子育て 家具職人になる 日記

子を思う心

2010年12月13日

赤ちゃんの手

我が子誕生から3日経ちました。
毎日毎日少しずつ成長しているベビー。
頭の形やまゆ毛の色、立派な泣き声。
変化が絶えない毎日です。

親になる、というのは不思議なものです。
嫁のおなかが大きい時は、今思えばどこか他人事のようなところがあったかもしれません。
嫁自身も赤ちゃんを産むということがどこか非現実的なところがあったかもしれません。

それは、我が子を抱いた、その一瞬で一変しました。
愛おしくてしかたがない、底知れぬ愛情といいましょうか、
何が何でもこの子を守る!という気持ちがぐわーっと湧き出てきました。
嫁は出産を終えた次の日にはすっかり母親の顔になっていました。

不思議ですね。

これから大変なことはたくさん待ち受けてるし、
悩みも絶えないだろうと思います。
でも2人でこの子を育てていく。そこはゆるぎないところですね。

僕の小指を握るのでいっぱいいっぱいな小さな手。
その手の中にたくさんの愛を握らせてあげるからね。

おすすめ関連記事

-子育て, 家具職人になる, 日記

Copyright© Simplife+ , 2021 All Rights Reserved.