日記

ソールを修理したクラークス ナタリー、2年経ったいま。

Clarks Natalie クラークス ナタリー 修理

2年前にクラークスのナタリーのソールを取り換えるという修理をしました。上が修理直後の写真です。そのことを紹介した記事はたくさんの人に読まれてきたわけですが、時に修理したナタリーはその後どうなってますか?という問い合わせもいただいてきました。

2014-2-15 クラークス ナタリーのソールを修理してもらいました。

正直に言いますと、

現役で履いていますよ!

これが今の姿です。

Clarks Natalie クラークス ナタリー 修理

もう17年履いていることになりますが、そんな風には見えないですよね。毎日履いて酷使しているわけではなく、今は週に1度ぐらい履く程度なので、これからもまだまだ現役でいてくれそうです。今の頻度だと、半年に1、2度くらい汚れはスエードクリーナーで磨き、時に防水スプレーで保護します。毎日履いていたらもっと頻繁に手入れしておいた方がいいでしょうね。

Clarks Natalie クラークス ナタリー 修理

ソールを張り替えた直後に2度はいたら剥がれてきたので、自己修理をした記事も書きましたが、その後この2年の間で、張り替えてもらったソールが他にも部分的にはがれてきたことがありました。そして再び接着剤でくっつけました。それ以降はまったく剥がれはありません。以前紹介したのはコニシのウルトラ多用途SUだったのですが、そのあと使ったセメダインの超多用途接着剤 スーパーX ゴールドが速乾タイプですごく扱いやすく、しかも強力でした。

これからもまだまだいけそうなナタリーでした。

2014-2-15 クラークス ナタリーのソールを修理してもらいました。
2014-3-12 クラークス ナタリーのソールを自己修理しました。
2016-4-2 ソールを修理したクラークス ナタリー、2年経ったいま。

2016-04-02 | Posted in 日記No Comments » 

 

パパデイで長男と「きそがわ日和」や「白川町東座 地歌舞伎」など岐阜県加茂郡をぐるぐる巡り楽しみました。

飛水峡 パパデイ

今回のパパデイは、ちょっとイレギュラー。急きょ仕事の関係で、あるイベントに関わることになり、でもパパデイは実施したいので、長男だけ連れていくことにして、次男は実家に預けて、ということになりました。

あるイベントというのは、このところ取り組んでいる岐阜県美濃加茂市のプロジェクトに絡み、来年度商品開発をやる予定なんですが、そのイメージとして美濃加茂市が企画したモニターツアー「スキカモツアー」に同行させてもらうというもの。

名古屋などの都市部の人たちに岐阜県の美濃加茂市をはじめとする加茂郡の魅力を体験・体感してもらうツアーなのですが、30名の募集に対して応募多数で抽選となったそうです。そりゃこの内容で、無料とこれば当然でしょう。そのツアーに長男と一緒に部分的にご一緒させていただきました。といっても、バスツアーですがバスには乗らず、車で現地に駆けつけるというもの。

 

気持ちいい春を感じる「きそがわ日和」


きそがわ日和 2016

まずは、美濃加茂市の中山道太田宿。

ここでこの日開催されていたのが「きそがわ日和」です。この地域の人にとってはもう定番のイベントです。今年は少し縮小しているような気もしましたが、御代桜酒造の蔵開きなどもあって盛り上がりはありました。

きそがわ日和 御代桜酒造

その蔵開き、持ち合わせがあまりなくお酒を買うことはできず、車を運転しなければならないので試飲もできず。。。ですが、息子とやった射的で4発中2発も景品を当て、息子さんは大喜び。

きそがわ日和

会場となった旧中山道周辺でいくつかアート作品も展示されており、それをぶらぶら見て楽しむことができました。もっぱら息子さんは射的の景品に夢中でしたが。

simg_9890_25461467223_o

そして、スキカモツアーから頂いたお弁当を木曽川を眺めながらいただきました。これは料理家長尾明子さんがプロデュースした釜飯弁当です。素材一つ一つがとても美味しかったです。

 

白川町 東座 地歌舞伎の世界


さて、お昼ご飯を食べ、美濃加茂市から白川町へ車で移動しました。本来のスキカモツアーご一行は、太田宿もそうそうに切り上げ、桜井酒造や東白川町の茶畑などを先にめぐってから白川町へ入る流れですが、僕は太田宿から直に白川町へ。この1時間ほどのドライブ、とても景色がいいところを通るのですが、息子さんは終始爆睡でした。そりゃそうだよね。ご飯も食べてぽかぽか気持ちいいし。

東座 白川町 地歌舞伎

白川町では、東座で地歌舞伎を鑑賞させていただきました。歌舞伎は地方地方でもその土地の人たちが娯楽で楽しんでいたそうで、その中でも岐阜県東濃エリアは地歌舞伎が今でも残っている地域です。僕は2度目でしたが、初めてみた息子さんは大きな音もあったり、歌舞伎役者の格好などが怖くてたまらなかったようです(笑)

