写真

ボケ味最高!やっぱりレンズは単焦点!

投稿日:2015年6月14日 更新日:

単焦点レンズ 50mm

先日、子育て世代には高倍率ズームがいいですよ、っていう記事を書きました。どんなシーンでも活躍する”使える一本”なのです。

でも高倍率ズームは使えるレンズなんだけど、いい写真を撮りたいって言ったとき、やっぱりこれは外せないレンズってのがあって、それが「単焦点レンズ」です。一眼レフカメラっていうと、ボケがきれいないい写真が撮れる、というイメージがありますが、ボケがきれいに出るのは、ボケがきれいに出るレンズを使っているからなんです。そのボケがきれいに出るレンズというのが、単焦点レンズなんです。

単焦点レンズは「明るいレンズ」= ボケ味がいい

アルテコ プライマー

単焦点レンズの特徴は、なんといっても「明るいレンズ」ということです。レンズの商品名には必ず、F値という数字が含まれています。F値は、焦点距離を有効口径で割った値なのですが、そんな難しいことはおいておいて、このF値が小さければ小さいほど「明るいレンズ」ということになります。光をたくさん通すレンズなので、薄暗くても、ほかのカメラに比べてシャッタースピードが速く撮影できるといったメリットがあります。

そして、この「明るいレンズ」こそがボケをきれいに写してくれるレンズでもあります。なぜボケるか、という説明は、F値、焦点距離、被写界深度とかいろいろ難しい言葉が出てくるので、そこまで理解する必要はないと思います。とにかく、F値が小さい、明るいレンズを使うことで、背景をぼかした写真が撮れます。

まずは、50mm単焦点。(APS-C機なら35mm)

sIMG_3115-1

単焦点レンズを初めて買う場合、フルサイズ機であれば、50mm単焦点をおススメします。APS-C機の場合は、35mm単焦点になります。50mmという焦点距離は人の目に近いということで、とても自然な写真が撮れます。

キヤノンユーザーであれば、1万円以内で買える「Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II」は気軽にボケが効いた写真が撮れるということで、とても人気があるレンズです。

また、最近上のレンズの進化版が発売されました。少し値段は上がりましたが、それでも安価で小さく軽いレンズなのですごく使えそうです。

こちらはニコン。

ニコン 小型一眼レフ(APS-C機)であれば、このレンズ。

ちなみに、僕はコレ。絶対後悔しませんよ。

そして、僕の持ってるSIGMA 50mmの最新シリーズArtがこちら。めちゃ重いですが、色の深みがすごくて、みためもめちゃかっこいいです。

単焦点レンズはズームできません。

sIMG_6290

単焦点はその名のごとく単一の焦点距離のことをいいます。つまり、ズームがありません。そのため、遠い被写体を撮ろうと思っても、ズームしてアップで撮影できないので、発表会や運動会などでは使いづらいレンズになります。

やっぱり単焦点レンズはいいですよ。

以前書いた通り、高倍率ズームはほんと使いまわしが効くので、ついついそればかりで撮ってしまうのですが、たまに単焦点レンズに変えて、撮影すると、「あぁ、やっぱりいいなぁ」と撮った写真を見るたびに毎回思います。

もし一眼レフカメラを購入したけどまだセットでついていたキットレンズを使い続けているって人は、まずは単焦点デビューすることを声を大にしておススメします

よろしければ、Simplife+的カメラと写真のお話をどうぞ
STEP1 失敗しないカメラ選び
STEP2 写真はレンズで決まる
STEP3 これさえ押さえておけば大丈夫!基本の基本の撮影テクニック
STEP4 撮ったら終わりじゃないよ!現像処理をして出来上がる感動写真~ Lightroomのススメ~
番外編:難しいルールはいらない!我が家のアルバム作成のたった5つの簡単ルール
番外編2:flickrのススメ:撮った写真は、自動でオンラインバックアップ
番外編3:一眼レフ カメラストラップ 斜めがけするならニンジャストラップとハクバ グリップストラップの組み合わせがオススメです。
番外編4:発表会、運動会、家族旅行、子育て世代におススメなカメラレンズは高倍率ズームレンズです。
番外編5:ボケ味最高!やっぱりレンズは単焦点!(←今はココ)
番外編6:一眼レフカメラ用ショルダータイプの カメラバッグ ダントツのおすすめ:TENBA DNA13のすごいところBEST5

