家具職人になる 日記

夢の選択

2010年1月21日


今から5年前、まだアメリカで都市計画を勉強していたころ、
僕は水素をエネルギーとした社会インフラに夢中でした。
太陽光、風力、地熱などの自然エネルギーを活用し、
各家庭が水素と酸素を化学反応させ電力を生み出し、
それをグリッド化したネットワークで
互いに補い合うという社会インフラです。
排出されるのは水という究極のエコです。
当時はまだ夢のお話でしたが、
自然エネルギーの活用が一般に広まり、
家庭用燃料電池が出始め、電気自動車が市販されるようになり、
夢は夢でも着実に歩みよっているようです。
僕は都市計画の中でも2つのことに興味がありました。
一つは上に書いたようなエネルギーや都市交通などの将来の社会基盤づくり。
もうひとつが町の再活性化。
一つ目のことに関しては、
トヨタに入り次世代都市交通についての仕事を希望しましたが、
希望叶わず、違う部署に配属されたことにより少し脱線してしまいました。
二つ目については、
生まれ育った岐阜の町を舞台に徹底的にチャレンジしていこうと思います。
少しでも面白いこと、少しでも魅力ある町づくりのため、
さまざまなアイデアが浮かんでは消え浮かんでは消えていますが、
これからも考え続けて、時が来たときに行動に移りたいと思います。
そんなこと考えながら毎日木と戯れている次第です^^

おすすめ関連記事

-家具職人になる, 日記

Copyright© Simplife+ , 2022 All Rights Reserved.