それにしてもこの東座、明治22年の建造です。その後増改築はあるにしても、130年近い年月が経っていることを考えると、ただただ圧倒されるばかりです。

歌舞伎の後は、茶師から直々にお茶の淹れ方を学ぶというもので、茶師がいれてくださった最高級の白川茶をいただきました。

 

白川町の景色と飛水峡


加茂郡 白川町

その後は、ツアー一行とは別れ、白川町の景色を車であちこち回りながら楽しんだり、川辺で時間をつぶしたり、最後は飛騨川の飛水峡を楽しみました。

飛水峡 パパデイ

いろいろ連れまわしてしまった1日でしたが、夜お風呂で聞いてみたら、「楽しかったよ」と言っていたので一安心。でも「何が楽しかった?」と聞くと、「父ちゃんがジュース買うところ」ときそがわ日和でりんごジュースを買う時のぼくのしゃべり方が面白かった、と何ともリアクションに困るポイントをあげてくれました。

2016-03-28 | Posted in パパデイ, 日記No Comments » 

 

マーマーマガジンのfor menの世界がなんてワイルド! なんだろう、このゾクゾクする感じ。

マーマーマガジン for men

前回、マーマーマガジンのショップ「エムエム・ブックスみの」についてご紹介しましたが、そのマーマーマガジンのfor menがあるということで早速購入して読んでみました。そしたら、そしたらで、なんとまぁそのディープな世界に圧倒されたわけです。特に創刊号の特集がまったく食べ物を摂取しない「不食」ですからね(笑)。

でも、普段知りえない世界を垣間見せてくれるこのマーマーマガジンfor menがなかなかいいわけですよ。一言でいうと、人生を旅しているような気分になれる読み物かな。というわけで、少しばかり紹介させてください。

 

自分が自分として、自分らしい旅を生きるためのヒント


なかなかディープな世界に触れられるfor menですが、特集やコラム、インタビュー記事などを通して感じるのは、人として「素」のありかたに迫る、自然体であるためのさまざまなヒント集のようだということ。

創刊号の冒頭には「創刊のことば」としてこのように書かれています。

これはあなたの中に眠る
「自然」を呼び覚ます雑誌です。
読むうちに 自分の中の野生が呼び覚まされ
自分の中の やさしさとやわらかさとちからづよさが
堂々と顔を出しはじめる。
無私へと向かう境地と同時に
今を越えていく道が ほがらかにあらわれはじめる。
そんな あたらしい時代を生き抜くための
あたらしい意識について書かれた雑誌です。
「自然」が思わずほほえんで味方したくなるような
すべてのニューボーイたちに捧げます。

野生ですよ、野生!

マーマーマガジン for men

たしかに読んでるとそんな感覚になりますよ。だって、いきなり創刊号で特集が「不食」ですから!でもそういう世界があるって知ることで、なんか励まされるんですよね。不思議なことに。

そして、鼎談では、ケータイをもたない方たちの思いのたけをこれでもかと。いいですねぇ。こういうの好きです。実際全く持たない、というのは今の僕には無理だけど、何かに没頭して一日に一度もスマホをチェックしなかったときってなんだかすっきりした気分にもなれます。

他にも、創刊号の端々にビリビリくることが書いてあります。さりげなく「会社を辞めましょう」とかね(笑)

 

パーマカルチャーもいいけど「ハゲ」もいい!第2号もすごかった!


マーマーマガジン for men

創刊号にびびってたら、次の第2号にもびっくりさせられました(笑)だって、冒頭の連載もの「Holistic Gear News」でいきなりふんどしが紹介されてますから。そして特集はPCこと「パーマカルチャー」。パーマカルチャーは改めて読むと、単なる自然農法的な考えではなく、その奥にはとても深い哲学が潜んでいることに気が付きました。それは共創共生の世界であり、自分で暮らしをつくりだすことであります。このブログ「Simplife+」とテーマとしてつながりを感じました。すこしずつ取り入れていきたいなぁ、と思いました。

でもね、もっとすごかったのが「ハゲ」について熱く語り合ってる鼎談!いいですねぇ、ありのままにハゲを語るって。僕もこの輪の中に参加しているような気持ちで読んでました。

ちなみに、この第2号で紹介されているテンダーさんの「わがや電力」という本。普通の流通に乗らない、乗せない完全なる自己出版で自分のウェブサイトのみで販売というところにも注目ですが、生活の電気をすべて小さな太陽光パネルから生み出される電力で賄う方法を小学6年生でも理解できるレベルでまとめた1冊。さっそく買って読んでみましたよ。これは実践してみたいなぁ。ってことで、「わがや電力」は別記事で紹介したいと思います。

そんなワイルドなマーマーマガジンfor men、よろしければぜひ買って読んでみてください。

2016-03-26 | Posted in 日記No Comments » 

 

マーマーマガジンのリアルショップ 「エムエムブックスみの」をご紹介

マーマーマガジン エムエムブックスみの

2015年8月に岐阜県美濃市にオープンした「エムエムブックスみの」。自然に生きる人のオーガニックなライフマガジン「マーマーマガジン」を発行する(株)エムエムブックスさんのリアルショップです。

マーマーマガジンは2008年に発刊したそうですが、僕が知ったのはこのエムエムブックスみのが美濃市にやってきてからです。内装等先輩木工家が手掛けたこともあり気にはなっていたのですが、お店に足を運んだことはありませんでした。今回、仕事のなかで、学生が制作した作品をテスト販売させていただける場所を探している中で、快くOKいただいたのがきっかけで、直接やり取りをするようになりました。(ありがとうございます!)

