日記

トモダチ

畜産センター

先日、ちいさなちいさな同窓会がありました。
小中学校の同窓会です。

僕にとっては17年ぶりに見るみんな。
久しぶりすぎてよくわかりません。
岐阜市は高校がたくさんあるので中学卒業でみんなばらばらになるし、
さらに僕は高校入ってすぐ海外に行ったことによって疎遠になり、
大学もアメリカ行ったことにより成人式すら出られなく、
日本戻ってきてからも岐阜から離れてたし。。。

これまでよく、自分の人生高校から始まったって思ってきました。
正直、小学校中学校の友達との思い出もほとんどないんです。
いろんな場所で、いろんなときに、友達がたくさんできましたが、
小、中の友達がいなかったんです。

悲しい。

それが昨年から急にFacebookでみんながつながりだして、
何人かとネット上で再会はしてたんです。
でも昨年末に大きな同窓会が企画されたんだけど、予定が合わず参加できずじまい。
その後もう一回あったのも、予定が合わず。。。

住んでるのはほんと地元なのに、地元の人間を全然知らない。。。。

そんな中、同窓会とも呼べないくらいのイベントが企画されて、
Facebookを通じて案内が回ってきました。
行くしかない。

当日は、なんかドキドキしながらも、そわそわ浮かれた感じで、
ウキウキしながらも、覚えてないんじゃないかって心配で、、、
いろんな感情がまみれにまみれながら会場行ったんだけど、
こっちの気持ちなんて関係なくて、一瞬で17年という年月を越えて、
昔に戻ったような感じがしました。

それから日付をまたいでまで話は絶えず、でも内容もほとんど覚えてないけど、
ずっと笑っていたような。
みんないろんなところでいろんな仕事していろんなもん抱えて
それでもがんばってんだなぁってしみじみ思いました。

なんか理由もなく一緒にいて楽しいってのは気持ちいですね。
あぁこれが地元なんだって。
みんな眉山のふもとで育ったんだなって。
みんな岐阜を好きなんだなって。
いろんなことを知った暖かい夜でした。

2013-07-26 | Posted in 日記No Comments » 

 

伊吹山登山

伊吹山

まるまる2年ぶりの登山は少し控えめに「伊吹山」に行くことにしました。

伊吹山は標高1377mとそんなに高くないですが、百名山の一つで、
高山植物の宝庫と言われていて、イブキと名前がついたものがたくさんあるそうです。

今回は高山の友人と兵庫の友達と行くことになりました。

さてさてそんな2年ぶりの登山ですが、さすがにきついですね。
5合目ぐらいまではなんなく登れましたが、そこからペースダウン。
確実に体力が落ちているようです。いかんいかん。

それでも目安3時間半のコースですが、3時間で登れました。
天気予報で分かっていたものの、頂上付近は雲に覆われてました。
そしてすごいのが下から上へ吹き上げる風。
この風が山を越え、岐阜方面へ吹き降ろす、いわゆる「伊吹おろし」となるんですね。
あ、伊吹おろしは冬の季節風か。

頂上では恒例のカップラーメンを頂きました。
やさしい頂上の売店のおじちゃんはお湯をくれました。
それにしても、伊吹山は完全に観光地ですな(笑)
ドライブウェイが山頂近くまであるので、ハイヒールに軽装の女性がいて、
ひーこら登って者から見ると、なんか雰囲気違います。
そこは残念だな。

下りは1時間40分ほど。
山の上は雲の中&風があるので非常に涼しく感じましたが、
下りてきて感じるものすごい蒸し暑さ。

即、近くの薬草湯へ汗を流しに行きました。

さ、再び登山熱が上がりそうです。
登山写真はこちら

2013-07-06 | Posted in , 日記No Comments » 

 

自分の居場所

幼稚園にあるような大きな積み木。
先日、どこかの幼稚園で長年使われていたというものをいくつか買いました。

まだまだ朔汰には大きなこの積み木。
それでもなにかとせっせと運んだり、積んだり、並べたり、
その上を車でぶーぶーと転がせたり、レゴの動物を滑らせたり、
いろんな遊びをしています。

こないだ、写真のように、自分のおもちゃと本がしまってある棚の前で、
大きな積み木を並べて、自分のイスにしていました。
足を伸ばすとちょうど三角積み木のところまで。
そのピッタリ感が絶妙でした。

2013-07-01 | Posted in 子育て, 日記No Comments » 

 

ひとつ年をとりました。

6月27日、ことしも一つ年を取りました。
相変わらず、20代、はたまた学校では学生に間違われることはしょっちゅうで、
どうしたものかと思います。
貫禄がないっていうやつですかね。

