日記

チャイナXブレーキ

2008年7月18日

投資信託とFXという運用をしているのですが、
お偉いさまがたがいうように、ものすごく不確実性のある毎日。
為替にしても株にしても、
いろーんなことが絡み合って、
情報収集が追いつきませぬ。。。。
さて、最近の中国。
オリンピック前だというのに、かなり急ブレーキ気味ですね。
オリンピックまでは順調に行くだろうと思ってたら、
オリンピックまえにこんな状態になるとは。
チベット問題、四川大地震などいろいろ起きてしまったので、
理解はできるんですがね。
昨年の中国株が暴落した際に、
チャンスとばかりに中国系の投資信託を買い込んだんですが、
順調に値が上がっていったのは去年の秋口ぐらいまで。
半年で購入した価格の2倍ぐらいまでいっていたので、
異常なあがり方だったんですが、
そこからじりじり下がってきて、結局今は、
購入価格あたりにいます。
新聞等をよんでいると、中国バブルも終わりか的な内容がありますが、
バブルはいつかはじけるんでしょうけど、
中国の成長は続くはずですよね。あれだけ巨大市場ですから。
中国のナショナリズムは他の国の人から見れば理解しづらい部分もあり、
外資企業にとっては大きなリスクの一つと記事に書いてありましたが、
たしかに、それは納得。
かつて眠れる獅子と呼ばれた中国。
今は起きて朝ごはんを食べようとしているけど、
なんせ寝起きは機嫌よろしくないから、
あまり周りから刺激しないようにしている、ってところかな。
オリンピック後、次は万博に向けてまたアクセルを踏み出すだろうけど、
そのときは、もっとスムーズな進み方をしてほしいですね。
起きた獅子さんはゆっくりご飯を食べてほしいものです。
資源とか人口とかだけでなく、
歴史も文化もすごいものをもっているのだから、
きっと立派な獅子になるはずなんです。

おすすめ関連記事

-日記

Copyright© Simplife+ , 2022 All Rights Reserved.