上善如水

2014-02-05 | Posted in 日記

Haystack planter

上善如水。

老子の言葉です。
この言葉に出会ったのは2008年に購入した老子・荘子の言葉をわかりやすく解説した「老子・荘子の言葉100選」という文庫本でした。当時、大企業に勤めていた僕は、その仕事のスケール感とおろそかになっていく日々の暮らしに対し、ワークライフバランスというものをかんがえていました。そんな時、老子の言葉を読みたいと思い手にとったのがこの本でした。

上善如水

本当にいい生き方というのは、水のようなものだよ。
そういう言葉です。
つまり、水はだれにとっても必要不可欠なものでとっても大事なものなんだけど、水そのものはそれを誇ることをしない。丸い器に入れば丸くなり、四角い器に入れば四角くなるように柔軟である。また人は地位や名誉などつい上へ上へと登ろうとするけど、水は常に下へ下へ向かうように謙虚である。それなのに、時に人を癒し、時に岩も砕くほどの秘めたエネルギーを持っている。
一粒の滴はやがれ流れとなり、大河となり、そして広大な海となる。
そんな生き方が理想じゃないですか?

老子はそう言っているのです。

この言葉を読んだとき、あ~~~。。。。と、つい涙したことを覚えています。次へのステップに大きく背中を押してくれた言葉です。

朔汰の「汰」がサンズイなのは、少しでも水の意思を入れたかったからです。

ふと思い立った時に浮かぶ、この言葉。改めていいなぁと思いました。

老子・荘子の言葉100選―心がほっとするヒント (知的生きかた文庫)
境野 勝悟
三笠書房
売り上げランキング: 230,397

そういえば、「上善如水」っていうお酒もあるんですね。

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸 1800ml
白瀧酒造株式会社
売り上げランキング: 8

ネーミングにやられて飲んでしまう(笑)

Pocket
LINEで送る

2014-02-05 | Posted in 日記No Comments » 

こちらも合わせて読むと気分が上がりますよ!

Comment





Comment



Simplife+ Facebookページ ぜひ「いいね!」をしてください^^