日記

NAKAJIMA WOODTURNING STUDIOで1泊2日で木工旋盤のマンツーマンレッスンを受けてきました。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

2月15日、16日の2日間、大阪八尾市にあるNAKAJIMA WOODTRNING STUDIOで木工旋盤のマンツーマンレッスンを受けてきました。

 

西日本では初の本格木工旋盤教室


NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIOはなんと僕と同い年の中島信太朗さんが運営している木工旋盤専門の教室です。大阪八尾市の交通量の多い国道沿いにあり、スタジオ自体はパチンコやネットカフェなどが入るエンターテイメント施設の1階にあります。

木工旋盤教室は日本ではまだまだ少なくて、本業としてやられているのは中島さん含めて2名ほど。まだまだこれから広まっていく余地があると思います。で、そのもう一つのほうは埼玉県にあるため、遠くてなかなか習いに行こうという気になれませんでした。1年半前に中島さんが大阪で教室を始められ、大阪なら近いし、よし、これは機会を見つけていってみよう、と思っていたのです。

 

1泊2日のマンツーマンレッスンを申し込みました


NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

HPを見ると、数時間で気軽にできるコースから数日間かけてがっつりやるコースまでいろいろ対応できますって書いてあります。その中で「短期集中カリキュラム 2DAYSコース」を申し込むことにしました。

僕が木工旋盤のスキルアップを望む理由としては、なんといっても教えなければいけないから。学校の授業で木工旋盤を担当しているので独学での限界を超えたいからでした。そのため、事前に教えていただきたいことをメールで伝え、2日間その内容に沿って指導いただくことにしました。

 

ハイエンド機種が並ぶ夢の木工旋盤教室


スタジオの中は、ギャラリーショップスペースとカウンターバーのような空間と奥の工房といった3つの空間に分かれていました。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

奥の工房には、ウェブでしか見たことのないハイエンドのROBUSTのAmerican Beauty、最近周りでも所有者が増えているPOWERMATICなどの大型の木工旋盤がドンドンドンと並んでいました。僕も持っている卓上旋盤のDELTA460もちょこんとありました。ちなみに、買うならどれがオススメか聞くと、機能的にはAmerican Beautyだが1台100万なので、断然コスパがいいPOWERMATICだとおっしゃってました。40万でこのスペックであれば文句なしとのこと。フムフム。

工房は集塵用の配管がしっかり1台ごとにしてあって、サンディングの粉が工房中に舞い上がることはありません。また、ペレットストーブがあり工房内はあったかいのです。しかもこのペレットストーブで使うペレットは工房で出る切り屑を自分でペレットに加工し使っているとのことでエコです。ペレット製造マシーンは調子悪いらしいですが。

 

初日からみっちり、でも時にゆるく


さて、初日工房につくと奥で旋盤作業をしていた中島さん。僕が来たことに気付くと、ささっとコーヒーを出してくれ、カウンターでちょっと雑談というスロースタートでした。その中でどういったことを教わりたいか再確認したうえで、じゃあ始めますか、と工房へ移動しました。

僕が習いたかったことは大きく分けて4つ。
1.高さのあるコップのような筒状の成形
2.ボール形状の上手な成形の仕方
3.平面に近いお皿の成形の仕方
4.各刃物の研ぎ

初日は、コップ形状のものから始めました。枝を円形にして、そこから筒状の掘り込みをしていきます。何気ないことでも見たことのない道具だったり動作で作業をするのでその都度質問しながら進めていきました。限られた設備の中でやっているのとは違い、こういう専門の教室は最先端の技術、道具があるので非常に勉強になります。

無事筒状の成形が終わるころにはすでにお昼!あっという間の時間でした。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

ランチは、有名とんかつ屋さんがあるということで、その弁当買ってきてくれ、いただきました。おしゃれなカウンターで中島さんとアシスタントの井上さんの3人でとんかつを食らうというギャップが面白かったです。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

さて午後は、ボウルを挽くことになりました。その場でチェンソーを使って丸太から木材を切り出す中島さん。ワイルドです。そして、その木を旋盤にとりつけます。さすが3馬力のAmerican Beautyです。大きくてごつごつなやつでも安定して回せます。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

で、そのごつごつから削っていったのですが、思い通りの形状に削れません。刃物が安定しないのです。中島さんは的確に悪い癖を見抜きました。刃物を動かす際、左右の手の動きにバランスが取れていないんだそうです。そのため、ずっとずっとそれを練習することになりました。

ひたすら削る。何度も何度も左右の手のバランスを意識しながら。結果、大きかった木はあっという間にちっちゃくなっちゃいました!

