ツバキラボ TSUBAKI LAB 木工シェア工房 木工教室 ワークショップ

一眼レフカメラ用ショルダータイプの カメラバッグ ダントツのおすすめ:TENBA DNA13のすごいところBEST5

2014-12-21 | Posted in 写真

TENBA DNA 13

プロでもアマでもカメラをやる人には常に悩みがあります。大事な大事なカメラやレンズをいかにして持ち運ぶか。そして、理想的なカメラバッグを求めて迷走することになるのです。

今回は、ショルダータイプ(メッセンジャータイプ)でダントツおすすめのTENBA DNA13を徹底的に紹介します。

普段使いでもナチュラル、でもカメラもしっかり収納できるバッグを求めて

そしてアマにはプロにはないさらなる深い悩みが。常にカメラが必要なわけではないけど、やっぱり持っていたい、というもの。要らないときは要らないし、いるときはがっつりレンズも持ち運びたい。

そしてできればPCやiPad、書類などもしっかり整理して入れておきたい。でもカメラ要らないときは、サッと取り外せる。さらに欲を言えば、街中でも、旅行中でも、アウトドアでも持ち出せるデザインであればなお良し。

要するにカメラを持ち運ぶためのバッグではなく、「普段使いのバッグ」でありながらカメラもしっかり収納できるバッグが欲しいんです!

そんなわがままな願望を持ってもう何年たったのでしょう?機会があればカメラ屋に入ってあーでもないこーでもないとカメラバッグコーナーでいろんなバッグを試してみる。そんな日々を過ごしておりました。もちろん、今まで購入したものもありますが、すべてを満たすものには出会えてないんです。




偶然みつけたTENBA DNAがすごかった!

リュック型ではなくショルダータイプ、メッセンジャータイプのカメラバッグがどうしても必要となり、徹底的に探しました。

そして見つけたのがTENBAのDNAシリーズ。全く違うものを検討していてカメラ屋さんで物色していた時に、たまたま見つけたのですが、その見た目から、機能性からまさに求めていたものだったのです。収納力、速写性、一つ一つのディテールの作りこみがすばらしかったんです。

調べてみると、DNAシリーズは、New Yorkのメッセンジャーたちのさまざまな要求に応え、年中、どんな気候でも使えるメッセンジャーバッグでありながら、中のカメラやレンズ、PCなどは徹底的に守るという考えのもと開発されたものだそうです。

それでは、みればみるほど素晴らしいDNA、僕の独断と偏見で選ぶすごいところBEST5をお届けします。




すごいところ1:めちゃんこ考えられている収納性能

TENBA DNA 13

こだわった収納性はもういうことありません。DNA13の場合、使いまわしがきくのでよく使うTAMRONの28㎜~300㎜の望遠レンズを付けたままバッグに入れることができ、さらに2本レンズが収納できます。ほかにも予備バッテリーやクリーナーなどの小物も余裕で入ります。このカメラ収納はインナーバッグタイプで必要ない時はさっと取り外しができるようになっています。

カメラ以外は、A4サイズの書類もiPadや13インチまでのPCが一緒にしまえます。

そして何がいいって、ポケットが充実していることです。小さなノート、ペンなども整理して入れることができます。

すごいところ2:雨でも風でもどんと来い!オールウェザー対応

TENBA DNA 13

ひとつひとつのジッパーは止水仕様ではないですが、水が入りにくい工夫がされています。そしてフラップを開いたとき横から雨などが入りにくいような構造になっています。

そして、専用カバーもついており、ザーザー雨が降っていてもバッグを守ることができます。片面はシルバーで光を反射し、もう片面は黒色で目立たないようなっています。常にピカピカ反射したりすることを嫌う人もいるので、こういう使い分けができるのはすごい。

すごいところ3: Fidlock®の使い勝手がハンパなくいい!

TENBA DNA 13

フラップを止めるクリップは特許をとった Fidlock®というもの。これめちゃくちゃ使いやすいです。普通のクリップだと、お互いがしっかり位置が合わないとカチッと止めることができません。マグネット式だと力が加わればすぐ外れてしまいます。

しかしこの Fidlock®というものは、マグネット式なのでお互いが近づけばカチッと簡単につけることができるのですが、外す時はスライドさせる仕組みになっているのです。普通に上方向引っ張っても外れません。この使い勝手は実際やってみないとわからないと思いますが、非常に使いやすいのです。

すごいところ4:フラップを開けなくてもカメラが取り出せる!

