを読む

DIY 日本 木工 木工旋盤

2020/4/13

大阪で木工旋盤といえば!移転して装い新たにリニューアルしたナカジマ・ウッドターニング・スタジオのオープニングに行ってきました。

昨年2月に木工旋盤技術向上のために2日間のレッスンを受けた大阪の木工旋盤教室Nakajima Woodturning Studioは昨年夏から移転のため休業していました。その木工旋盤教室がこの3月13日に移転して装い新たにリニューアルオープンしましたので、そのオープニングに行ってきました。 大阪府八尾市にあったスタジオは隣の松原市に移転しました。アミューズメント施設の一角にあったスタジオですが、今回は2階建ての建物で1階が旋盤教室、2階がギャラリーのようになるようです。 教室になる1階には相変わらずハイエ ...

続きを読む

DIY 木工旋盤

2019/1/19

大阪なんばのDIY FACTORY OSAKAでペンターニングワークショップに参加してきました。

先日大阪なんばのDIY Factory Osaka(通称 DFO)にて定期開催されているペンターニングのワークショップに参加してきました。なんだかんだで昨年4月にDFOがオープンしてからというもの3か月に一度ぐらい行っています。 これまでのDFO記事 大阪なんばにできたDIY FACTORY OSAKAに行ってきました。 オープンから2か月のDIY FACTORY OSAKAに聞いてみた、DIYをやってみたい人にとってDFOはこんなトコ。 さて、今回は仕事でも使う木工旋盤のスキルアップを目的に大阪に行った ...

続きを読む

木工 木工旋盤

2020/4/13

ハイエンドの木工旋盤を扱う静岡県浜松市にある「木工旋盤同好会」に行ってきました。

近年じわじわと人気が出てきている木工旋盤。趣味としても仕事としても取り組む人が増えているように思います。お皿やお椀など暮らしの道具が短時間で出来上がるのが魅力ですね。 僕は、飛騨高山での木工修行時代に木工旋盤に出会い、前職の岐阜県立森林文化アカデミーでは木工旋盤の授業も担当してきました。そして、一般の人でも本格木工ができる木工シェア工房「ツバキラボ」を立ち上げましたが、そこでも木工旋盤に取り組めるようにしています。東海エリアでは、一般の人が木工旋盤を習えるのは「ツバキラボ」が唯一の選択肢になると思っていま ...

続きを読む

家具職人になる 木工 木工旋盤

2020/4/13

はじめて木工旋盤を体験

工房では、日々の商品の製作実習に加え、週1で夜に講座があります。初級は週2で座学と実技があったのですが、中級からは実技だけになりました。 5月は木工旋盤を習いました。 最初は慣れるために、角棒から円柱にし、そこから小さなコマを作るということでしたが、なんとなくスライムを作りました(笑) (↓5/18のブログにのってるやつ) そこで、先週からお皿を作ったりしはじめましたが、やっぱりそう簡単にはいきませんよね。刃物の角度、当てかた、刃物の動かし方、一つ違うだけで汚くなったり、下手すれば、ガッと刃先を持っていか ...

続きを読む

おすすめ関連記事

-木工, 木工旋盤
-,

Copyright© Simplife+ , 2020 All Rights Reserved.