息子と東京スカイツリーに行ってきました!夜行バスも初挑戦!

2017-11-03 | Posted in 子育て, , 日本

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

長男を連れて東京旅行へ行ってきました。

今回は、夜行バスで東京入りして、1日遊んで新幹線で帰ってくる日程。弾丸だけど、小学校も休むの1日だけで、最大限遊べるという日程です。目的は、東京スカイツリーと東京モーターショー。モーターショーに連れていってあげたいなぁと思ってたところに、先日長男がスカイツリーの本を借りてきたので、ちょうどいい、スカイツリーも行ってみよう!って今回の旅行になりました。

僕と長男の初めての男2人だけのプチ旅行です。

ちなみに持っていったカメラは、先日購入したばかりのα5100のみ。このカメラの実力試しです。

台風で延期に。。。

本当は日曜日出発月曜帰りの日程で、バスや新幹線、スカイツリーやモーターショーのチケットをすべて押さえていたんだけど、台風接近、しかも日曜日夜東海地方へということで、台風と一緒に夜行バスで移動することになりそうだったので、土曜日朝に延期を決断。すべてキャンセル、予約しなおしました。夜行バス、新幹線は一度キャンセル、再予約。スカイツリーやモーターショーは特に手続き必要なしでした。

しかし、台風の速度が猛烈に上がり、日曜日夕方には通り抜け、夜には日本列島から離れていきました。まったく延期の必要なかった。。。

ということで、日曜日夜出発が火曜日夜出発に変更になりました。延期したおかげで天気の良い日に行くことができました。

初めての夜行バス

長男、夜行バス初挑戦。

夜にバスが動くの???すごっ!と言っていた長男。9時過ぎに家を出る際は、ママと離れることに少し寂しそうで、バス乗り場へ向かう車の中では、泣きたくなかったから寝てた、と。

駐車場に車を停めて、バス乗り場まで歩いて移動。冷え込みが強い夜だったのでジャケット着ていても寒かったです。

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

バスは、3列シート。1席ずつ独立タイプです。独り身はいいけど、親子で乗る場合はちょっと辛いです。隣の席にしてもらったけど、やはり物理的に離れているのは落ち着かないですね。シートベルトもきついので寝にくかったんじゃないかな。

それでも、いっぱい倒れる背もたれやフットレストのおかげでしっかり寝ることができたよう。

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

翌日朝5時45分に新宿バスタに到着。東京の朝はめちゃ寒かった。

地下鉄乗って、東京スカイツリーへ

スカイツリー開場までは2時間近くあるのでどうしようかと思いましたが、すぐにスカイツリーまで移動して、スカイツリー周辺で時間をつぶすことにしました。

普段だったらまだ寝ている時間。なので歩いていても、地下鉄乗っていてもずーっとぼーっとしている長男。そりゃそうですよね。その上寒いので鼻水が次から次へと流れてきて、ティッシュの消費量がすごかったw

本物のスカイツリーは大きかった!

しかし、本物の東京スカイツリーを見た時に、一気にお目覚めですw

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

僕自身もここまで間近にきたのは初めてなので、大きさにびっくり。

まずはオープンまで周辺で過ごすことに。

スカイツリー

スカイツリーをぐるりと一周してみました。長男は、ずっと自分のカメラ(Nikon Coolpix W100)でたくさん写真を撮ってました。

なかなか撮れない長男とのツーショットもα5100ならスカイツリーもいれて簡単に撮れました。180度チルトモニター&タッチシャッターはかなり便利!!しかも自撮りするときは自動で3秒のタイマー撮影になって、モニターにカウントダウンしてくれます。子どもでもわかりやすいですね。

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

そして、朝の時間に空いているレストランがなかったので、とりあえずマクドナルドで朝マックすることに。それでスカイツリーオープン時間8時まで待ちます。マックも4階ガラス張りの席だったので楽しめました。

ついにスカイツリーの展望デッキへ

8時にオープンするスカイツリー。

事前購入したチケットがあれば優先ゲートで中に入れるようですが、僕らは事前購入しいても日にちを振り替えになったので当日ゲートから入ることになりました。

とはいっても、平日のガラガラ時間なのでどちらから入っても一緒でしたけど。。

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

50秒で地上350mの展望デッキへ。このエレベーターは外が見れたりしないのでその速さを実感することはないですが、あっという間に展望階についたのはびっくりですね。

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

そして見下ろした東京のまちは、シムシティにしか見えませんでしたw

この時間、展望階にいたのは9割がた外国人観光客。

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

長男VRでスカイツリーの窓ふき掃除を見ています。

さらに100m上の展望回廊へ

地上450mの展望回廊にも行ってきました。

夜行バス 子連れ 東京スカイツリー α5100

すごいですね~

350mも450mも見える景色はそう変わりませんがw

ちなみに、ネットで事前予約&朝割で大人は展望デッキ・展望回廊セットで3000円。小学生は1400円です。

帰り、展望デッキにガラス床がありましたが、さすがに長男、ビビってました。そりゃそうか。

以上、東京スカイツリーでした。

興味を持った時が旬ですね。

その大きさを実感できたのは良かったです。曇ってて富士山見れなかったのは残念ですが、とても楽しむことができました!

さて、その後は東京モーターショーへ移動です。

東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp/

Pocket
LINEで送る

2017-11-03 | Posted in 子育て, , 日本No Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^