日記

久石譲の音で心を洗い、岡本太郎の言葉を考える

投稿日:2008年7月2日 更新日:

なぜかな
つかれたときは久石譲を聞きたくなる。
たとえばSpringを聞くと、
心が穏やかになる。
あせっている自分をそっと制してくれるような。
ふっと風が吹いて、おやっと立ち止まる。
ふと周りを見ると、きれいな花が咲いている。
そっか、時間は自然と共に流れるんだ
そう思わせてくれる。
仕事でもプライベートでも次から次へと
やらなくちゃいけないことがあって、
それに追われてばかりで、余裕がない日々が多い。
岡本太郎さんのことばで、
「自分らしくある必要はない。
 むしろ”人間らしく”生きる道を考えて欲しい」
という言葉がある。
人によって解釈はいろいろあるかもしれないけど、
自分らしくいきたいとかそういうことを考える前に、
人間らしく、うれしいときに喜びを、
むかつくときに、怒りを
悲しいときに、哀しみを、
楽しいときに、楽しさを
そのときそのときの時間を大事に生きることが、
まず幸せであることだと。
その上で、自分の生きる道を考えたとき、
おのずと、その喜怒哀楽のなかから進むべき道が見えてくるのだと、
そういうことなんじゃないかなと、僕は思った。
この言葉と久石譲を組み合わせて、
いろいろ考えると、みえなかったものが
みえてくるような気がします。

おすすめ関連記事

-日記

Copyright© Simplife+ , 2019 All Rights Reserved.