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

でもですね、やっぱりやるもんですね。自分の癖が何なのか、どう意識すればいいのかやっているとわかってきて、最終的にはその悪い癖を克服することができました。ひたすら削る僕に、ひたすら刃物を研ぎなおしてくれた中島さん、非常にありがたいです。木工旋盤で刃物の研ぎはすごく重要とわかってはいるものの、研ぎたての刃物がここまで切れ味が良いことを実体験として再認識できたことはよかったです。

初日は、こんなところで終わりました。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

 

宿泊施設がある!素晴らしい!


こういう日をまたいだレッスンで気になるのは宿泊です。でもNAKAJIMA WOODTRNING STUDIOは宿泊できる部屋があるんです!これは素晴らしい。1泊2500円。寝れる場所があるってとてもいいことです。部屋、トイレ、お風呂など清潔でした。何よりうれしかったのが、寒くなかったこと。

ちなみに、同じ建物内にCOCO壱番屋、ラーメン屋、ネットカフェがあり、向かいには吉野家やレストランがあり、さらにコンビニも近いので食に困ることはありません。僕は中島さんにベトナム料理屋に連れて行ってもらいました。

 

2日目はボウルターニングのリベンジとお皿、そして研ぎ


さて、初日で作れなかった大きなボウル。2日目にリベンジしましたが、前日の特訓のおかげで非常にスムーズに作ることができました。体に染みついていました。特訓あるのみということですね。

そして、薄いお皿の成形に挑みました。薄いものを挽くときに必ずぶち当たる壁が波模様らしくて、僕も今回相当悩まされました。ちょっとしたことで刃物が振動し、進むにつれて大きくなり、波模様を作っていきます。その振動をいかに抑えるか、その方法をアドバイスいただきながら短時間でこの難題もクリアすることができました。

そして1日の最後に研ぎについて教えてもらい、2日間のレッスンが終わりました。

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO 木工旋盤

難しい技術はあるといっても、結局立ち返ったのは基本です。つまり基礎をしっかりマスターすることが次のステップへの入り口になり、上達への一歩なんだと、ひしひし思いました。今回教わったことを確実に身に着けれるよう日々努力したいと思いました。

2日間みっちり旋盤に向き合って、次につながる確かな実感がありました。中島さん、ありがとうございました!

NAKAJIMA WOODTRNING STUDIO
info@nakajimawoodturningstudio.com
072-926-7082
(10:00〜18:00 火・水曜定休)

2015-02-20 | Posted in つくる, 日記2 Comments » 

 

アンパンマンミュージアムに行ってきました。

アンパンマンミュージアム 名古屋

1週間ほど前から、朔汰は毎日のように「アンパンマンのおうちに行きたい」と言っていました。特別アンパンマンが好きとかいうのはありません。3歳になる手前で1回行ったときに撮ったプリクラが冷蔵庫に貼ってあるのですが、多分それを見て記憶がよみがえったのでしょう。毎日毎日今度の休みはアンパンマンといい続けるので、これは連れていかなかったら可哀そう、とまで親が思ってしまいます。これは朔汰の心理戦に負けたのか??

 

名古屋のアンパンマンミュージアムは小さい?!


ということで、土曜日に行ってきました。全国数あるアンパンマンミュージアム、東海地域では長嶋スパーランドに名古屋アンパンマンこどもミュージアムがあります。実はこのアンパンマンミュージアム、とっても小さく(ほかを見たことありませんが、、、)、大人から見るととても物足りない感じがするので、1回来たらいいよね、って以前きたときに嫁と話していました。でも子どもからするとちょうどいいのかな。

アンパンマンミュージアム 名古屋

今回改めて行って朔汰を半ば野放しで(笑)遊ばせてみましたが、子どもにとってもちょうどいいサイズ感なのかもしれません。毎日通う保育園よりはずっと広いし、かといってたくさん歩かされる広さでもないし。走り回れる広さだけどちょうどよく親の目が届く範囲。意外とこの規模がいいのかな、そんな考えに至りました。