マーマーマガジン エムエムブックスみの

 

オーガニックなライフマガジン「マーマーマガジン」


マーマーマガジン エムエムブックスみの

エムエムブックスみのでは、マーマーマガジンのバックナンバーや編集長服部みれいさんの著書などが置かれていました。冷えとり健康法から自分らしい生き方をするための本とか詩集とか。またこれは別記事で紹介する予定ですが、マーマーマガジンfor menというメンズ向けの雑誌も現在Vol.2まで販売しています。なかなかのマニアックさで面白いですよ。

マーマーマガジン エムエムブックスみの

 

冷えとり健康法


マーマーマガジン エムエムブックスみの

冷えとり健康法については全然知識がなかったのでスタッフの人に教えてもらいました。このスタッフさんたちももともとはみれいさんの読者だったそうで、冷えとりで体調だけでなく気分も上向きになったという経験者さん。基本的な考え方は最大5度も違う上半身と下半身の温度差を同じくらいに保つことが大事だということで、靴下をたくさん重ね履きします。シルクと綿を交互に履いてレイヤーを重ね、シルクを肌に触れさせることで毒素を抜いていくというもの。

冷え性に悩んでいる嫁にも紹介してみようかなぁと思い、冷えとり健康法をまとめた本とシルクの5本指靴下を購入しました。

 

そしてオーガニックな衣類


マーマーマガジン エムエムブックスみの

衣類も販売していますが、オーガニックコットンを使用した環境に優しいエシカルなものです。COSMIC WONDERのものが多く並んでいました。色も染物の淡い感じでいいですね。

先日までは「えみおわす」の展示会も開催していました。季節ごとにイベントでさまざまな作り手と出会えると思うと、これからも楽しみです。

 

時の流れが緩やかに


マーマーマガジン エムエムブックスみの

茜で染めた淡いピンクの暖簾がずらりと並ぶ店構えは、美濃のうだつの上がる街並みの角にあるこのエムエムブックスみのを「ここだよ~」って教えてくれているようです。その大きな暖簾をくぐってお店の中に入るのもたしかに勇気がいることかもしれませんが、普段とは違うものに出会えるワクワクする体験でもあります。

マーマーマガジン エムエムブックスみの

お店の中は、静かな時間が流れています。控えめな照明は日ごろの太陽の光を十分に意識させてくれます。少し日が傾いた夕刻の店内もまた魅力的です。

マーマーマガジン エムエムブックスみの

美濃市に来たら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか^^

エムエムブックスみの
営業時間
月・水~金 12:00~17:00
土・日 10:00~17:00
定休日 火
住所 岐阜県美濃市俵町2118-19
電話 0575-46-8168
http://murmur-books-socks.com/?mode=f3

2016-03-22 | Posted in 日記No Comments » 

 

たとえ0.1だとしても、僕は「森から海へのエール」をやめません。

恋し浜 三陸 3.11

森から海へのエールという被災地支援活動があります。

僕が4年前に仲間と始めた活動です。この1年は活動休止していましたが、昨日オフィシャルに活動再開を宣言しました。

今日は震災から5年です。

森から海へのエールは、間伐材を使ってフォトフレームや時計を制作し、その売上金の一部を寄付する活動です。4年間続けてきて100万円以上を被災地に送ることができました。

僕は、もっと日々を大切にしてほしい。
大切な人といる時間をもっともっと大事にしてほしい。
そういう思いで、ずっとこの活動を続けてきました。

写真にはとてつもないパワーがあります。
だから日々見えるとこに飾ってほしいと思います。
だからこそ、飾りっ気のないシンプルなフォトフレームを作っています。
だからこそ、とびっきりのいい写真を撮ってもらえるイベントを企画してきました。

被災地支援だから、フォトフレームを買ってほしいわけではありません。
あの震災で気づいたことは、かけがえのないものはいつもそばにいて、そしていつそれを失ってしまうかわからない。
だからこそ、日々を大事にしてほしい。
そしてそのかけがえのない時を、愛する人を納めた写真をもっと大事にしてほしい。

・・・・

震災で失ったものは多く、そしてそこで感じたものはとても大きなものだったと思います。

しかし、直接関係のない被災地から離れたところで暮らす人々は、いつの間にか元のような生活に当たり前のように戻り、あの時感じたものはそんなものだったのかなぁ、と感じてしまうこともあります。

僕がこの活動を通じてできることなんて、とてもちっぽけだと思います。
だからといってやめてしまったら、いまだに苦しんでいる人、悩んでいる人にわずかに届いていたものが、0になってしまいます。

0にするって、すごく怖いことだと思いませんか。
そうやって一人一人が自分にできることをやめていったら、諦めていったら、最後には本当に0になってしまいます。
僕の活動は1すらなくて、0.1かもしれません。
でも0じゃない。