さて、FacebookやLINEなどで
たくさんおめでとうメッセージをいただきありがとうございました。
とっても嬉しかったです。

実は、嫁っと付き合いだして10年、入籍して5年という記念日でもあったのです。
そんなこともあり、当日は3人で外食でもしようかと話していましたが、
お互い仕事で遅くなり、結局小さなケーキと朔汰のバースデーソングでお祝いしました。

それはそれで幸せを感じるものです。

10年という時間、長すぎて、あぁそんなものかと思いますが、
入籍して5年って、ほんとですか??もう5年ですか??っていう感じです。
当時はまだ会社勤めで、僕がタイに出張中に、
嫁が僕の誕生日に婚姻届を出してくれたのです。

あれから何もかも変わりましたが、
相変わらず嫁とあーでもないこーでもないと話しながら、暮らしております。
嫁の寛大な心に救われている毎日です。

これからも仲良く、よろしくお願いいたします。

2013-06-27 | Posted in 日記2 Comments » 

 

ちょっとしたお金の話

価値観

価値の判断が、お金でしかできない世の中。
安いか高いか、それだけが物差しになっているのが悲しい。
誰が見てもそのものの価値が瞬時に判断できるようになるというのはお金のすごいところ。
でもそうなると、それだけが指標になってしまうことが多い。

もちろん生活するにはお金は必要だし、
そのためには仕事をして稼がなきゃいけない。
けど、お金をもつこと、お金を稼ぐことが目的になってしまうと本末転倒。

何が正しいのかわかんなくなってしまいます。

一方で、商品を購入するということは、
それを作っている人や会社を支持するということ。
だから本当にいいものは高くても買うべき。
その行為が、その作り手、メーカーを支援し、
さらにそれが広まることを後押しするということ。
あまりよくないとわかっていても、つい買ってしまう、というのは、
結局、そのよくないものを支持して、さらにそれが広まることを応援するということ。
ダメなものには、やっぱりダメと言わなきゃいけない。
買うべきでないものは、やっぱり買っちゃいけない。

やっぱり、消費者が意識を高く持たないと。
これからを担う子供たちのために、どんな世の中が望ましいのか、
それを決めていくのは、今の子育て世代。
だから、僕たちが意識を高く持たないと。

と自分に言い聞かせるのでした。

2013-06-12 | Posted in 日記, 考えるNo Comments » 

 

いつまで続くこのかわいさ

ただ今、朔汰2歳半。

2歳までは、もう2歳かぁ!と驚いていたのですが、
この半年ほどまだ2歳半なのか?もう3歳でもいいぞって思ってしまいます。

それくらい、自我が強くなって、自己主張が強くなって、すぐ泣くようになって、
いっちょまえにがきんちょになってきています。

でも、今はほんと可愛い時期だと思います。
よく「今が一番いいじきだね~」とか言われますが、たぶんそうなんだろうなぁ。

でもなんだかんだでどの時期でもかわいいんだろうなぁ。

あぁ、親というのはバカな生き物ですね。

2013-06-05 | Posted in 日記4 Comments » 

 

いちご狩り

いちご狩り

5月はいちごの季節。

父親は数年前から家庭菜園にどっぷりはまっていて、
仕事がどんだけ忙しくても、せっせせっせと野菜作りをしています。

孫が増えた今は、孫たちに喜んでもらうためか、
いちごをせっせせっせと栽培しています。
その量がすごい。

ことあるごとに「今度いちごとりにおいでよー」って実家から連絡が来ます。
僕はなかなか行くことはできませんが、嫁と朔汰はなんどか取りに行ってます。

その場でパクリ。

せっせと育てられたいちごは
「おーいしー」といってよろこんで食べてもらえてます。
親もさぞうれしいことでしょう。

2013-05-21 | Posted in 子育て, 日記No Comments » 

 

もっと暮らしを豊かに

自然の創造物ってなんでこんなに出来上がってるんでしょうね。
不完全のようなフォルムでもあり、それが完全でもあり、
この絶妙な形でのいでたちが、凛としていて、見惚れてしまいます。

さて、昨日から新しい1年生の手工具の授業が始まりました。
木工の道を歩みだした6人。
その第1歩が今ここにあるのです。

以前のブログにも書きましたが、
木工家の井崎正治さんの授業が4月と5月初めに2回ありました。
大御所の木工作家でもあり、生粋の職人でもあり、
繊細なアーティストでもあり、敏腕なプロデューサーでもあり、
とにかく、その技術、知識、実績どれをとっても神のようなお方です。

そんな井崎さんは、名人の技術はいらない。
身の丈の木工、身の丈の作品作りが重要というお話をされました。
また、生活の中で自分の作品を使う意義を何度も説いていました。

僕は、木工を仕事としているけれども、
人間国宝を目指しているわけでもなく、国展を目指しているわけでもなく、
売れっ子作家を目指しているわけでもありません。

僕が目指しているものは、豊かな暮らしがある町をつくること、その一点です。
よく「木のものづくりの楽しさを伝えたい」と言う時がありますが、
正確には「自分で作った木の生活道具、家具を自分の暮らしの中で使う、
その喜び、その豊かさを感じる人を増やしたい」んです。