 

アトラクションは少ないけれど


アンパンマンミュージアム 名古屋

念願のアンパンマンミュージアムにやってきた朔汰、入場したら喜び爆発!タタターと走っていっちゃいました。次から次へと遊具で遊びながら園内を走り回ります。すごいエネルギーだ。アトラクションは公園の遊具と同じようなレベルやちょっとグレードアップしたぐらいのものがほとんど。これも子どもからすると普段の延長で遊びができるってことでいいのかなぁ、と思います。大人はどうしても、せっかく来たんだから非日常なワクワク体験を!ってあれこれ望んでしまいますが。

アンパンマンミュージアム 名古屋

子どもにしてみれば、アンパンマンキャラクターに満ち溢れた場所そのものが夢であり、その中で思いっきり走り回れることが喜びなんだと思います。

 

程よい遊びにショーが加われば子どもは大満足


アンパンマンミュージアム 名古屋

ひたすら虹色滑り台で滑りまくった朔汰。お姉さん、お兄さんと一人で会話できるようになって成長したなぁと感じます。「次は黄緑!」とか言ってなんどもなんども。写真を連写で撮っていましたが、滑り台滑るときの朔汰、舌をべろべろ~とやってるんですが、癖なんでしょうか?(笑) 大好きなカーズのメーターをまねてるんでしょうか。

アンパンマンミュージアム 名古屋

ジオラマではまさかの寝そべって見入る。。。

屋内や屋外のアンパンマンショーも見て、それからまた走り回って遊んで。

楽しいんだろうなぁ、でも、これは延々続くのか、、、と思い始めたころ、親もびっくりするほど突然に「おうち帰りたい」と発しました。エネルギー切れですね。

とにかく楽しく思いきり遊べたのでよかったです。帰りのクルマはぐっすり寝てました。

2015-02-12 | Posted in 子育て, 日記No Comments » 

 

朝のスタートは遅いんですが、あの一言でシャキッと動きます。

sIMG_3994

我が家で一番起きるのが遅いのが長男朔汰です。そして起きてきてからもぐだぐだしているのも長男朔汰です。

毛布にくるまって、なかなか動きません。そして、「こころの充電」を求めてママ~といっています。

そんな朔汰さん、一言「ウィンナーなくなるよ~」と声をかけると、むくっと起き上がり、シャキッと歩き、何事もなかったかのように朝ごはんを食べだします。

さすが、食はつよいですね。

2015-02-09 | Posted in 子育て, 日記No Comments » 

 

家族で散歩

赤ちゃん 6か月

まだちょっと寒いんだけど、ぽかぽかした陽気の週末。最近は家族で畜産センターへ散歩することが多くなりました。

兄の朔汰さんは走って走って、途中アイスクリームをおねだりして、楽しんでいます。

弟の晄汰さんは、ベビーカーに乗せられて、ゆらゆら揺られて、そのままお昼寝。

そんな散歩です。

2月を迎えて、寒さもあと少しの辛抱です。

みなさん、風邪をひかぬよう、体も心もあったかくいきましょう。

ちなみに、畜産センターのブタさんのしっぽはクリンクリンでした。

ブタ しっぽ

2015-02-05 | Posted in 子育て, 日記No Comments » 

 

はいはいはいつからはじまるか、ってうちのこ6か月で始まりました。

はいはい

写真の晄汰、頬周りのシェイプアップをしているわけではありません。

彼は、ただいま6か月半。すでにはいはいをしております。

嫁が、先日のヨメブログ(「どんどん進む、子の成長」)で、年末は方位磁石のようにくるくる回っていて、そして最近ずりばいを始めたと書いたのが1月20日です。

実はその記事の前後からお尻を持ちあげてフイフイと動いていたのですが、すぐにはいはいが始まりました。最初はぎこちなかったのですが、日に日に動きが早くなり、今では自分の好きなところすたすたすたと移動するようになりました。

首が座ったり、寝返ったり、エビのように反ったり、方位磁石のようにくるくる回ったり、ずりばいしたり、はいはいしたり、お座りしたり、いろいろ成長過程はありますが、それらができるようになるってことは、それを支えるだけの骨格や筋肉が備わった証拠ですね。めでたいめでたい。