そうやって一人一人が0.1をやっていれば、10集まれば1だし、100集まれば10だし、1000集まれば100になります。
その僕なりの0.1が森から海へのエールなんです。

自分にできることを、愚直に。

これからも森から海へのエール、よろしくお願いいたします。
http://morikarayell.tsubakilab.jp/

2016-03-11 | Posted in つくる, 日記No Comments » 

 

暮らしを見つめなおす場所。新しくなったモノ・モノにお邪魔してきました。

モノ・モノ モノモノ 秋岡芳夫

故秋岡芳夫。僕にとっては世代が違い、そして世界が違い、とても遠い存在です。高度経済成長期に工業デザイナーとして活躍する一方で、大量生産大量消費の時代に突入していくことに疑問を投げかけ、地方の手仕事やクラフト活動を支援してきた方です。今でいう地方活性化のような取り組みも多々あります。

そして、「消費者から愛用者に」を合言葉に1971年に本格的にはじまったグループモノ・モノは職業の枠を超えたコミュニティへ発展し、夜な夜な人が集まり、さまざまな議論が交わされたそうです。当時メンバーは、今では重鎮として各業界の引っ張ってこられた方です。そのモノ・モノは東京中野駅近くのマンションの一室が舞台でした。

そんなコミュニティに所属する作家たちの作品を売るために、秋岡芳夫さんが亡くなられた後もモノ・モノは生活道具のお店として存続してきました。そんなモノ・モノが2015年にリノベーションを行い、生まれ変わりました。

その新生モノ・モノに行ってきました。

 

マンションの104号室


モノ・モノ モノモノ 秋岡芳夫

中野駅から歩いて5分、モノモノは中央線沿いの道から少し入ったマンションにありました。道路からは上の写真のようなモノ・モノのマークがこっちにおいでと呼びかけるようにこちらを向いていました。建物さえわかれば、あとは自然と吸い寄せられるでしょう。

僕自身モノ・モノには初めての訪問でした。記事の最初にモノ・モノ紹介をしましたが、そういうグループがあった、サロンがあった、秋岡芳夫というデザイナーがいた、こんな仕事をしていた人だ、といった程度の知識しかありませんでしたので、新しくなったモノ・モノといっても、ピンとくるわけでもありません。ですので、モノ・モノの中に入ったときは、あぁきれいな木の空間だなぁ、という印象でした。

 

まるでおうちにいるかのような落ち着く空間


モノ・モノ モノモノ 秋岡芳夫

ショップと思っていくと、ちょっとした違和感があるかもしれません。それは、誰かのおうちに来たかのような気持ちになるからです。

一番は、玄関扉を開けて、まずは靴を脱ぐことが理由です。モノ・モノの家具の販売もされているので、靴を履いたまま椅子に座ったり、テーブルについてみたりしても実際に使うときの感覚とは違うため、あえて靴を脱いでお店の中に入ってもらっているそうです。

また、壁には棚があり、そこにさまざまな生活雑貨が並べられているので、ショップのようですが、中央に配置された少し低めのテーブルと椅子に、普通に人が座っておしゃべりをしていたり。奥にはキッチンスペースもあり、まるでリビングダイニングのようです。そういう間取りと、スタッフの自然体のふるまいがおうち感を感じるところなのかもしれません。

 

暮らしになじむ生活雑貨が


モノ・モノ モノモノ 秋岡芳夫

正面の棚には、赤・黒の漆器がずらり、大小いろんなサイズのものが並んでいました。

モノ・モノ モノモノ 秋岡芳夫

ぬくもりある木のおもちゃもたくさん。木の木目がはっきりわかるナラの鳥さんなんか、いいですね。中には木のひな人形もあって可愛かったです。

モノ・モノ モノモノ 秋岡芳夫

また木のものだけでなく、陶器、鉄器、竹のかごやざるなどさまざまな暮らしの道具があります。

 

秋岡芳夫さんの言葉がとてもいい


モノ・モノ モノモノ 秋岡芳夫

お店の中に、秋岡芳夫さんの言葉が飾られています。

「木は そる あばれる 狂う いきているから だから 好き」

木は生き物。それと向き合って、時には手を入れながら暮らす。そういうのがいいですね。

自分で暮らしをつくる、というのは、道具をつくり、手入れして、使い続けること。そういうものだと思います。

モノ・モノ代表菅村大全さんと、モノ・モノ発起人 秋岡芳夫さんからまなぶこと
http://simplife-plus.com/tsukuru/monomono_akiokayoshio/

モノ・モノ
東京都中野区中野2-12-5メゾン・リラ104
tel.03-3384-2652
fax.03-3229-0943 
http://www.monomono.jp/

2016-01-30 | Posted in つくる, 日記No Comments » 

 

音楽聞き放題、映画・ドラマ見放題、本読み放題、そしてフォトストレージ容量無制限って、Amazon プライムがほんとすごい。

Amazon プライム プライムフォト

昨年プライム ミュージックやプライム ビデオがサービスとして追加されたAmazonの有料会員向けサービスAmazonプライムですが、今日プライムフォトが追加されました。

