日記

間伐材

2012年2月25日

広葉樹の間伐材

森から海へのエールのフォトフレームに
一部、岐阜県の間伐材を使います。

これは、岐阜県立森林文化アカデミーの山口先生から頂いた材料です。
山口先生は、全国的にも珍しい広葉樹の間伐を進めています。
何十年後かに日本で径の大きな広葉樹がまたとれるように。
山口先生は、岐阜県の白鳥の山をフィールドに広葉樹の間伐活動を進めています。

そして、このナラの間伐材。
実は2009年の森林たくみ塾と森林文化アカデミーの合同森林実習で間伐した材料なのです。
その森林実習には、僕も参加しており、当時のブログにも記事があります。
僕たちが間伐を行った日ではないにしろ、その前日あたりに切り倒したものだそうで、
いずれにせよ、自分が関わった森林実習の活動の中で切り出された材料。

それが巡り巡って再び自分のもとへやってきて、
フォトフレームを作り、それを通して東北へエールを届けることになります。
樹として立っていた場所を僕は知っています。
トレーサビリティというわけではありませんが、
元をたどれる、そして行く先へつなげる。
そんな仕事ができて、とても幸せものだと思うのでした。

おすすめ関連記事

-日記

Copyright© Simplife+ , 2021 All Rights Reserved.