個人的には、すぐに立ち上がらずに、はいはいをいっぱいしてほしいです。

2015-02-01 | Posted in 子育て, 日記No Comments » 

 

親子でつくる木のおもちゃ~カタカナカー ワークショップに参加してきました~

カタカナカー 木のおもちゃ

もう1週間前のことになってしまいますが、「カタカナカー」をつくるというワークショップに参加してきました。

 

カタカナ文字をくりぬいた木のクルマ


カタカナカーとは、木のクルマのおもちゃで、車体にかわいらしいカタカナ文字を切り抜いたものです。実はこれ、岐阜県立森林文化アカデミーで僕が担当している学生の作品なんです。彼が目指すのは、「木のおもちゃを通して親子の関係をさらに深める」というところ。一人遊びではなく、親と子供がコミュニケーションできるツールとなるものを作ろうというのです。それが「カタカナ」をデザインに入れ込むアイデアにつなり、この単純な木のクルマからさまざまな遊びを展開できるように改良を重ねてきました。

カタカナカー

 

親子で作れるワークショップ仕様を開発


そして、その「親子の関係をさらに深める」ことに焦点を当て、この「カタカナカー」を親子で一緒に作れるワークショップを開催しました。もともとのオリジナルのカタカナカーは上の写真のように車体のカタカナ文字が切り抜かれたものですが、さすがにこれを素人の人に糸鋸でやるのはかなり難易度が高いのです。さらに親子で一緒に作るということを考えると、子どもにもできる作業を盛り込まなければいけないですし、大人も「作ったぞ」と満足できるような作業も盛り込まなければいけないのです。それをその学生と一緒に考えて、下のようなワークショップバージョンを作りだしました。

カタカナカー 木のおもちゃ

薄い板と厚めの板を張り合わせて車を作るのですが、文字を切り抜く糸鋸作業は薄い板でやるので初めての人でも楽々できます。一方集めの板には子どもに自由に色塗りをしてもらいます。そうすることで親子の協同で一つのクルマを生み出すことができるのです。ほかにもさまざまな作業を親子でやりながらお子さんの名前のカタカナカーを制作します。

 

木工初心者の嫁でもできた!


そして先日開催したワークショップですが、嫁にも参加者として入ってもらいました。嫁は全くの素人さん。それでもね、できました。

カタカナカー 木のおもちゃ

四苦八苦しながら糸鋸で「コウタ」を切り抜きます。

カタカナカー 木のおもちゃ

車体に穴をあけたり、面取りしたり、紙やすりで磨いたりしてつくっていきます。タイヤの取り付けなんかも真剣な顔してやってます。

そして完成したのが「コウタ」。

カタカナカー 木のおもちゃ

「サクタ」は僕がもう作ったので兄弟のカタカナカーがそろいました。

 

カタカナカーが世に出ていけるように


ちなみにこの「カタカナカー」を生み出した学生さんは、卒業後商品として販売していく予定です。出産祝いとして最適な木のおもちゃですしね。

もしほしいなぁ、とかワークショップとかやってほしいなぁとか、ありましたら連絡くださいね。

2015-01-26 | Posted in つくる, 子育て, 日記No Comments » 

 

薪ストーブの熱を蓄熱するためにレンガを積んでみました。

薪ストーブ レンガ

連日寒い日が続いていますが、我が家では毎日薪ストーブを焚いています。

ただ、毎日焚いていますが、どうしても夜中は薪をくべることは続けられないので火が消えてしまい暖かさが朝まで続くわけではありません。薪ストーブ本体は朝になっても暖かいですが部屋全体ではどうしても気温が下がってしまうのです。ある程度は仕方ないこと。

でも少しでもその熱を蓄えられないかと考え、蓄熱暖房機の中身がレンガだということで、薪ストーブの周りにもレンガを置いてそれに熱を蓄えるようにさせようと思ったわけです。我が家の薪ストーブは外国ブランドのお高いものではなくホームセンターで購入したもの。なのでその周辺のものもホームセンターで買えるものを設置しており、導入費は工事もすべて込みで18万円。安い! まぁそういう経緯もあり、薪ストーブの背面は不燃材のケイカル板を壁から3センチほど距離をおいて設置してあるのみ。薪ストーブを焚いているときは壁自体も結構暖められているので、まずはストーブのすぐ後ろにあるケイカル板を隠すようにレンガを積んでみました。