年間3900円で、音楽聞き放題、映画・ドラマ見放題、本読み放題、そしてフォトストレージ容量無制限ってすごすぎます。

 

Kindleオーナーライブラリー


僕は、2年前にKindleを購入した際に、Kindleオーナーライブラリーという有料会員サービスを知り、Amazonプライムに入りました。オーナーライブラリーは月1冊無料で読めるというもの。なので必ず月1冊は本を読めます。対象となっている無料で読める本はたくさんありますが、その中から選ぶのが大変。普通に検索するとなかなかいい本が見つかりませんが、ちゃんと検索するコツを覚えれば、興味ある本を見つけられるようになります。

今では本はほぼKindleでしか読みません。なぜKindle読書がいいかは、こちらの記事を見てください。ハイライト下箇所を一覧で見ることができるという、本への投資を無駄にしないめっちゃ便利な機能があるんです。

Kindleのススメ

 

プライム ミュージックで変わったミュージックライフ


Amazon プライム プライムフォト

プライムミュージックの威力は半端ないです。ミュージックライフががらりと変わりました。20代前半の時はいろいろ聞きまくってましたが、今になっては自分のライブラリーも偏りが出て、マンネリ気味。なにかリフレッシュできるいい音楽ないかなって思っても、なかなかうまいこと探せない。そんな中出てきたのがプライムミュージックです。

プライムミュージックは、たっくさんプレイリストがあります。どんどん追加されます。朝からテンションあげるためのクラシックや失恋したときのJ-POPとかリラックスしたいときのBeatlesとかすごいです。どんどん楽曲も追加され、その時の気分でプレイリストを選べば、これまで聞かなかったような曲を聞くことができます。

僕はBeatles大好き人間でCDすべて持っているのですが、プライムミュージックですべて聞けるので、もしかしたらCDを持っている必要もないかもしれませんね。

あと、AKB48のヒット集がありますが、初めてまともにAKB48の曲をたくさん聞きました。意外と木工作業してるとノリノリになれてはかどります(笑)

 

プライム ビデオでかわった家族との時間


プライムビデオも昨年追加されたサービスですが、名作といわれる映画からくだらないドラマまで、たくさんの作品を無料で見れます。たまに夫婦で夜更かししたいときに、映画を選んでみてたりします。海外のドラマも意外と面白い。

遠出の移動中に子どもがぐずったら、アニメを見せて気を紛らわせることもできます。

先日は、子どもと一緒に「ドラえもん のび太と恐竜」をみて一緒に泣きました。

 

そして、容量無制限のプライムフォト


Amazon プライム プライムフォト

まだ、本日(1月21日)発表されて、スマホにアプリ入れて写真をアップロードしている段階ですが、容量無制限のフォトストレージ、しかもRAWデータもサポートしています。

僕はローカルHDDのほかにGoogleフォトとFlickrに自動アップロードで保存していますが、JPGのみです。もしRAWデータも含め保存できるのであればとってもうれしい限り。

使い勝手は、これから検証していきます。

 

即日配達って地味にすごい


昨年8年落ちのノートPCを買い替えることになったのですが、買うと決めた機種の価格を調べてみるとAmazonが一番安かったわけです。プライム会員だったので、無料の即日配達を選択したわけですが、午前中に注文して、夕方届きました。

これにはびっくり。ほんとに当日来たよ、って。

というわけで、音楽聞き放題、映画・ドラマ見放題、本読み放題、そしてフォトストレージ容量無制限で年額3900円ってすごいなぁっていう話でした。

2016-01-21 | Posted in 日記No Comments » 

 

激しい炎で大量のだるまが供養されるだるま観音 大龍寺に行ってきました。

だるま 観音 達磨 大龍寺

近所にある大龍寺というお寺は達磨さんのお寺で歴史もあって、有名なところです。毎年1月12日~18日の日曜日に達磨の供養祭が行われます。今年は17日だったので行ってみることにしました。

 

次から次へとだるまが炎の中に投げ込まれ、あっという間に灰になる


だるま 観音 達磨 大龍寺

供養されるだるまはほんとに大量にあります。1年間この大龍寺で祈願のために買われ、そしてこの供養祭のために納められたものですが、こんなにあるんだ、という驚きでした。トラックの荷台に大量に積まれ、それが次から次へと何台もやってきます。投げ入れられただるまは、激しい炎であっという間に燃えてなくなっていきます。それでも次から次へと投げ込まれるだるまたち。

だるま 観音 達磨 大龍寺

両目書き込まれたものもあれば、左目だけのものありましたし、体部分にたくさんのメッセージと思われる書き込みがされただるまもいました。いろんな人の願いがこのだるまたちに託され、そして今日供養されるんだなぁと思うとジーンときます。

 

たくさんの人で賑わっていました。


だるま 観音 達磨 大龍寺

ごった返すほどではないですが、たくさんの人が訪れていました。燃やしている周りはとにかくアマチュアカメラマンのおじちゃんたちがこぞって写真を撮っていました。

だるま 観音 達磨 大龍寺

国道から大龍寺本堂までの道には屋台がずらりと並び、賑わっていました。

 

