子育て 家具職人になる 日記

よく頑張ったね!~第一子誕生~

2010年12月10日

出産

大雪に見舞われた12月9日の飛騨高山。
いつも通り工房で仕事をしていると、1時20分ごろヨメから電話が入りました。
破水したとのことでした。

すぐさま家に帰り、事前に用意してあった入院セットを持って病院へ。
破水はとどまることなく、ドボドボに。
すぐに入院となりました。

夕方4時20分ごろから陣痛が始まりました。
ヨメが痛いと言うたびに携帯のストップウォッチで時間を測り、
開始時間と終わった時間を手帳に記入していく僕。
あっという間に夕食の6時の時間をすぎ、
あっという間に9時を過ぎ、
あっという間に11時を過ぎて行きました。

そして日付が変わろうとするころから尋常ない痛み方をするヨメ。
僕が隣にいても、助産師さんばかりに頼るヨメ。
助産師さんがちょっとでも離れようとすると行かないで!と叫ぶヨメ。
男ってほんと非力です。
なにもしてあげれません。

子宮口も全開となり、陣痛の間隔も短くなった1時ごろ、
ついに分娩室へ移ることになりました。

しかし、分娩室へ移ると陣痛が弱くなってしまいました。
陣痛の波も間隔が広がり、ヨメも初めてで上手にいきめなかったりと、
ただただヨメの叫び声が響き渡ります。
僕はそばにいて手を、腕を握って、陣痛が来たときはヨメの上体を支えてあげるだけ。

もう痛いのは嫌だ!もう楽にして!と叫ぶヨメは、
それでも陣痛が来るたびに、一生懸命にいきみます。
もう嫌だって言いながらも、必死にいきんでいました。
母ってすごい。

2時間ほどたったころ、ようやく頭が出てきて、
それをみてヨメも勇気づいたのか、そこからは早かったです。

12月10日、2時57分、3268gの元気な男の子が誕生しました。
ヨメは母となり、僕は父となりました。

ヨメ、よく頑張ったね。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

おすすめ関連記事

-子育て, 家具職人になる, 日記

Copyright© Simplife+ , 2022 All Rights Reserved.