レンガは普通の赤レンガ 1コ98円

薪ストーブ レンガ

ケイカル板の面積をレンガで覆うため、ホームセンターで普通の赤レンガ 98円/コを70個買ってきました。あと段違いで積むので半分になったレンガも。この半分のレンガ、ホームセンターで「ハンマス」とカタカナで商品名が書かれて、なんでハンマスっていうのかなぁって不思議に思ってたら、「半マス」で半分って意味なんですね。それにしてもなぜ「マス」?レンガの世界ってよくわからない言葉がいっぱいです。

さすがに70個のレンガは重たいです。お店から車に乗せて、家に帰ってから車から家に運ぶだけでもなかなかも重労働ですね。

さぁ積んでいきましょう。ただ積むだけ

薪ストーブ レンガ

さ、早速レンガを積んでいきます。段違いで積んでいき、半分のところはハンマスを置いていきます。モルタルなどでの固定はしません。ただ積むだけ。結構な重量があるので倒そうと思っても倒れないのです。

サイドと表面はズレが発生しないように慎重に積んでいきます。ピシッと揃うところをみると、レンガという古い素材であってもしっかり寸法は一定なんだなという当たり前なんだけど妙に感心してしまうわけです。

蓄熱具合は申し分なし!

というわけで、レンガが積み上がり一番最初の写真のような感じに仕上がりました。見た目にも、ケイカル板1枚の寂しい部分が一気に雰囲気のある感じになりました。

このレンガバージョンにしてから数日経ちましたが、これで部屋の温度が何度上がった、っていうことではありませんが、夜間の蓄熱&熱の放出具合はなかなかです。朝型触ってもほんのり暖かさが残っていたりします。

また薪ストーブ本体の下もレンガを5つ並べておきました。すこしでも無駄に奪われていく熱を蓄えれるように。これもなかなかよさそうです。

一番寒い2月をどう乗り越えるか。まだまだできることはありそうです。

2015-01-10 | Posted in DIY, 日記No Comments » 

 

2015年、今年もよろしくお願いします。~朔汰 たこあげできました!~

凧揚げ

あけまして、おめでとうございます。
2015年になりました。今年もどうぞSimplife+をよろしくお願いいたします!

昨年末は、ドタバタの中ミャンマーへ飛んでしまい、旅レポートだけは必死で投稿しましたが、1年のまとめをする余裕もなかなかないまま終わってしまいました。嫁のほうは、今は通常通り生活ができるほど回復してますが、11月に寝込んでしまってからヨメブログも更新できないままになっています。

11月12月とちょっと大変だったこともあり、家族が、特に嫁がダウンした時の大変さを痛感し、自分の仕事に対する向き合い方を見直し、改めて、ワークライフバランス、仕事と家庭のバランスについて考えざるおえない状況でした。そんなことをミャンマーにいる間にあれこれといろいろ考えておりました。

2015年は、そういう意味から、家族の幸せ第一で考え、そのために暮らしのあり方も見直していきたいと思っています。

去年自分でできなかった凧揚げ、今年は朔汰さんはあげれるようになりました。子どもの成長は待ったなし!父ちゃんもがんばろー

それでは、古くからSimplife+を見てくださっている方、最近チェックするようになった方、たまたま通りすがった方、皆さんの年がいい年でありますように。

2015-01-03 | Posted in 日記No Comments » 

 

2014年 こんな記事がたくさん読まれました

Lightroom 5

2014年、もう終わります!そこで2014年のSimplife+を振り返り、たくさん読まれた記事BEST10を発表いたします!

 

いきなり発表です


ではさっそく、栄えあるNO1に輝いた記事から発表しましょう!

1.子どもがお店でおもらしした時の店員の神対応に感動

ラーメン屋で子供がおもらししてしまったときの、店員さんのすばらしい対応について紹介した記事です。11月末に書いた記事ですが、Facebookで爆発的にシェアされて見事No1に輝きました!


2.クラークス ナタリーのソールを修理してもらいました。

クラークスのナタリーのソールは、ファンにとってみれば非常に玉に瑕。その修理について紹介した記事です。


3.大阪なんばにできたDIY FACTORY OSAKAに行ってきました。

DIY業界に激震がはしったDIY FACTORY OSAKAのオープン。なんとオープン1年で関東進出決まってます!来年もDIY FACTORYがアツい!