小さなだるまを買いました。


だるま 観音 達磨 大龍寺

我が家も小さなだるまを買いました。一番小さなだるまは500円。かわいいです。朔汰は家に帰って、いきなり両目を書き入れてしまいました。しかも、眉毛と鼻の穴も。まぁ、いいでしょう。

だるま 観音 達磨 大龍寺

ちなみに、このだるま型のおみくじを結びつけるやつがかわいいですね。

だるま観音 大龍寺
〒502-0001 岐阜県岐阜市 粟野2339
058-237-3837
dairyuji.com

2016-01-17 | Posted in 日記No Comments » 

 

舞鶴 観光で、舞鶴港とれとれセンターに行ってきました。

舞鶴 観光 舞鶴港とれとれセンター

舞鶴といえば、やっぱりとれとれセンターでしょう^^ 結構好きなネーミングです(笑)

舞鶴は京都最大の漁港がある漁業の町でもあります。そしてこのとれとれセンターは新鮮な魚介類をいただけるオイシイ場所なのです。道の駅としての機能も備えており、これだけの賑わいのある道の駅も珍しい方でしょう。

 

舞鶴といえばやっぱり松葉がに


舞鶴 観光 舞鶴港とれとれセンター

ズワイガニの中でも丹後半島エリアでとれるオスのズワイガニは松葉ガニと呼ばれて、超高級ガニ。その中でも上質なカニは舞鶴かにというブランドになります。自他ともに認めるカニ好きの僕は、舞鶴かにをいまだ食べたことはありません。

舞鶴 観光 舞鶴港とれとれセンター

スミマセン、写真が違うのですが、売られていたカニの中にはまだ動いているものも多く、鮮度の良さがわかります。その中でも1尾20000円を超える舞鶴かにがいて、もうまぶしすぎて写真が撮れませんでした。いつか舞鶴かにを食べてみたい、と思います。

 

その場で調理してもらって食べる


舞鶴 観光 舞鶴港とれとれセンター

とにかく鮮度の良い魚介類をいただけるのがとれとれセンターのいいところ。売られている魚をさばいて刺身にしてもらったり、焼き魚にしてもらったり。ホタテやイカなどの串も多くあり、その場で焼いてもらったり。一緒にごはんや汁物などを頼むこともできます。飲み物は自動販売機がずらっと並んでいるので好きなのを購入できます。

舞鶴 観光 舞鶴港とれとれセンター

食べるスペースも広く、テーブルもたくさん。正月ということもあって焼きガニをいただくお客さんも多かったです。

今回、僕らは夕食用ということで焼き魚やホタテ、エビ、イカなどの串を買って持ち帰りました。

 

建物の半分はお土産屋さん、中央には生け簀、そしてすし屋や丼のレストランも


舞鶴 観光 舞鶴港とれとれセンター

大きな建物の半分は上に書いたような魚屋さんと食べるスペース。もう半分は舞鶴や丹後エリアのお土産が買えるエリアです。中央には生け簀があり、生きている魚介類がお店ごとの網などに分けて入れられていました。

また新鮮な魚介類を使ったすし屋や丼などを提供するレストラン(というより食堂)もあります。

 

いつ行っても大賑わいのとれとれセンターは舞鶴に来たら必須の場所


舞鶴 観光 舞鶴港とれとれセンター

いつ行ってもたくさんの人でにぎわっているとれとれセンター。新鮮な魚介類がいただけるスポットとして人気なようで、団体客も多く来ているようでした。

舞鶴来たら、行かないわけにはいきませんね。

舞鶴港とれとれセンター
〒624-0946 京都府舞鶴市下福井905
http://www.toretore.org/
0773-75-9945
【営業時間】9:00~18:00

2016-01-05 | Posted in , 日記No Comments » 

 

舞鶴 観光で、大庄屋 上野家に行ってきました。

舞鶴 観光 大庄屋 上野家

京都 舞鶴はヨメの生まれ故郷であり、年に何度か里帰りをします。その際、舞鶴観光としてちょこちょこ出かけるのですが、今回は西舞鶴のはずれ加佐地区にある大庄屋 上野家へ行ってきました。

 

のどかな田舎の風景の中、シュッとした看板と門松でお出迎え


舞鶴 観光 大庄屋 上野家d

これまで西舞鶴の奥の方まで来たことはなかったので地理感が全くありませんでした。加佐地区というエリアは全国どこにでもありそうな集落が点々とした田舎の風景を残しています。雪が多いこともあってか勾配がきつめの屋根、特にもともと茅葺だったことを思わせるトタン屋根が多く目につきます。現代的な家が少なく、トタン屋根だとしてもこのような風景を維持できているということは、住民のみなさんの意思統一ができているのかそのような規制があるのかわかりませんが、のどかで好印象です。

国道175号線から県道570号線に入り、そのような風景を眺めながら進むと、少しずつ上野家へ導くサインが出てきます。そして、到着すると、シュッとした看板が出迎えてくれました。この屋根二つのマークが上野家の紋なんだそうです。

駐車場には何台か車が止まっていました。今年初のオープンなのに人がいるのかな、と思いましたが、僕ら以外にお客さんを見なかったのでここのスタッフの車だったのでしょう。

舞鶴 観光 大庄屋 上野家

母屋の入り口には門松が。正月の雰囲気を出しています。

 

大庄屋 上野家とは??