TENBA DNA 13

フラップを開けないとものが取り出せない、というのは非常に使い勝手を悪くします。その点、このDNAシリーズは考えられており、フラップ上部にファスナーが取り付けられており、フラップを開けなくても中のものが取り出せます。大きく開くのでカメラでもほかの小物なども取り出しができるので、とても便利です。

ちなみにこのDNAシリーズのファスナーは輪っかがついており指をひっかければ開け閉めが容易にできます。つまむ必要がないところも使い勝手が向上している要因です。

すごいところ5:右肩がけでも左肩がけでもどちらでも長さ調整ができるユニバーサルなデザイン

TENBA DNA 13

よくあるショルダーバッグは、その紐の調整する部分は一つしかついていません。そうするとモノによっては長さ調整する部分が背中側に回ってしまったり、最悪調整部が方の上に乗ったりするので使いにくくなります。僕は特に一般に多い左掛けではなく右掛けなのでこういう経験が多いのです。なので、調整部が2つ付いててどちらの肩にかけても長さ調整ができるようになっているというユニバーサルなデザインのものづくりにとても感動しました。



Never Compromise:ほかにもいっぱいいいところあります。

徹底的に考えられているなぁっていろいろみていた感じます。なんてったって会社のスローガンが「Never Compromise(一切妥協しない)」ですよ。すごいですね。あとは耐久性さえよければ完璧です。

アメリカにはDNA13が存在していた

2015年8月現在、国内でもDNA13を購入できます。

TENBA DNA 13

でもね、DNA8(ミラーレス一眼用)、DNA11(フルサイズ+2,3本のレンズ+iPad)、DNA15(フルサイズ+2,3本のレンズ+iPad+15インチサイズのPC)というサイズ展開だったのです。まず、自分はフルサイズ一眼なのでDNA8は候補から外れ、11と15に絞られますが、11ではA4サイズの書類等は入らず、15は明らかに大きすぎるのです。

僕が求めるのは仕事でカメラが必要な時も持ち運べ、書類も入れることができる収納性、山などのフィールドでの仕事でも気兼ねなく持っていける機能性と携帯性です。

サイズが合わなければすばらしいバッグもあきらめるしかない、と思いながらも、TENBAの公式サイトを見ていたときに、なんとアメリカではDNA13という11と15の中間サイズが発売されたばかり、ということを知りました。もちろん日本では未発表(2014年12月現在)なので買えるところはありません。でも11と15の中間サイズがあることを知ってしまったため、僕の物欲が噴火しました。アメリカのAmazonから買うことにしました。(2015年8月現在、国内でもDNA13を購入できます。)

注文して2週間。やっと届いたTENBA DNA 13。初めてのご対面、丁重に挨拶をしました。改めて見て、さわり、お店でDNA11を見ていたときには気づかなかった新たな発見もあり、ますますその良さにほれ込みました。これから大事に使っていきたいと思います。

よろしければ、Simplife+的カメラと写真のお話をどうぞ
STEP1 失敗しないカメラ選び
STEP2 写真はレンズで決まる
STEP3 これさえ押さえておけば大丈夫!基本の基本の撮影テクニック
STEP4 撮ったら終わりじゃないよ!現像処理をして出来上がる感動写真~ Lightroomのススメ~
番外編:難しいルールはいらない!我が家のアルバム作成のたった5つの簡単ルール
番外編2:flickrのススメ:撮った写真は、自動でオンラインバックアップ
番外編3:一眼レフ カメラストラップ 斜めがけするならニンジャストラップとハクバ グリップストラップの組み合わせがオススメです。
番外編4:発表会、運動会、家族旅行、子育て世代におススメなカメラレンズは高倍率ズームレンズです。
番外編5:ボケ味最高!やっぱりレンズは単焦点!
番外編6:一眼レフカメラ用ショルダータイプの カメラバッグ ダントツのおすすめ:TENBA DNA13のすごいところBEST5(←今はココ)
番外編7:毎日使って改めて思う、一眼レフ用ショルダー型カメラバッグTENBA DNA 13の使い勝手のいいところ

Pocket
LINEで送る

2014-12-21 | Posted in 写真No Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^