4. 子どもに必要な「こころの充電」

嫁のふとした行動「こころの充電」について紹介した記事。みなさん、ぎゅっとお子さんを抱きしめてあげましょうね。


5. おしゃれな部屋は壁から! DIYで雰囲気をガラリと変える~木の壁編~

DIYネタも多く紹介してきましたが、その中で一番読まれたのは「木の壁」についてでした。木の板をただ壁に打ち付けるだけです!


6. 登山でも写真を撮りたい人のためのカメラストラップ→Diagnl Ninja Strap”

写真、カメラネタはなかなか上げられなかったのですが、愛用するDiagnl Ninja Strapの記事はたくさんのアクセスがありました。


7.これなら簡単!DIYで壁に棚を設置しました。

チャンネルを利用した簡単に棚が作れる方法。この記事もたくさんのアクセスがありました。

8. クラークス ナタリーのソールを自己修理しました。

ちょっとはがれたクラークス ナタリーのソールを協力接着剤でくっつけたお話。クラークス ナタリーはほんと人気ですね~


9. 晄汰 出産記録

これが我が家の一番思い入れのある出来事です。
7月16日、第2子晄汰が生まれました!!!おめでとー!


10. トイレトレーニング、いつから始める?~我が家が成功した方法

朔汰のトイレトレーニングのおはなし。
今ではちゃんと自分でトイレ行きます。

 

子育てネタとDIYネタで来年もよろしくお願いいたします!


こうやってよく読まれた記事を見ていくと、やっぱり子育てネタ、DIYネタが多いですね。Simplife+は「自分らしいくらしをつくる」がテーマです。来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2014-12-24 | Posted in 日記No Comments » 

 

こよみのよぶね2014で「6」の制作を担当し、本番では屋形船に乗って極寒の船上で幻想的な情景を満喫しました。

こよみのよぶね2014

岐阜市で毎年冬至の日に行われる「こよみのよぶね」。日比野克彦さんが総合プロデューサーを務める岐阜の冬の風物詩です。1~12までの数字と干支の巨大行燈を長良川に浮かべ、その年を振り返りましょうという粋なイベントです。

今回、その数字のうち「6」の制作を岐阜県立森林文化アカデミーで行いました。制作の様子など詳しくは、森林文化アカデミーのブログをご覧ください。

このこよみのよぶねに向けて、12月はがっつり週末なしで準備してきました。

こよみのよぶね2014
前日の準備が終わり、日比野克彦さんと一緒にご祈祷。そのあとみんなで長良川と金華山を背に撮影した集合写真です。(こよみのよぶねFacebookページより)

で、当日朝も7時からよぶね関係者で各チームが作成した行灯を屋台船に取り付けたりさまざまな準備を行いました。たくさんの人が協力して作り上げるイベントはこういうところで信頼関係ができていきますね。親方が「よーし、いくぞーー」と掛け声かけ、一斉に巨大行燈を持ち上げ取り付けていく様は、迫力あります。

こよみのよぶね2014

「6」も無事屋形船に取り付けられました。しかし、この後、ほかの数字も含め、ものすごい強風とかで破れが発生します。それもみんな協力して補修していきます。

こよみのよぶね2014

朝7時から始まった準備もあっという間に夕暮れ時。
日の入りを迎え、点灯式を経て、いざ出航。制作に携わった学生らも授業が終わって無事駆けつけてくれ、みんなで船に乗れました。

こよみのよぶね2014

こよみのよぶね2014

僕たちの船では、本物の鵜かごをぼんぼり提灯に使用しました。これもまた風情がある情景に花を添えていました。

本当はもっともっと書きたいことたくさんありますが、今日はこの辺で。

2014-12-23 | Posted in つくる, 日記No Comments » 

 

室内外の温度や湿度、CO2濃度、騒音などを自動計測・記録してくれる、netatmoのウェザーステーションを導入してみました。

netAtmo ウェザーステーション

先日、ハニカムサーモスクリーンを一番大きな窓に取り付けてみたという記事をアップしましたが、我が家の大きな課題は断熱性能。起きているときはエアコンや薪ストーブなどで20度は保てるのですが、寝ている間にぐんぐん気温は急降下。朝には10度前後になって、快適といえる空間ではありません。

