格安でハイパワーな組立て式レーザー加工機 Fabool Laserシリーズを見るために山梨県にあるショールーム「DIYs SQUARE」に行ってきました!

2017-08-28 | Posted in つくる

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

デジタルファブリケーションの中でも人気があるのがレーザー加工機です。自分でデザインした通りに彫刻や素材のカットができるので、いいですよね。このブログSimplife+ではPodeaというパーソナル小型レーザーカッターを購入して、いろいろ試しながら情報を発信してきました。

この度、僕が運営する木工シェア工房「ツバキラボ」に大型のレーザーカッターを導入する予定です。その一つの候補として、株式会社Smart DIYsのFabool Laserシリーズを検討しています。

最大の特徴は、ハイパワーなレーザーなのに安い!ってこと。
しかし、その安さは自分で組み立てる仕組みだからってこと。

僕の周りでもFaboolを購入した人が何人かいて、組立って実際どうなの?って話を聞きならが、いろいろ情報を集めてきましたが、最後はやっぱり自分の目で確かめなければ!ってことでSmart DIYs本社にあるショールーム「DIYs SQUARE」を訪問してきました。

Fabool Laser DS

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

現在検討している機種はFabool Laserシリーズの中でも一番大きなFabool Laser DSという機種です。レーザー出力が80Wで加工エリアも1050mm×630mmという非常に大きなもの。もしこれがそのままのスペックで完璧に使えるのであればすごくいい!しかも価格が本体だけでみれば50万円を下回っているんですね。

ただ、やはり組み立て式というところが気になります。周りの評判も「精度が出ない」というものが多い。スペックだけでは判断しちゃダメなんです。

そして、DSを持っている人なんていないので、さらに実機を見る必要があります。ほんとに使えるの?疑問と不安は増すばかり(笑)

いろいろ試せるショールーム「DIYs SQUARE」は本社がある山梨県に

そういうことで、ショールームに行ってきました。ちょうど7月から本社のデジタルファブリケーションスペース「DIYs SQUARE」を一般開放していたんですね。

東京に出張いった帰りに山梨に寄ってきました。

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

ナビに案内されるままに着いたところは、もともと何かのお店だったのかなと思わせる建物。一度はわからず素通りしてしまいました。

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

しかし、入り口あたりに小さな看板があったので、やはりここか!と気づきました。

中に入ると、建物内の半分は倉庫のように使われていて、棚にたくさんの部品が並べられていました。そして残りの半分の一部がオフィス、一部がショールームとなっていました。オフィスには数人の女性の方がパソコンに向かってお仕事中。

事前にメールで伝えてあったので、すんなり受付終了。

Fabool Laser DSとご対面

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

そしてさっそくFabool Laser DSを試させていただきました。詳しいスタッフが1時間ほど付きっきりでこちらが気になっていることを実際に試してくれたり、質問に答えてくれたりしました。

レーザー出力80Wの実力はいかに

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

何ミリの板まで切り抜けるのか。

5mmのMDFを3枚重ねた状態で試してもらったのですが、やはり10mm程度が限界。しかもスピード、パワーのパラメーターをしっかり検証しないときれいに切り抜くことはできないし、80Wといってもその10mmをやはり1回で切り抜くことはできませんでした。このあたりは、どのレーザーでも一緒ですね。最初はいろんなパラメーターを試して最適なところを見つけないといけません。5mm程度の厚みなら一発で切れます。

結局、パワーが強くても、厚いものを切るときは深くなればなるほどレーザーの焦点がボケるのが原因なんですね。その問題をうまいことクリアしないと厚い材料を切り抜くことはできません。

でもこの辺りはいいヒントを教えてもらいました。

ちなみに、アクリルは10mmぐらいのは切り抜けるようです。

彫刻のスピードはいかに

パーソナル小型レーザー加工機Podeaをいろいろ試してきて思うのは、彫刻のスピードがもう少し早くならないかということです。仕事関係でTrotecのSpeedyシリーズを扱うこともあったので、あの速さに慣れてしまうとPodeaのスピードはやはりゆっくり。

ではFaboolはどうなのか?

Faboolはスペック的には8000mm/minということで、1秒間に8m動くというのでとても速いんですね。でも実際8000mm/minで彫刻をやってみたら、そのスピードとレーザーを出力するタイミングにずれがあり、きれいに出力されませんでした。

結論から言うと、2000~3000mm/minぐらいのところがスピードの実際使える最大値かなと思います。それでも十分早いです。

組み立てはやはり難しいか?

問題は組み立てです。いくら安くても組み立て式のため、稼働するまでにかなりの労力をそこで使いますし、結果精度が出なければ全く持って意味はありません。

スタッフの方に組み立てについて聞いたところ、やはり難しさはあるようで、一般の人が気軽に組み立てられるかというとそうではないとのこと。ものづくりに詳しい、慣れている人ならある程度の精度で組み立てられるが、まったく初めての人には難易度は高いよ、と。つまり形にすることはできるけど、精度を出すのが難しいと。

しかもDSのようにモノが大きくなれば、少しのずれが大きなずれになってしまいます。レーザー出力管から出されたレーザーは鏡で3回方向を変えながら素材に当てられます。その光線が少しでもずれていると大きい躯体ではずれがどんどん大きくなるということです。

実際、ショールームのDSでもわずかにレーザー光線が斜めになっていました。スタッフ自身ももっと調整をしないといけないと認めていました。

またDSの組み立て作業自体は、スタッフの方で、組み立てに2日かかるとのことで、普通なら2人がかりで1週間かかるんじゃないか、とおっしゃっていました。

ソフトウェアは素晴らしい

今回、いい発見としてはソフトウェアでした。ソフトウェアはクラウド型でネットにデータをアップしながらやる形になります。なので実際使う時はネット接続していないとできないんですね。

そして、いい点だなとおもったのが、加工の区別を色で判断しているのですが、データをアップした後に、各色のパラメーターを細かく設定できるようになっていました。どの色から順番に加工するか、そしてその加工のスピード、出力をそれぞれ設定できる。これは使い勝手が良さそうです。

DIYs SQUAREには加工サンプルがたくさん

DIYs SQUAREには加工サンプルがたくさん置いてあったので、こんなことができるのか~と参考になります。

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

DSで9㎜のMDFを切り抜いてつくった看板。

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

こちらもDSで9㎜のラワン合板を切り抜いてつくった椅子。

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

建築の模型

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

他にもたくさんのサンプルが陳列されていました。

レーザーカッター DIY Fabool DIY SQUARE ショールーム

ポスターやチラシもたくさんありましたが、新製品の予告チラシなども。

まとめ

以上、株式会社Smart DIYsさんのショールーム「DIYs SQUARE」でFabool Laser DSを試してきました。いろいろ検証させてもらって、疑問に思っていたことをクリアにすることができました。そこでわかった良かったこと、悪かったことを踏まえて検討したいと思います。

DIYs SQUAREはオフィス空間と一緒なので、黙々と静かにお仕事をされているスタッフさんたちの邪魔にならないように静かにしないとなぁ~という空気が(笑)

ただ、丁寧に説明し、最後まで付き合ってくれたスタッフさんには感謝です。ありがとうございました^^

「DIYs SQUARE」
株式会社Smart DIYs 本社内

〒400-0222 山梨県南アルプス市飯野3611-20

開放日:水曜日、金曜日
開放時間:13:30~16:00
制限時間:お一人様 週1時間まで
e-mail : support@smartdiys.com

Pocket
LINEで送る

2017-08-28 | Posted in つくるNo Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^