写真

2016/5/4

家族写真を撮ること。飾ること。

僕は、以前から家族写真を飾りましょうと呼びかけていますが、先日開催した「森から海へのエールと遊ぶ写真の寺子屋」の撮影会に参加してくださった方から頂いたメールから改めてその思いを強くしました。 いただいたメールの一部が以下のものです。 「写真を飾る」ことには、幸せがつまっていると思います 愛おしい時間を写真にとること その写真からエネルギーをもらって前に進むこと 何より写真を飾る日常を過ごせていられる そうなんです。 スタジオ写真のようにかしこまって撮影してもらうものもありでしょう。 でもほんとに自然体の家 ...

続きを読む

写真

2015/3/12

ありのままの家族の思い出を残す、我が家のアルバム作りのたった5つの簡単ルール

デジカメの低価格化やスマートフォンの普及で日ごろから写真を撮る人が増え、そして手ごろな一眼レフカメラも普及し、写真にこだわりを持つ人が増えてきたと感じるここ数年。さらには、SNSで物理的に遠く離れた人にも見せることができるようになり、写真を楽しむ方法が増えたということも事実。 しかし一方で、撮った写真が増えるにしたがい、どう整理をしていけばいいかわからない、どう残していけばいいかわからない、といった悩みを抱える人が多くいることも事実です。本屋に行けば、写真の整理の仕方だけで何冊も本が出版されています。悩む ...

続きを読む

写真

2016/5/6

肖像写真

肖像写真を撮っていただきました。 場所は自宅工房。 どしっと腰を下ろし、まっすぐカメラをみて、レンズの奥にある何かをとらえようとしています。 これまでのバックグラウンドを、そしてこれからの未来を、僕のすべてを映し出した一枚だと思います。   カメラマン 渡邊さやか http://sayaka-watanabe.com/ 価値観がこんなにがっちりかみ合う人もめずらしいくらい、彼女とはすごく合います。 これまで何度もイベントを共にし、 何度も飲み語らい、 写真について、仕事について、生き方について言 ...

続きを読む

写真

2014/8/16

一眼レフ 初心者のための「写真・カメラを始めるなら」のはなし:STEP2 写真はレンズで決まる。

こんにちは。 これから写真をはじめたい、という一眼レフ 初心者さんのために贈る、Simplife+の「写真をはじめるなら」のはなし、です。STEP1では、失敗しないカメラ選びということで、購入する際のポイントやオススメのカメラを紹介しました。今回は、レンズについてのお話です。 STEP1 失敗しないカメラ選び STEP2 写真はレンズで決まる (←今はココ) STEP3 これさえ押さえておけば大丈夫!基本の基本の撮影テクニック STEP4 撮ったら終わりじゃないよ!現像処理をして出来上がる感動写真 番外編 ...

続きを読む

つくる 写真 日記

2014/4/4

4月12日(土)、13日(日)はPICNIC写真館!!

今週末は冬型気圧配置に逆戻りで寒い日になりそうです。 そうはいっても春は進行中! そして、来週末は「森から海へのエール」として楽しそうなイベントに参加させていただきます。その名も「PICNIC写真館」。この活動を始めた2年前、最初のイベントでコラボさせてもらったフォトグラファーSAYAさん。当初から家族の幸せというテーマで意気投合し、いろいろ協力してもらってきました。そのSAYAさんらが主催するこのイベントは、写真でもっとハッピーになろうよ!!っていうもの。とにかく写真も含め楽しいコンテンツで家族の幸せな ...

続きを読む

写真

2014/2/9

10年前の嫁の写真が出てきました

10年前に撮った「ある写真」をもう一度見たくて、バックアップ専用のHDDを持ちだしてきて、パソコンにつなぎ中のファイルを見ていました。アメリカ留学時代の懐かしい写真がどばーっと出てきて、ついつい見入ってしまいました。同じくHDDにバックアップをとっていた歴代の僕のウェブサイトのデータもあって、ひとつひとつ見ると、あぁ、このデザインではここにこだわったよなぁとか、このFlash作るのに関数わかんなくて四苦八苦したなぁとかいろいろ思い出しました。当時のサイトを見てみても、写真のページを作っていたりしていて、写 ...

続きを読む

-写真
-, ,

Copyright© Simplife+ , 2018 All Rights Reserved.