何をしたら気温が保たれるのか、暖房器具をどう使えば省エネかつ効率的に温められるのかなどなど知りたいことはたくさん。そのためには気温などを常時モニタリングてきて、かつ記録に残してくれるものがほしいなぁとずーーーっと思っていたのです。専門的な機器は高いし、もっと気軽に使えるものがあれば。。。。

そんな話を職場の同僚の建築の温熱環境の専門の先生に相談していたら、いいのあるよといって紹介されたのがnetatmoというところのウェザーステーション。

 

自動で気温、湿度、CO2濃度、気圧、騒音を計測しネットで見れる


netAtmo ウェザーステーション

2つのモジュールがあり部屋の中と屋外それぞれの気温や湿度、気圧、CO2濃度、騒音などなど自動で計測してくれます。そしてなにがいいって専用のアプリやウェブ上で現在の空気の状態をリアルタイムで見れるのです。しかもそれぞれグラフ化して時間の経過とともにどのように変化するかも一目瞭然。これは素晴らしい!!まさに僕が求めていたものです。

しかも、デザインがすごくいいです。なんとこれApple Storeでも販売されているんです。アプリの完成度も素晴らしく、使いやすいものです。iOS版もAndroid版もあります。

netAtmo ウェザーステーション

シンプルな付属品。説明書も不親切なほどシンプルなイラストのみ

 

ウェザーステーションでわかったエアコンと薪ストーブの力


netAtmo ウェザーステーション

ウェザーステーションでモニタリングしていると何を使うと気温がどこまで上がるのか、すぐわかりました。エアコンを23度設定でずっとつけていると、気温は18度にキープされます。そこに薪ストーブを併用すると22度ぐらいまで上がり、そのあたりで保たれます。そしてエアコンを切って薪ストーブだけにすると20度ぐらいに保たれます。

そのときの湿度の変化やCO2濃度の変化や外気温との差なども確認できます。

では、今後窓の断熱性能をハニカムサーモスクリーンや二重窓などを利用してあげていったとき、この気温はどのように変化するのでしょうか。とっても興味あります。

 

世界中のウェザーステーションが計測している気温がマップ上で見れる


netAtmo ウェザーステーション

さらに面白いのが、Googleマップ上に世界中に設置されているウェザーステーションが計測している気温をみることができることです。日本にクローズアップした画面を掲載しましたが、日本にも数百台ほど各地に設置されているようです。これをみていると意外と北海道や東北より本州の内陸部のほうが気温が低いことがわかったり、日本海側と太平洋側がどれくらい気温差があるのかなど、色でも表示されているので一目瞭然。たとえば今度旅行するところの気温はどれくらいなんだろうってのもこれを見ればすぐわかります。

なんかワクワクするこのウェザーステーション。自分の住んでいる環境が季節ごとにどのように変化し、どういうふうに対応していけばそれぞれ快適な住空間ができるのか、それを考えるのに非常に便利な道具です。自分の住空間の快適さを知りたい人や気象に興味がある人はとても楽しめるものだと思います。

2014-12-12 | Posted in DIY, 日記No Comments » 

 

たくさんのプレゼントをもらって、4歳になりました。

朔汰 誕生日

12月10日、朔汰は4歳になりました。

僕が10日から出張で週末まで戻らない予定なので、9日の夜に誕生日パーティーをしました。

朔汰が保育園から帰ってくる前に、家の中をせっせとデコレーション。そして、黒板になっているキッチンカウンターに「さくた おたんじょうび おめでとう」と書いて、イラストも描きました。

朔汰が帰ってくると、もう目がキラキラ!喜びの小躍りをしています。子どもの喜びかたって、ほんと面白いですね。

朔汰 誕生日

朔汰 誕生日

ご飯を食べて、プレゼントをたくさんもらって、お手紙ももらって、ケーキも食べて、朔汰は大喜び。

この1年間で大きく成長したのは「こころ」。やさしさや思いやりがぐ~んと成長したように思えます。もっともっとのびのびと成長してほしいと願います。

朔汰、おめでとう^^

2014-12-12 | Posted in 子育て, 日記No Comments »