木工はもっと広く一般に広がるべき、だと思っています。
日曜大工よりも一つ上のレベルでものをつくることができたら、
おいしい手料理を、自分の作ったお皿に盛ることができたら、
大人になってもずっと使えるような勉強机を子供に作ってあげることができたら、
週末のんびり読書をする時に、自分で作ったイージーチェアに座ることができたら、
代々受け継がれるような家具を自分が作ることができたら、
数段上の暮らしの豊かさを感じることができると思います。

そのための環境、設備、知識、技術を開放したいのです。

自分自身まだまだ未熟なところは多々ありますが、今は下積み期間。
いつか遠くない未来に、木工も、それを伝える・教えることも含めて、
凛とした仕事ができるよう、がんばりたいと思います。

2013-05-09 | Posted in 日記, 考えるNo Comments » 

 

おちつくところに新しい風を

気づいたらタンポポは綿毛になってまんまるい姿になっていました。

少しの風でもさっと崩れてしまうこのはかなさ。
このはかなさこそが愛おしいのです。

青空のもと飛んでいく綿毛たち。
新しい命がどこかの地に宿ります。

春は常に新しい風が吹きます。
さぁ、はじめましょう。

2013-05-08 | Posted in 日記No Comments » 

 

改めていろいろ考える~木工はもっとひろく広まるべき

蝶ちぎり

Facebookとか見てると、いろんなGWが進行中だなぁと思います。
我が家は2日には親友家族が泊まりに来て、
今日4日は、嫁と子供が京都の実家へ帰省しました。
あ、父ちゃん、おいてけぼり。

そうなんです、ちょいと期限が迫っている制作物を連休中にやらなきゃいけないので、
どこも行くことなく自宅工房でいそいそと作業しています。
ちょっと難点がある材料を使っているので、あーでもないこーでもないと
あれこれ考えながら制作中。

そういえば、
4月5月で2度、アカデミーの授業で木工家 井崎正治さんから道具の作り方を教わりました。
(教員も学生に交じって勉強勉強なんです。)
これまで、カンナやノミといった道具は買うものであり、
そのある道具を制作の中でいかに使いこなすかというところばかり考えていましたが、
今回の授業ではまさにその逆。
作りたいものがあって、そのために道具をつくるというもの。
端材と廃棄される金属板から鉋をつくったり、
ハイス鋼の丸棒からばんかきをつくったり、
自分の持ちやすいように、手になじむようにその形状も削ったりして整えたり。
その道具らを使って、最終的にはお皿をつくったり。

木工はもっと万人のものであるべきと思ってますが、
今回の経験でさらにその思いが強くなりました。
道具がもっと身近に、木工がもっと身近に感じられるようになりました。
身構える必要なんてないんだって。

たくさんの人に木のものづくりの楽しさを知ってもらいたい。
お店に行けば、かっこいいデザインの家具や雑貨が買えるし、
機械を駆使すれば、いろんな加工が短期間でできるけど、
じっくり時間をかけて自分の手で自分の生活の道具をつくっていくのは
この上ない贅沢です。
その良さを伝えれる人間になるためにも、今は経験をどんどん積んでいかないと。
まだまだ先は長いけど、楽しい旅です。

2013-05-04 | Posted in つくる, 日記, 考えるNo Comments » 

 

GW前半は

畜産センター

GW前半が終わりました。
2日間、オレゴン時代の友人夫婦が訪ねてきてくれました。

高山にも2度も来てくれた2人。
今回は自宅工房でちょっとしたものづくりをしたり、
芝生広場が再オープンしてクラフトフェアなどやっていた畜産センターを堪能したり、
中身充実の滞在でした。

朔汰はいっぱい遊んでもらって、ご満悦。

友達が訪ねてきてくれるのはほんとうれしいね。
途中で帰宅時間が来てつくりかけになったお皿を完成させるためにも
また遊びに来てほしいと思います。
今から楽しみにしてーす。

2013-04-29 | Posted in 日記No Comments » 

 

工房が好きなんよ

工房が遊び場

朔汰さんの中で、遊ぶ場所として好きなところのBEST3内に工房というのがあると思います。

確かに彼にとって魅力的なものがいっぱいです。

額縁を組み立てる際に使うコーナー当て木も、
一生懸命に並べて、「いすー!」と叫んでおります。
毎回工房来るたびにこれやってます。

そうやって工房に来ては、遊んで、そのうち鉋使ったりするようになるのかな。
危険だから、と興味の芽をつぶさないようにしないといけないなと
父ちゃんは思うのでした。

2013-04-28 | Posted in 子育て, 日記No Comments »