日記

特別な思いを込めて

投稿日:2011年12月11日 更新日:

tokubetuna

現在製作中のアイテムの一つ、デスクですが、
その天板の仕上げ作業をお客さんにやってもらいました。

自分がこれからずっと使い続けるだろうデスクの天板、
その一番目にするところ、一番触れるところをお客さん自ら仕上げることにより
より一層思い入れのあるものになるだろうと思い、提案させて頂きました。

粗仕上までは僕がやっておき、
水引の作業から手磨き作業までをお客さんが担当しました。
今までやったことがない初めての作業で、
少し興奮気味に作業していました。

前面のアールの部分や面取りをしたところの部分も
熱心に何度も手で感触を確かめながら磨いていました。

仕上がった天板を組み終わった本体の上に置いてみて、更に感動^^
こんな経験はめったにできないと大満足のようでした。

抽斗の数やサイズ、PCの配線が見えないようにする工夫など、
お客さんのリクエストをしっかり形にしています。
やっぱり頼んでよかった、と言ってもらえましたが、
納品するまで気を抜かず仕上げていきたいと思います。

おすすめ関連記事

-日記

Copyright© Simplife+ , 2019 All Rights Reserved.