日記

環境ってなんだろ?リサイクルってなんだろ?

2008年1月12日

ちょっと前から環境問題に興味があって、
それ関連の本をいろいろ読んできました。
で、一番最近読んだ武田邦彦先生の
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2

こいつを読んで度肝をぬかれました。
自分で調べてみないと
書いてあることをすべて鵜呑みにはできないけど、
とにかく、これまで自分が思ってきた環境問題の意識を
根底から覆されてしまったのです。
京都議定書にかくされたからくりなんて、
ほんとびっくりです。
(昨日NHKで結構この点をついた報道をしてたけど)
さらに
リサイクルなんてもうしたくないとさえ思ってしまいます。
指定のゴミ袋買ってせっせと分別していた私たちは、
なんだったのでしょうか?
確かに、よくよく考えてみれば、
環境に良いといわれ、私たちがやっていることは、
さらに環境の悪化をもたらす行為だったんです。
石油のかすで作られていたレジ袋。
だからスーパーだってただで提供できたのです。
役目をはたしたレジ袋をゴミ袋として「再利用」していましたよね。
とっても環境にいいことだったのです。
それが今では、高い指定ゴミ袋を買わされ、レジ袋は追放。
指定ゴミ袋は立派な石油製品です。
つまりさらなる石油を使うほめに。
結局そこには特定の業者へお金がまわるってこと。
分別だってそう。
プラスチックとかビニールとか一緒にごみとして出していたから、
よく燃えて、焼却処分できていたらしい。
それが分別されることによって、ごみが燃えなくなり、
結局どうしたかというと、ごみにさらなる重油をかけて、
もやしているのだとか。
リサイクルも。。。
なんでもかんでもリサイクルは、
逆にさらなるエネルギーを要し、環境に負担をかけるそうだ。
温暖化はそんなに問題ではないらしい。
海面上昇なんて問題ではないらしい。
少子化万歳らしい。
政府にだまされるなって。
マスコミにだまされるなって。
本当の環境保護ってなんだろ?
環境問題ってなんだろ?
環境問題は、いまや政治的に利用されるようになって、
大げさに扱われているけど、
私たち一般市民は、そんなことに惑わされず、
本当に環境にいいことってなんだろうかってことを
もっと考えなければいけないなとおもいました。
だからこそ、このような本がもっとたくさんの人に
読まれるべきなんだと思います。
結局は人間一人一人が
自分の人生をシンプルに楽しめる環境を、
自分なりに決めて、それを守ることなのかな。
もっともっと考えていきたいとおもいます。

おすすめ関連記事

-日記

Copyright© Simplife+ , 2022 All Rights Reserved.