舞鶴 観光 大庄屋 上野家

庄屋というのは、Wikipediaで見ると下のような説明があります。そして今回の大庄屋というのは、さらにその庄屋を束ねていた家になります。

庄屋(しょうや)・名主(なぬし)・肝煎(きもいり)は、江戸時代の村役人である地方三役の一つ、郡代・代官のもとで村政を担当した村の首長。身分は百姓。庄屋は主に西日本での呼称で、東日本では名主、東北・北陸地方では肝煎と呼んだ。庄屋は荘(庄)園の屋敷、名主は中世の名主(みょうしゅ)に由来する言葉である。(Wikipedia)

上野家は室町時代に伊賀国から移り住んでから農業と養蚕を営む豪農で江戸時代終わりごろから由良川流域の村々の庄屋を取りまとめる大庄屋に任命されたそうです。当主は代々 彌一郎という名前を名乗り、明治維新後は12代彌一郎が衆議院議員となり、京鶴鉄道の施設や京都大学の設置などの業績を残すほどだったそうです(上野家 資料より)。つまり、相当の銘家ということですね。

庄屋(しょうや)・名主(なぬし)・肝煎(きもいり)は、江戸時代の村役人である地方三役の一つ、郡代・代官のもとで村政を担当した村の首長。身分は百姓。庄屋は主に西日本での呼称で、東日本では名主、東北・北陸地方では肝煎と呼んだ。庄屋は荘(庄)園の屋敷、名主は中世の名主(みょうしゅ)に由来する言葉である。(Wikipedia)

 

築170年ほどの主屋と長屋、蔵、真屋


舞鶴 観光 大庄屋 上野家

大庄屋 上野家は主屋と長屋、蔵、真屋などの建物で構成されています。主屋は江戸後期の建物だそうです。現在はレストランとして活用されています。長屋は現在管理する加佐活性化センターのオフィスと2階の資料館となっており、蔵はギャラリーと図書室として使われています。

舞鶴 観光 大庄屋 上野家

茅葺屋根の主屋の壁には「水」の文字が。しかも、木の板を切り抜いていますよ。茅葺屋根の家にとってみれば、火が一番怖いわけで、火災難除けの意味として「水」を掲げているそうです。

舞鶴 観光 大庄屋 上野家

蔵のギャラリーでは、しもきた和紙人形を丹後和紙に描いた池田豊幸さんの展覧会が行われていました。ほんわかとした気持ちになります。

舞鶴 観光 大庄屋 上野家 木製冷蔵庫

そんなことよりも、息子は木製冷蔵庫に興味津々でした。

舞鶴 観光 大庄屋 上野家

BooKURAと名付けられた小さな図書館にはたくさんの絵本や資料がありました。読まなくなった本を寄付してもらうこともあるそうです。また壁にはいわさきちひろさんの絵がいくつか飾られていました。

レストランとして使われている主屋は、定休日でしたが中を見せてもらいたいとお願いしてカギをあけてもらいました。土間部分は地域の野菜や民芸品が販売されていて、「田の字」間取りの部分が厨房と客席として使われていました。立派な黒い三連のかまど(おくどさん)もあります。囲炉裏は厨房の作業台の下で見えませんでした。また使われている階段箪笥や水屋箪笥などはすべて上野家で使われていたものだそうで、そのあたりも歴史を感じます。

舞鶴 観光 大庄屋 上野家 同志社大学

床の間がある客席がある部屋には、同志社大学の創始者である新島襄から上野彌一郎への手紙が展示してありました。これは、同志社大学創設にあたって上野家が支援をしたことに対する感謝状とのこと。大河ドラマ「八重の桜」を見ていたこともあり、ちょっと熱くなってしまいました。

 

これからが楽しみな大庄屋 上野家でした。


話によると建物がだいぶ傷んでおり、その補修などでやっと整備が進んできたとのこと。これからは、もっと上野家の歴史の重みと昔の暮らしをしっかり伝えていける施設になると魅力的になるんじゃないかなと感じました。これだけの建物を維持するだけでも大変なことですが、こうやって活用していこうといていることは素晴らしいですね。

〒624-0118 京都府舞鶴市西方寺285
0773-60-8200 (料理予約:0773-83-1339)
http://www.uenoke.com/
営業時間 8:30~17:15 (料理提供は12:00~15:00)
休業日 毎週水曜日・年末年始(レストランは月~水)

2016-01-04 | Posted in , 日本, 日記No Comments » 

 

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

1歳 ミニカー

2016年になりました。申年ですね。

うちの長男は、干支をすべていえるようになりました。僕は言えません。

うちの次男坊は、1歳半にしてじゃんけんを覚え、兄の真似をして数字らしきものを発するようになり、そしてミニカーを愛でるようになりました。

今年も子どもたちの成長から目が離せません。

2016年が皆様にとって笑顔あふれるいい年でありますように。

今年もSimplife+をよろしくお願いいたします。

2016-01-01 | Posted in 日記No Comments » 

