家具職人になる 日記

素直であること

2010年10月14日

牧歌の里

人は素直でなければいけない。
たぶん、小さい時から大人たちに言われ続け、
大きくなってからも自分自身に言い聞かせ続けながら、
日々過ごしている人も多いと思います。

でも、時にプライドが邪魔したり、
少し背伸びしたくなったりして、
常に素直でいることが難しく感じられます。

10月から新しく来たスタッフさんは、
当工房を卒業してから下積み時代を経て職人として生きてきた方。
以前から工房にちょくちょく来られていたので、顔なじみで、
しかも塾生みんなが尊敬している方です。
そのスタッフさんとミーティングした際に、
「学ぶ側は常に素直でなければいけない」
という話がありました。

素直でいれば、本当に多くのことを学ぶことができる。
思いこみや、決めつけで行動すると学びを放棄していることになり、
伸びるチャンスを自ら捨てているようなもの。

僕自身も素直になれないときもあります。
でもやっぱり、もったいない。
もっともっと多くのことを学びたい。
もっともっといろんなことにチャレンジしたい。

改めて、素直にいこう、と決めたのでした。

おすすめ関連記事

-家具職人になる, 日記

Copyright© Simplife+ , 2020 All Rights Reserved.