これは簡単!石膏ボードにネジを取り付けるときは、FischerのSXプラグが便利だと知っちゃった話です。

2015-08-16 | Posted in DIY, つくる

石膏ボード ネジ アンカー Fischer フィッシャー SXプラグ

みなさん、こんにちは。たぶんみなさんの日ごろの悩みといえば石膏ボードのように下地がないところにどうやってネジを効かせれるか、ってことですよね。実は、僕も一緒です。

答えは簡単で、アンカーを利用することです。アンカーを使えば、どんな壁にもしっかりとネジを効かせることができ、たいていのものは取り付けられます。

そのアンカーですが、より簡単に取り付けることができないものかと思って先日ホームセンターのアンカーコーナーを見ていたのですが、Fischerという会社のSXプラグというのを見つけ、使ってみたところ、これまで使っていた中空アンカーに比べて目玉が飛び出るくらい簡単に取り付けることができたので、これはぜひ紹介したいと思いブログを書いています。

 

Fischer SXプラグの特徴


石膏ボード ネジ アンカー Fischer フィッシャー SXプラグ

このFischerのSXプラグというアンカーですが、なんと、穴をあけて差し込むだけなんです。なんて簡単!

耐荷重を意識してこれまで面倒な中空アンカーを選んでいたのですが、ちょっと壁に取り付けたい、そんなに重いものを乗せないといったときはなるべく気軽に使えるものがいいのです。もちろん、壁に棚を取り付けたくてロイヤルチャンネルなどを石膏ボードの壁に棚を取り付けるときもアンカーが必要になりますが、いくつもネジを使うので、一つ一つの耐荷重はそんなに必要ないですし、かつより手軽なほうが扱いやすいんですよね。

また取り付けるものによっては専用のねじがついていることもあります。すでにネジを持っている場合もあります。そうすると、アンカーとネジがセットになっているやつ、専用のネジじゃないと取り付けられないアンカーは避けたいですよね。そういう意味でもこのSXプラグは径さえ合えばどんなネジでもいいので助かります。

 

電動ドライバードリルは必須です。


このFischer SXプラグは確かに簡単なんですが、電動ドライバードリルは必須です。家庭用、DIY用であれば、取り回しもいい10.8Vのものが軽くて女性にも扱いやすいと思います。おすすめはマキタのこれです。買って損はないですよ。というより、買ってよかったと思うはずです。

 

SXプラグを使って、タオルかけを取り付けてみました。


今回、脱衣所にタオルかけを取り付けてみました。SXプラグは5×25のものを使いました。ネジは、取り付けるタオルかけに付随してきた専用のねじです。

まず取り付ける位置に穴をあけます。今回は5mmの穴です。
石膏ボード ネジ アンカー Fischer フィッシャー SXプラグ

そして、あけた穴にSXプラグを差し込みます。写真を見るとわかるのですが、途中プラグがへこみながら入っていきます。つまりへこんだところにネジが入ってくるのでより外側へ広がり突っ張る力が働くわけですね。そして、最後まで押し込むときはツメが効いていてぐいっと力を入れないと入らないので、一度入れたら相当の力じゃないと抜けないでしょう。
石膏ボード ネジ アンカー Fischer フィッシャー SXプラグ

最後に取り付けるタオルかけをネジで固定します。
石膏ボード ネジ アンカー Fischer フィッシャー SXプラグ

タオルかけが、がっしり取り付けられました。いいですね、このお手軽感!

100個入りで600円ほどなのでとても経済的ですが、普通の家庭では100個もいらないですね。もちろん少ない入数のものもありますよ。

というわけで、石膏ボードにネジを取り付けるときはFischerのSXプラグがとても便利だというお話でした。

ほかにもこんなDIY記事がありますよ!
これなら簡単!琉球畳とスタイロフォームでゴロゴロできる断熱床をDIYでつくりました。
フローリングにおすすめなヒノキ。DIYでヒノキフローリングを設置しました。
これなら簡単!2x4を使ってDIYでつくる木製作業ワゴン

Pocket
LINEで送る

2015-08-16 | Posted in DIY, つくる2 Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

コメント2件

 滝英美 | 2017.10.19 23:42

お世話になります。
突然のご連絡、失礼致します。
教えて頂きたいことがありご連絡させて頂きました。
どうぞお知恵をお貸し下さい。
部屋の壁の壁紙(下の方)が剥がれて来たり、子ども達の落書きがあったりで綺麗ではありません。しかし壁紙を張り替えるほどではないように思っています。
ですので、下から600~700mmくらいの腰板を貼って隠してしまおうかと思っています。
そこで、フィッシャーSXプラグを使って木材を留めることはできますか?
また、ネジはどのようなものを使えばいいでしょうか?
そのほか良い知恵がございましたらご教授くださいませ。
よろしくお願い致します。

 Kenji Wada | 2017.10.20 8:00

滝さま
ご質問ありがとうございます。子どもたちがいると落書きもされちゃいますよね。壁紙も剥がれる時は剥がれてしまうので厄介ですよね。

現在検討されているのが、腰板を貼るということですね。
腰板を貼る場合、直接取り付けると壁に穴が開いてしまいますが、賃貸とかではなく持ち家ということでよろしいでしょうか?
腰板を直接壁に取り付けることができるのであれば、釘でそのまま打ってしまった方が簡単にできます。
こちらの記事に木の壁を作る方法を解説しています。
http://simplife-plus.com/tsukuru/diywoodenwall/

フィッシャーのプラグは何かをネジでしっかり壁に取り付ける場合に使うものですので、腰板であればそこまで必要ありません。

もし、壁に穴があけれない(あけたくない)ということであれば、桟になるものをまず取り付け、それに腰板を釘で打つという方法もあります。
桟を縦方向にするのであれば、アジャスターボルトやディアウォールといったものを使えばOKです。
http://simplife-plus.com/tsukuru/wall_shelf_pegboard/

桟を横方向に取り付ける場合は、強力な両面テープでくっつけてしまう、ということもできます。

そもそも、腰板を両面テープで貼ってしまうこともできます。

また、木の板でなくても良い、ということであれば、幅広のマスキングテープでデコレーションするという方法もありだと思います。
https://goo.gl/WbSzh7
子どもたちにあえて落書きできるように黒板テープを貼るということもできます。
https://goo.gl/YdX5xV

さらに詳しく教えてほしいということであれば、Contactページからお問い合わせください。

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^