 

2015年 こんな記事がたくさん読まれました

DIY 棚 壁 おしゃれ

2015年、もう終わります!そこで2015年のSimplife+を振り返り、たくさん読まれた記事BEST10を発表いたします!2015年に書いた記事だけにするか、これまでの記事すべて含めてのランキングにするか迷いましたが、昨年ランキングとの比較もできると面白いので過去記事含め純粋にたくさん読まれた記事ということにします。

ちなみに昨年のランキングはこちら
2014年 こんな記事がたくさん読まれました

 

いきなり発表です


ではさっそく、NO1に輝いた記事から順番に見ていきましょう!

1.これなら簡単!DIYで壁に棚を設置しました。(↑ 昨年7位)

NAVERまとめ、Kurashiru、MAKEIT.jpなど最近はやりのまとめサイトにて紹介されてアクセスが急激に伸びたチャンネルサポート棚柱を使ったDIYで棚を作る方法の記事。つくづく思いますが、DIY関連の検索が非常に伸びている中で「棚」は特に多いように思います。それほどみんな棚を作りたいんですね。


2.クラークス ナタリーのソールを修理してもらいました。
(→ 昨年2位)

昨年も2位だったクラークス ナタリーのソール修理について書いた記事ですが、約2年たつ今でもずっとアクセスされ続けています。それだけクラークスファンが多く、そして修理に関しての情報が少ないということなんでしょう。


3. 一眼レフ カメラストラップ 斜めがけするならニンジャストラップとハクバ グリップストラップの組み合わせがオススメです
(初登場)

カメラのストラップはほとんどが首からぶら下げるタイプのものです。それを肩から斜め掛けしたくて、いろいろと試してきました。その結果いきついた方法を紹介したのがこれですが、これまた隠れたニーズがあったようです。


4.大阪なんばにできたDIY FACTORY OSAKAに行ってきました。
(↓ 昨年3位)

今年は4月に関東にも進出したDIY Factory。DIYラバーを後押しする場所として2014年春に誕生したDIYA FACTORY OSAKAは絶えず進化し、常にあたらしいワークショップを開催し続けています。


5. 一眼レフカメラ用ショルダータイプの カメラバッグ ダントツのおすすめ:TENBA DNA13のすごいところBEST5
(初登場)

1年前に購入したTENBAのDNA13。一眼レフカメラを常に持ち運べるショルダータイプのバッグを探していて行きついたのがこのDNA13でした。ノートPC、iPad、A4の書類なども一緒に収納できる容量とジャストフィットなサイズ。タウンユースにもアウトドアにも持っていける僕にとっては完璧なカメラバッグです。


6. おしゃれな部屋は壁から! DIYで雰囲気をガラリと変える~木の壁編~
(↓ 昨年5位)

昨年DIYネタでトップだった我が家の木の壁を紹介した記事です。iemoなどで紹介されて、今年も多くの人に読まれました。


7. 【ミャンマー 観光 5】高速バスJJ Expressでヤンゴンからバガンへ行く途中、事故りました。
(初登場)

昨年末ミャンマーへ旅行し、ヤンゴンからバガンへ高速バスで移動中に真夜中に事故ったことを書いた記事です。ミャンマーで一番人気といわれている長距離バス会社JJ Expressの情報はみなさん探しているようですね。


8. 登山でも写真を撮りたい人のためのカメラストラップ→Diagnl Ninja Strap”
(↓ 昨年6位)

3位にランクインしたカメラストラップを斜め掛けする記事で登場するニンジャストラップ。かれこれ使い始めて3年以上たちますが、相変わらずタフに使ってます。


9.やっと自転車が乗れるようになりました!へんしんバイクの紆余曲折^^
(初登場)

ここにきて子育てネタが入ってきましたね。我が家で今年大きな出来事だったのはやはり朔汰が自転車を乗れるようになったことです。へんしんバイクのおかげで4歳半にしてすいすいと自転車を乗りこなすようになり、二人で自転車で出かけることもありました。子供の成長を目の当たりにすると感動します。


10. 郡上観光で恐竜探検ディノアドベンチャーライドに行ってきました。
(初登場)

岐阜県郡上にあるディノアドベンチャーライドに行った時のブログです。恐竜は子どもたちの憧れ。いつでも夢を見せてあげたいと思う反面、なかなか現実的には通うことはできない。。。葛藤ですね。

 

DIYネタの記事が良く読まれてますね


古い記事も、新しい記事もまんべんなく読まれてますね。その中でもひしひし感じるのはDIYネタがすごく検索されていることです。やっぱりこれって時代の流れですかね。来年はもっとDIYネタを増やしていこうと思いますし、今回ランキングからは減ってしまった子育てネタも多く出していきたいなぁと思います。Simplife+は「自分らしいくらしをつくる」がテーマです。

2016年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2015-12-31 | Posted in 日記No Comments »